木曾義康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
木曾義康
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正11年(1514年
死没 天正7年(1579年
官位 中務大輔
主君 武田信玄
氏族 木曾氏
父母 木曾義在
兄弟 義康
テンプレートを表示

木曾 義康(きそ よしやす)は、戦国時代武将戦国大名信濃国木曾谷領主である木曾氏の当主。

経歴[編集]

天文11年(1542年)頃に家督を継承していると考えられている。天文10年代に甲斐国守護の武田晴信(信玄)は信濃侵攻を本格化し、天文22年(1553年)には北信国衆の村上義清を駆逐し東信濃・中信濃を確保した。翌天文23年には南信濃への侵攻を行い、知久氏下条氏を傘下に収めて伊那郡を制圧し、美濃国境に近い義康もこの頃に出仕している(『勝山記』による。なお、信玄の木曽侵攻を弘治元年とする説もある)。

天文23年の南信侵攻においては東美濃恵那郡の国衆遠山氏も武田氏に帰属しており、美濃斎藤氏との関係悪化を招く。しかし、弘治元年(1555年)には斎藤道三織田信長による遠山領侵攻が行われ武田氏は援軍派兵・和睦交渉を行っており、義康は東美濃の情勢を信玄に伝えている。

笹本正治は、義康の出仕を天文24年=弘治元年8月頃と推測し、当時の木曾氏は鳥居峠で武田氏勢力と接していたこと、武田氏側から見れば長尾景虎(上杉謙信)への対応が優先されたことや斎藤氏などとの緩衡地帯としての役割が期待されたことで、木曾氏が諏訪氏小笠原氏村上氏のように滅亡や追放の対象とはされなかった理由とする一方、木曾氏家中には自身の家臣(安部氏)を送り込むなど木曾氏の独立性が強く制約する方針を採ったとする[1]

その後は子の義昌の妻に信玄の娘(真理姫)を迎えるなど武田家の親族衆として義昌とともに、永禄3年(1560年)には飛騨三木氏を撃退するなどの活躍をしている。永禄8年10月には木曽一族が木曽黒澤若宮八幡神社に三十六歌仙板絵を奉納しており、義康は「宗春」の名で、当主の義昌に次ぐ三枚を寄進している。

脚注[編集]

  1. ^ 笹本正治「武田氏の木曽進入をめぐって」(初出:『武田史研究』5号(1989年)/所収:笹本『戦国大名武田氏の研究』(思文閣出版、1993年)) 1993年、P186-212.
先代:
木曾義在
木曾氏当主
第17代
次代:
木曾義昌