山村良勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
山村良勝
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄6年(1563年
死没 寛永11年8月3日1634年9月24日
改名 十三郎(幼名)[1]→良勝→用斎(法号)
別名 通称:甚兵衛
戒名 宗用[1]
墓所 長野県木曽町興禅寺[1]
幕府 江戸幕府旗本
主君 木曾義昌義利徳川家康義直
尾張藩
氏族 山村氏
父母 父:山村良候、母:千村八郎左衛門重政[1]
兄弟 良勝千村良重室、千村重照室、
三得[2]一生[3]千村重次室、
山室倹校良士
遠山友忠[1]
良安稲葉主計[1]良豊良弘
石黒重時

山村 良勝(やまむら よしかつ/たかかつ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将木曽氏徳川氏の家臣。信濃国妻籠城主。

生涯[編集]

永禄6年(1563年)、山村良候の子として生まれる。祖父・良利と良候は木曾義昌の家臣であったが、元亀3年(1572年)の武田信玄の西上作戦において飛騨調略を成功させ、信玄から直接、美濃国恵那郡安弘見で3百貫、千旦林、茄子川の両地でさらに3百貫を与えられた(木曽考)[4]

天正12年(1584年)3月、徳川家康羽柴秀吉の間で小牧・長久手の戦いが起こると木曾義昌は秀吉に恭順した。このため同9月、徳川家康は菅沼定利保科正直諏訪頼忠に良勝が守る妻籠城を攻めさせたが、良勝はこれを撃退した。しかし、秀吉と家康の講和により、木曾氏は家康の傘下に入れられ、天正18年(1590年)、家康の関東移封に伴い、これに同行した。良勝は木曾義昌没後はその子・義利に仕えた。しかし義利が不行状により改易されると徳川家康の家臣となった。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に属した。木曾にあって同じく東軍に属した父・良候が西軍の石川貞清に敗れて犬山城に拘禁されると、良勝は木曾の国人を率いて犬山城攻めに加わり、武功を挙げて父を救出する。慶長7年(1602年)に父が死去すると、家督を継いで5700石の領主となった。

幕藩体制下で木曾は尾張藩の所領となったため、良勝は徳川義直に仕えて2代目木曾代官に任じられた。慶長13年(1608年)、子・良安に家督を譲って隠居する。慶長18年(1613年)に大久保長安事件が起こると、奉行仲間だった大久保長安の関係者として逮捕されているが、後に許された。

大坂の陣では徳川義直に従って両陣とも出陣した。後に子の良安が早世したため、再び家督を継いで義直に再出仕している。

寛永11年(1634年)、死去。享年72。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『寛政重修諸家譜』第627
  2. ^ 尾張藩家臣。
  3. ^ 一成、尾張藩家臣。
  4. ^ 『中津川市史』P.611

出典[編集]