下埴生郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 関東地方 > 千葉県 > 下埴生郡
千葉県下埴生郡の位置

下埴生郡(しもはぶぐん)は、千葉県にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、概ね以下の区域にあたる。

  • 成田市の一部(下方、台方、江弁須、飯田町、飯仲、並木町以南および西大須賀、四ツ谷、名古屋、高倉、成井、地蔵原新田、津富浦、吉岡、多良貝、大栄十余三以東を除く)
  • 印旛郡栄町の一部(長門川以東)
  • 茨城県稲敷郡河内町の一部(田川)

歴史[編集]

近代以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
天領 幕府領 3村 田川村、成木新田、卯酉新田
田安徳川家 12村 興津村、佐野村、南羽鳥村、幡谷村、●土室村、成毛村、大生村、●飯岡村、荒海村、上福田村、下福田村、大竹村
幕府領・田安家領 4村 大室村、小泉村、東和泉村、西和泉村
幕府領・旗本領 1村 小菅村
幕府領・旗本領・与力給知 1村 長田村
幕府領・与力給知 1村 堀ノ内村
藩領 下総佐倉藩 12村 新妻村、宝田村、松崎村、押畑村、土屋村、馬場村、山ノ作村、寺台村、東和田村、西吉倉村、東吉倉村、大山村
山城淀藩 12村 酒直村、●竜角寺村、麻生村、須賀村、北辺田村、矢口村、竜台村、安西新田、北羽鳥村、長沼村、磯部村、水掛村
幕府領・藩領 幕府領・佐倉藩 13村 山口村、郷部村、下金山村、和田村、関戸村、赤荻村、東金山村、久米村、野毛平村、成田村、駒井野村、川栗村、畑ヶ田村
幕府領・佐倉藩・淀藩 1村 芦田村
幕府領・淀藩 1村 安食村
幕府領・羽前長瀞藩 1村 取香村

町村制以降の沿革[編集]

31.境村 32.豊住村 33.八生村 34.中郷村 35.久住村 36.成田町 37.遠山村(赤:成田市 上橙:栄町 1 - 26は印旛郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・成田市。(1町6村)
    • 境村 ← 安食村、須賀村、北辺田村、酒直村、麻生村、竜角寺村、矢口村、印旛郡安食卜杭新田[飛地](現・栄町)
    • 豊住村 ← 竜台村、北羽鳥村、安西新田、佐野村、長沼村、南羽鳥村(現・成田市)、興津村(現・栄町)、田川村(現・茨城県稲敷郡河内町)
    • 久住村 ← 荒海村、磯部村、飯岡村、水掛村、大生村、幡谷村、成毛村、小泉村、土室村、大室村
    • 八生村 ← 松崎村、大竹村、宝田村、山口村、押畑村、上福田村、下福田村、印旛郡公津新田
    • 中郷村 ← 野毛平村、下金山村、和田村、関戸村、赤荻村、新妻村、芦田村、東和泉村、西和泉村、東金山村
    • 成田町 ← 成田町、郷部村、寺台村、土屋村、印旛郡江弁須村[飛地]
    • 遠山村 ← 吉倉村、畑ヶ田村、川栗村、大山村、馬場村、久米村、小菅村、取香村、長田村、駒井野村、堀ノ内村、東和田村、十余三村[大部分]、山ノ作村
    • 成木新田が印旛郡公津村の一部となる。
    • 十余三村の一部が香取郡本大須賀村の一部となる。
    • 十余三村の一部が香取郡久賀村の一部となる。
  • 明治25年(1892年12月28日 - 境村が町制施行・改称して安食町となる(2町5村)。
  • 明治30年(1897年)4月1日 - 郡制の施行のため、印旛郡・下埴生郡の区域をもって、改めて印旛郡が発足。同日下埴生郡廃止。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1897年
次代:
印旛郡