国立駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国立駅
南口駅舎(2012年9月)
南口駅舎(2012年9月)
くにたち
Kunitachi
所在地 東京都国立市一丁目14-22
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 クチ
駅構造 高架駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
53,712人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1926年大正15年)4月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 JC 中央本線中央線
キロ程 34.5km(東京起点)
西国分寺 (1.7km)
(3.0km) 立川
所属路線 武蔵野線貨物支線(国立支線)
キロ程 5.0*km(JR貨物・新小平起点)
新小平 (5.0km)
備考 業務委託駅
みどりの窓口
連続立体交差化工事実施中
* 国立支線はJR東日本が第一種鉄道事業者であるが、営業キロは設定されていない。第二種鉄道事業者である日本貨物鉄道(JR貨物)のみ営業キロを設定している。
テンプレートを表示
旧南口駅舎(2006年10月10日)
旧南口駅舎(2006年10月10日)
旧北口駅舎(2012年9月29日)
旧北口駅舎(2012年9月29日)
航空写真。上部に駅、その下に放射状に伸びる道路や一橋大学が見える。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
航空写真。上部に駅、その下に放射状に伸びる道路や一橋大学が見える。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
1926年(大正15年)の開業から間もない頃
1926年(大正15年)の開業から間もない頃

国立駅(くにたちえき)は、東京都国立市一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

中央本線と、当駅から分岐し新小平駅へ通じる武蔵野線支線(国立支線)が乗り入れる。この支線は中央本線と武蔵野線とを直通する貨物列車や「むさしの号」、臨時旅客列車などが使用する。中央本線は当駅を含む区間は、運行系統上は「中央線」と案内される。運転形態の詳細については該当記事を参照のこと。

歴史[編集]

  • 1925年大正14年)頃:学園都市として箱根土地(現・プリンスホテル)の堤康次郎がこの地区の開発を計画。南口から三方向に伸びる道路はこの計画によるものである。
  • 1926年(大正15年)
  • 1927年 (昭和2年から4年:現一橋大学通りが軽井沢と結ぶ飛行場として使われていた
  • 1928年昭和3年)10月15日:中央線が当駅まで複線化。
  • 1929年(昭和4年)
    • 3月1日:中央線、立川まで複線化。
    • 3月5日:中央線、当駅まで電化開通。電車(省線)運転開始。6月16日に立川まで開通。
  • 1949年(昭和24年)6月1日日本国有鉄道発足。
  • 1951年(昭和26年):駅所在地の谷保村が町制施行にあたり、駅名から町名をとって国立町となる。
  • 1962年(昭和37年)10月25日:貨物の取り扱いを廃止。
  • 1970年(昭和45年)3月20日:試験的に、国鉄では初めてとなる自動改札装置を設置[1]
  • 1973年(昭和48年)4月1日:武蔵野線貨物支線が開業。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。
  • 1998年平成10年):関東の駅百選に選定。選定理由は「赤い三角屋根の駅舎が駅前の桜並木とマッチした駅」。
  • 2001年(平成13年)11月18日ICカードSuica」の利用が可能となる。
  • 2003年(平成15年)6月:高架化工事開始。
  • 2005年(平成17年)9月:上りホームを仮線に切り替え。
  • 2006年(平成18年)10月:旧三角屋根駅舎の使用を終了。下りホームを仮線に切り替える。
  • 2009年(平成21年)1月11日:下りホームを高架に切り替える。
  • 2010年(平成22年)11月7日:上りホームを高架に切り替える。
  • 2011年(平成23年)10月8日:終電後から10日始発前まで構内線路切り替え工事が行われる。
  • 2012年(平成24年)12月16日:上り本線(3番線)が新設。
  • 2013年(平成25年)1月13日:南北改札口閉鎖。改札が新しい改札口の1箇所になった。旧北口駅舎の使用終了。
  • 2014年(平成26年)5月1日:委託駅化。委託先は株式会社JR中央ラインモール[2]
  • 2015年(平成27年)2月1日:始発時刻から6時20分頃まで、改札口の駅係員を不在とした。
  • 2015年(平成27年)3月1日:みどりの窓口の営業時間を従来の7:00~21:00から8:00~20:00に変更した。
  • 2016年(平成28年)4月24日:西側にnonowa口改札(交通系ICカード専用の4通路・営業時間7時~22時)を新設した[3]
  • 2017年(平成29年)4月28日:拝島・立川発着の羽田空港線のバスの一部が当駅南口を経由するようになる。

