妻籠城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
妻籠城
長野県
妻籠城石碑
妻籠城石碑
城郭構造 山城
築城主 木曾氏?
築城年 室町時代中期
主な城主 山村良勝
廃城年 元和2年(1616年)
遺構 土塁曲輪、石碑
指定文化財 県指定史跡[1]
位置 {{{10}}}

妻籠城(つまごじょう)は、長野県木曽郡南木曽町に存在した日本の城山城)である。

概要[編集]

築城時期は室町時代中期である。標高521mに位置し、戦国時代には木曾義昌が城主であった。

歴史[編集]

16世紀中期に木曾氏甲斐武田氏に従っていたが、妻籠城改築の年と伝わる天正10年(1582年)に入って間もなく織田氏に寝返った。織田信長はこの出来事を好機と見て、木曽伊那、そして徳川家康遠江から大軍を武田氏がいる甲斐へと攻め寄せ、滅亡させた。天正12年3月(1584年)の小牧・長久手の戦いにおいて、木曾義昌は当初、徳川家康に付いていたが、羽柴秀吉に寝返った。同年9月、妻籠城に山村良勝を入れて、徳川方の菅沼定利保科正直諏訪頼忠らと戦い撃退した。元和2年(1616年)の一国一城令により、廃城になった。

所在地[編集]

長野県木曽郡南木曽町吾妻

本丸跡地

脚注[編集]

  1. ^ 県史跡 (PDF)”. 長野県 (2013年1月1日). 2013年4月5日閲覧。

関連項目[編集]