千村良重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
千村良重
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄9年(1566年
死没 寛永7年9月22日1630年10月27日
別名 通称:三郎太郎、平右衛門(初代)
戒名 春陽道甫
墓所 岐阜県可児市東禅寺
幕府 江戸幕府 旗本
主君 木曾義昌義利徳川家康秀忠義直
尾張藩
氏族 千村氏
父母 父:千村家政
重長、女(馬場昌次室)
テンプレートを表示

千村 良重(ちむら よししげ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将旗本

生涯[編集]

永禄9年(1566年)、千村家政の子として誕生。

当初は木曾義昌に仕え、徳川家康に従って関東に移封した義昌から、天正18年(1590年)12月12日、下総国十日市・へびぞね700石の知行と箕広66貫文の代官職を宛行われる[1]。義昌の没後は木曾義利に仕えたが、慶長5年(1600年)に義利が不行跡により改易されると浪人し、家康に同心する。同年の関ヶ原の戦いでは東軍に属し、かつて木曾氏に仕えていた事から知悉していた中山道の先導役を務め、美濃国苗木城岩村城攻めで武功を挙げた。この功績により、戦後に美濃久々利4000石に所領を与えられ、天竜川流域の信州・遠州榑木奉行に任じられ、伊那郡天領11ヶ村[2]が代々の預地となった。

大坂の陣では徳川方に属し、冬の陣では妻籠の関所や信濃飯田城の守備を務め、夏の陣では天王寺口の戦いに参戦した。元和5年(1619年)、徳川秀忠の命令で幕府直臣(表交代寄合並)・信州・遠州榑木奉行のまま尾張徳川家徳川義直附属となった。

寛永7年(1630年)、死去。享年65。子・重長が家督を継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『旭市史 第一巻通史編・近代史料編』、1980年、54頁
  2. ^ 上伊那の榑木買納め5ヶ村、下伊那の榑木割納め6ヶ村。

出典[編集]