駅名の由来[編集]

分寺駅川駅の中間に位置することから。後に市名にも採用された。

駅構造[編集]

相対式ホームを使用した2面3線を持つ高架駅である。当駅東方から単線の国立支線が分岐している。

改札は、2013年1月13日をもって高架下の1ヶ所に統合された[4]が、2016年4月24日に西側にnonowa口が新設され、2ヶ所となった。なお、コンコースとホームの間にはエスカレーター階段エレベーターが設置されている。

「赤い三角屋根」で親しまれた旧南口駅舎は、中央線三鷹駅 - 立川駅間の高架化工事で取り壊されることとなり、2006年10月10日から12月にかけて解体作業が行われた。主要部材は、現在も立体化事業完了時に再建が可能なように国立市で保存されている。

高架化工事前は島式と単式の2面3線で、下りが単式、他に鉄道総合技術研究所用の授受線、通称「総研線」が2004年まであった。そのうち3番線は主に国立支線方向に向かう列車の待避に使用され、上り方の一部を除いて柵が設けられていた。3番線と総研線を横断する警報器のない構内踏切が北口改札横につながっており、朝ラッシュ時のみ使用された。なお、事業完了後は事業前の2面3線に戻り、外側が本線、内側が副本線となるが、総研線は設置されず、その跡地は授受線部分がnonowa国立WESTの付帯施設「ののみち」として、引き込み線部分の一部は国立市が緑道「ぽっぽみち」として整備[5]された。

2009年1月11日に下り線(1番線)が、2010年11月7日に上り線が高架へ切り替えられ、2012年12月16日に上り本線(3番線)が新設された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 JC 中央線 下り 立川八王子高尾方面 立川駅からJC 青梅線へ直通
青梅方面行の列車)
2・3 上り 三鷹新宿東京方面

2012年12月16日の線路切り替え以前は、暫定的に2番線を上り本線として使用していた。線路切り替え後は3番線が上り本線となり、2番線は上下共用の待避線となった。そのため、2番線の案内標には方面表記が未記入になった。線路切り替え時点では2番線は一部の上り列車のみが使用し、下り列車の停車は設定されていない(ダイヤが乱れた場合は2番線を使って折り返し列車が設定される場合がある)。2013年3月16日ダイヤ改正より、朝ラッシュ時の上り列車が2番線・3番線を交互に使用する相互発着が開始された。

なお配線の関係上、上り本線の3番線から国立支線に入線ができない。このため、国立支線に向かう旅客列車(むさしの号や臨時列車等)や貨物列車は2番線を使用する。

新宿方面は、早朝と深夜には東京行きの中央線各駅停車や総武線直通の各駅停車も運転される。それ以外の時間帯はすべて快速電車である。

JR中央線は、2020年代前半(2021年度以降の向こう5年以内)をめどに2階建てグリーン車を2両連結させ12両編成運転を行う。そのため当駅は、12両編成の列車が停車できるようにホームを延長したり、構内配線の変更や信号設備改良工事などが実施される[6][7]

設備[編集]

高架化工事に伴う駅構内改良工事に伴い、店舗はすべて閉店となった。その後、2014年4月22日にNEWDAYS国立・マンスリースイーツ国立店がオープンしている[8][9]。これらの2店舗も含め、2015年4月18日に「nonowa国立」が第1期開業し、後にこれを「nonowa国立EAST」とした[10]。2016年4月24日に「nonowa国立WEST」が開業した。

