木曾義昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
木曾義昌
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文9年(1540年
死没 諸説あり
戒名 東禅寺殿玉山徹公大居士
墓所 東漸寺千葉県旭市網戸)
官位 左馬頭・伊予守
主君 木曾義康武田信玄勝頼織田信長北条氏直徳川家康豊臣秀吉→徳川家康
氏族 木曾氏(藤原姓)
父母 木曾義康
兄弟 義昌上松義豊、岩姫
真竜院
千太郎、義利義春義通、娘(毛利高政正室)

木曾 義昌(きそ よしまさ、天文9年(1540年) - 没年は諸説あり、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将信濃国木曾谷の領主木曾氏の第19代当主。幼名は宗太郎。左馬頭・伊予守。木曾義康の長子。弟に上松義豊。正室は武田信玄の娘・真竜院(真理姫)。子に千太郎、義利義春義通、娘(毛利高政正室)などがいる。

経歴[ソースを編集]

天文9年(1540年)、 木曾義康の嫡子として誕生する。当初は小笠原氏村上氏らと共に甲斐の武田信玄の信濃侵攻に対抗するが、弘治元年(1555年)に更なる侵攻を受けて武田家に降伏した。木曾氏は断絶した源義仲の嫡流に連なる名族を自称しているが、そのような内容の系図が南北朝時代に作成されたのではないかと指摘されている[1]。(ただし直系の先祖は藤原北家秀郷流を称している)、隣接する美濃飛騨との国境地帯を押さえていたため、計略家の信玄は義昌に3女(一説に4女か5女とも)の真理姫を娶らせ、武田家の親族衆として木曽谷を安堵した。しかし実際には主だった家臣や親族を甲府に人質として置き、木曽の治世はすべて武田家監視の元であって、甲斐への属国化を余儀なくされた。これにより木曾谷は、武田家の美濃や飛騨への侵攻における最前線基地化された。

信玄の死後、高天神城の戦いに敗北して凋落を見せはじめた武田家の行く末に不安を抱くと共に、義兄の武田勝頼による新府城造営の賦役増大と重税に不満を募らせた義昌は、天正9年8月26日、織田信忠から武田攻めの準備に関する書を送られ[2]天正10年(1582年)、遠山友忠を仲介役として織田信長と盟約を結んで勝頼に対し反旗を翻し、甲州征伐のきっかけを作った。勝頼は武田信豊を将とする討伐軍を木曽谷に向けて派遣するが、義昌は地の利を得た戦術と織田信忠の援軍を得て鳥居峠にてこれを撃退する。しかし、武田軍が新府城を出発する前の2月2日、人質として送られていた70歳の母、13歳の嫡男・千太郎、17歳の長女・岩姫が新府城にて処刑された。

武田家滅亡後は、戦功として安曇筑摩二郡(安筑10万石)を新たに加増され、深志城(後の松本城)に城代を置いて松本・安曇地方経営の拠点とした。しかし僅か3ヶ月後に本能寺の変が勃発すると、信濃国内も新たな支配権を巡って混乱し、義昌は北信濃の所領を放棄して美濃へと逃げる森長可の命を狙ったが、企みに気付いた長可に木曽福島城に押し入られ、逆に子の岩松丸(後の木曾義利)の身柄を拘束されてしまう。

岩松丸を人質に取られたことで義昌はやむなく遠山友忠など長可をよく思っていなかった将達に森軍に手出しをしないように依頼して回り、むしろ長可の撤退を助ける役目を負わされた。また、変後の信濃の混乱を好機と見た深志の旧領主・小笠原氏の旧臣が越後国上杉景勝の後援を受けて前信濃守護・小笠原長時の弟である洞雪斎を擁立し、木曾氏は深志城を奪われ、本領木曽へ撤退するに至った。

武田家の遺領を巡り景勝と徳川家康北条氏直の三者が争うと(天正壬午の乱)、初めは氏直に従っていたが、甲州黒駒合戦での後北条軍の敗北と、織田信孝の意向を仰ぎ[3]家康に寝返り、他の信濃国衆から集めた人質を引き渡し、その代わりに再度安曇・筑摩両郡および木曽谷の安堵を受ける約定を得たが、天正12年(1584年)、家康と羽柴秀吉との対立をうけて義昌は盟約を反故にし、次子・義春を人質として秀吉に恭順するに至った。家康が小笠原長時の子・貞慶の深志城復帰を認めたからとも言われている。このため家康は義昌を攻め妻籠城に戦ったが、義昌が勝利している。天正14年、秀吉と家康の講和により、木曾氏を含めた信濃の諸将は家康の傘下に入り、地方的な部将としての木曾氏の独立性は失われた[4]。秀吉の北条攻めには病床におり出陣はできなかった[5]

