四方津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
四方津駅
駅舎(2016年5月)
駅舎(2016年5月)
しおつ
Shiotsu
上野原 (4.2km)
(3.6km) 梁川
所在地 山梨県上野原市四方津1981
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 中央本線
キロ程 74.0km(東京起点)
電報略号 ホツ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,680人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1910年明治43年)12月15日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
改札口(2016年5月)
ホーム(2008年11月)

四方津駅(しおつえき)は、山梨県上野原市四方津にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅木造駅舎を有する。ホームが嵩上げされていないので、乗・降車の際に段差が生じる。駅舎とホームおよびホーム間の移動は跨線橋を利用する。

上野原駅管理の業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)。自動券売機・簡易Suica改札機が設置されている。かつてはみどりの窓口が併設されていたが、2009年5月31日で営業を終了した。

JR中央線は、2021年度以降の向こう5年以内を目途に東京 - 大月駅間のオレンジ帯で運行する列車に2階建グリーン車を2両連結させ12両編成運転を行なう。そのため当駅は、今後12両編成の列車が停車できるようにホームを延長する各種改良工事などが実施される[1][2]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 中央本線 上り 八王子立川新宿方面  
2 中央本線 上り 八王子立川新宿方面 主に待避列車
下り 大月甲府松本方面
3 中央本線 下り 大月甲府松本方面  

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗車人員1,680人である。

近年の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[3]
年度 1日平均
乗車人員
1998年(平成10年) 1,968
1999年(平成11年) 1,977
2000年(平成12年) [JR 1] 1,950
2001年(平成13年) [JR 2] 1,946
2002年(平成14年) [JR 3] 1,979
2003年(平成15年) [JR 4] 2,026
2004年(平成16年) [JR 5] 2,011
2005年(平成17年) [JR 6] 2,011
2006年(平成18年) [JR 7] 2,007
2007年(平成19年) [JR 8] 2,032
2008年(平成20年) [JR 9] 2,019
2009年(平成21年) [JR 10] 1,993
2010年(平成22年) [JR 11] 1,948
2011年(平成23年) [JR 12] 1,911
2012年(平成24年) [JR 13] 1,870
2013年(平成25年) [JR 14] 1,850
2014年(平成26年) [JR 15] 1,773
2015年(平成27年) [JR 16] 1,759
2016年(平成28年) [JR 17] 1,680

駅周辺[編集]

コモアしおつへ伸びる斜行エレベーター

バス[編集]

最寄り停留所は、駅ロータリーおよび駅前を走る国道20号線上にある四方津駅となる。富士急山梨バスによって以下の路線が運行されている[4]

  • 大田上行、犬目行、上野原駅行、本町三丁目行

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
中央本線
上野原駅 - 四方津駅 - 梁川駅

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 中央快速線等へのグリーン車サービスの導入について 東日本旅客鉄道 2015年2月4日
  2. ^ JR東日本、中央線のグリーン車計画を延期 産経新聞 2017年3月24日
  3. ^ 山梨県統計年鑑
  4. ^ 富士急山梨バス株式会社 乗合バス 都留:、富士急山梨バス時刻表、2011年10月3日改正、2011年11月25日閲覧

統計資料[編集]

JR東日本の2000年度以降の乗車人員

関連項目[編集]

外部リンク[編集]