旧駅舎の移転・復元問題[編集]

旧南口駅舎は現存当時、原宿駅に次いで東京都内で2番目に古い木造建築駅舎であり、その美しさは、当駅が「関東の駅百選」に選出された理由ともなった。解体後も選出は取り消されていない。

当駅が中央線の連続立体交差化事業に伴い工事範囲に入るため、その駅舎を移転または撤去する必要が発生した。国立市はJR東日本による鉄道遺産としての保存を希望したが、同社が拒否したことで、国立市による保存か撤去の選択を求めた。また、同事業の一環としてその費用で保存する要望も事業主体である東京都に拒否されている。

これに対して国立市は、独自費用で駅舎を曳き家により工事範囲から移転して仮保存を行い、立体化工事終了後に再度曳き家により元の場所で保存する計画を立てた。しかし、費用負担の問題で議会と対立し、予算案が正式に否決されるに至った。

国立市はなおも保存の方法を探っていたが、工事のタイムリミットに近付いたため、妥協案として解体・保存し、立体化工事終了後に復元することとなった。なお、駅舎の防火などの法的問題のため、一度解体すると現地での復元ができなくなるため、2006年10月26日文化財の指定を行い、法がかからないようにしている。

同月8日に旧駅舎の使用を終了し、10日からJR東日本により復元可能な状態に解体され、現在も市の費用で保存されている。高架化工事終了後、国立市では元の場所あるいはその付近に復元することを計画している。しかし、南北通過道路と駅前広場の関係で通過道路整備の状況によっては南北通過車両を現状通り駅前広場に流さざるを得ず、また、市が保存用地を取得或いは借用する必要があり、詳細はまとまっていなかったが、2014年2月3日から国立市のふるさと納税制度の寄付金の使いみちに「旧駅舎再築のために」が加わり、再築費用の寄付を募っている[11]2016年11月14日国立市は国立駅の再築に向けてJR東日本と土地売買契約における覚書を締結したと発表した。2020年度末の完成を目指す。開業当時の形態で再築する予定で、建物は駅舎ではなく、情報発信機能(観光案内所・展 示スペース)や情報交流機能(多目的スペース)として整備する[12]

国立市が復元を予定する旧三角屋根駅舎の高さが12mで、その両隣にJR東日本が地上4階建てビル(高さ20m)各1棟の建設を計画していることが2017年8月に明らかとなった。JR東日本は大学通りからの景観に配慮して高層ビルでなく低いビルとしたが、現状の計画に対しても地元の市民や商業者からは「復元駅舎が埋没してしまう」との再考を求める意見が出ている[13]

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗車人員53,712人である。JR東日本の駅では第90位。

近年の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗車人員[14][15]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1992年(平成04年) 57,759 [* 1]
1993年(平成05年) 58,170 [* 2]
1994年(平成06年) 57,000 [* 3]
1995年(平成07年) 56,336 [* 4]
1996年(平成08年) 56,479 [* 5]
1997年(平成09年) 55,533 [* 6]
1998年(平成10年) 54,844 [* 7]
1999年(平成11年) [JR 1]54,861 [* 8]
2000年(平成12年) [JR 2]54,787 [* 9]
2001年(平成13年) [JR 3]55,064 [* 10]
2002年(平成14年) [JR 4]54,833 [* 11]
2003年(平成15年) [JR 5]55,245 [* 12]
2004年(平成16年) [JR 6]54,827 [* 13]
2005年(平成17年) [JR 7]54,902 [* 14]
2006年(平成18年) [JR 8]54,979 [* 15]
2007年(平成19年) [JR 9]54,872 [* 16]
2008年(平成20年) [JR 10]54,243 [* 17]
2009年(平成21年) [JR 11]53,345 [* 18]
2010年(平成22年) [JR 12]52,635 [* 19]
2011年(平成23年) [JR 13]52,097 [* 20]
2012年(平成24年) [JR 14]52,686 [* 21]
2013年(平成25年) [JR 15]53,237 [* 22]
2014年(平成26年) [JR 16]52,518 [* 23]
2015年(平成27年) [JR 17]53,274 [* 24]
2016年(平成28年) [JR 18]53,712