天正18年(1590年)、家康の関東移封に伴い、家康から下総阿知戸(現在の千葉県旭市網戸)1万石が与えられて木曽谷を退く。領主にとって木曾の土地資源は、今日でも全体の九割五分を占める山林であることから[6]、木曾の山林に着目した秀吉から木曾を没収され阿知戸を与えられたとする説もある『木曾考[7]。天正18年12月、下総国三川村に到着、東園寺に居住し、芦戸地域を整備し、天正19年、芦戸城(阿知戸)に入る[8]。城の南には市場を開けるように町作りが計画された[9]。天正18年12月12日、千村良重に対して、十日市・へびぞね700石の知行と箕広66貫文の代官職を宛行う[10]。没年は、文禄4年(1595年)2月13日、文禄4年(1595年)3月17日、慶長元年(1596年)7月13日の三説がある[11]。家督は義利が継承した。

法名は東禅寺殿玉山徹公大居士[12]。墓所は千葉県旭市網戸の東漸寺(旧名は東禅寺)にあり、遺体は城の西方椿海水葬され、干潟になってから改めて墳墓をつくった[13]寛文11年(1671年)、椿海は干拓され干潟8万石と称される田園地となった。現在、その一角に木曾義昌公史跡公園が造られ、義昌の銅像がある。

子孫[ソースを編集]

義昌の死後、義利は叔父・上松義豊を殺害するなどの乱暴な振る舞いにより、慶長5年(1600年)に改易に処されたとされる。義利は浪人し、その後蒲生氏を頼り、蒲生氏の伊予松山転封に随行、そのまま同地に居住したとされるが、阿知戸を退去した後の義利に関しては、確たる史料に基づく消息は残っていない。そもそも改易に際しても、「下総国に流罪」とする説と単に「追放」とする説がある。また、寛永16年(1629年)に伊予松山で没したとする説もあるが、確証は無い。その子の玄蕃義辰(よしとき)は久松松平家に仕えたが後に故あって浪人し、その子らは最終的には親族であった千村氏・山村氏を頼り後ろ盾に頼むことにより美濃・尾張また江戸にて秩禄を喰んだ。

義昌には他に次男・義成と三男・義一(義通)がおり、義成は大坂の陣における豊臣秀頼の浪人募集に応じ大坂城に入って戦死。義一は母の真竜院と共に木曽谷で隠遁しとされるが、その後や子孫に関しては伝わっていない。

大名家としての木曽家は消滅したが、その名跡と領地(総禄高1万6千2百石にのぼる)は家臣(親族)であった千村氏・山村氏や久々利九人衆が継承した。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 『木曾福島町史 上巻』77-79頁
  2. ^ 『木曾福島町史』134頁
  3. ^ 平山優『天正壬午の乱 本能寺の変と東国戦国史』(学研、2011年)
  4. ^ 『旭市史 第三巻通史編・近世南部史料編中世編』(1975年)1001頁
  5. ^ 『旭市史 第三巻通史編・近世南部史料編中世編』(1975年)1002頁
  6. ^ 所三男「木曾の検地」(『信濃』8巻12号)
  7. ^ 『旭市史 第一巻通史編・近代史料編』(1980年)53頁
  8. ^ 『旭市史 第一巻通史編・近代史料編』(1980年)54頁
  9. ^ 『旭市史 第一巻通史編・近代史料編』(1980年)54頁
  10. ^ 『旭市史 第一巻通史編・近代史料編』(1980年)54頁
  11. ^ 『旭市史 第三巻近世南部編史料編中世編』(1975年)1008-1009頁
  12. ^ 『旭市史 第一巻通史編・近代史料編』(1980年)54頁
  13. ^ 『旭市史 第一巻通史編・近代史料編』(1980年)54頁

関連作品[ソースを編集]

小説
  • 伊東潤 『木曾谷の証人』(『戦国鬼譚 惨』収録の短編)

ドラマ

参考文献[ソースを編集]

  • 『木曾福島町史 上巻』
  • 『旭市史 第一巻通史編・近代史料編』(1980年)
  • 『旭市史 第三巻通史編・近世南部史料編中世編』(1975年)
  • 竹内英春「義仲と木曽義昌」1993年発行
  • 平山優『天正壬午の乱 本能寺の変と東国戦国史』( 学研、2011年発行)
先代:
木曾義康
木曾氏
第18代
次代:
木曾義利