駅周辺[編集]

南口[編集]

駅前ロータリーを起点に、大学通りが南に、富士見通りが西南に、旭通りが東南に、それぞれまっすぐ放射状に伸びている。それぞれの通りの直線区間の長さはおよそ1.8km、1.3km、0.7kmである。これらの道路は、上空から見ると正面から見た旧駅舎の輪郭となぞらえた形状になっている。これらのうち、大学通りが東京都道146号国立停車場谷保線に、富士見通り駅寄り約370mと旭通りが東京都道145号立川国分寺線に指定されている。いずれの通りも若者向けなどの商店が多く立ち並び、また路線バスが頻繁に通っている。特に大学通りのこの部分は幅員が全体で40m以上あり、車道歩道自転車道緑地帯が画然と分けられている。緑地帯はサクライチョウが交互に植わった並木道である。

それ以外の街路はほぼ東西、南北の格子状であり、一方通行が多い。大学通りを南に進むと、南武線谷保駅に出る。

大学通りの両脇に一橋大学のキャンパスがあるなど、教育施設は多い。

北口[編集]

駅周辺は南口と同様に格子状の街路になっているが、範囲はそれ程広くない。駅を出て約100m歩くと国分寺市域に入る。国分寺崖線による坂道が多くある。

バス路線[編集]

南口からは京王電鉄バス京王バス中央立川バスおよび国立市コミュニティバス「くにっこ」(立川バス)によって運行されている。このうち、大学通りを南に向うバスは各系統合わせて昼間5分毎の頻発となっている。

北口からは立川バスおよび「くにっこ」によって運行されている。2008年3月29日から国分寺市コミュニティバス「ぶんバス」(立川バス)の西町ルートが運行開始され、乗り入れている。

「くにっこ」以外の全路線でPASMOSuicaが使用できる。また、「ぶんバス」以外の全路線で東京都シルバーパスが使用できる。

南口[編集]

ロータリーの南西側に主に富士見通り方面に向かう系統が発車する1番乗り場が、同じく東側に主に大学通りと旭通り方面の系統が発車する3 - 6番乗り場がある。西側の2番乗り場は降車専用である。現行の南口出口から見て、ロータリー右側が2番、その先の道路向こうが1番、ロータリー左側が3 - 6番である。

  • 無印(南口から出て右手)
  • 1番乗り場:立川バス(富士見通り方面)
  • 無印(1番乗り場に隣接)
    • 国立市コミュニティバス「くにっこ」
      • 北西中ルート:市役所方面/北西中ルート:北市民プラザ経由 国立駅北口方面
  • 2番乗り場
    • 降車専用
    • 深夜急行バス(新宿駅西口発)※降車のみ(京王バス東)
  • 3番乗り場(大学通り方面)
  • 4番乗り場:立川バス(大学通り方面)
    • 国10:富士見台団地経由 国立操車場行
    • 国10-2:富士見台団地・国立泉団地経由 国立操車場行
    • 国11:富士見台団地経由 矢川駅行
    • 国12:谷保駅行
    • 国41:富士見台団地経由 国立泉団地行
  • 5番乗り場:旭通り方面
  • 6番乗り場:立川バス(旭通り方面・大学通り方面の一部)
    • 国04第三小学校経由 矢川駅行
    • 国13:国立循環(旭通り回り)
    • 国13-2:国立東循環
    • 国14:国立循環(音高回り)
    • 国14-2:国立西循環
    • 国15-2:第三小学校・立川病院経由 立川駅南口行
    • 空港連絡バス:羽田空港行き(本数少/シティバス立川・京急バス共同運行)

北口[編集]

現行の北口から見て、左側の線路沿いに1番乗り場、左側横断歩道を渡った先のバスベイに2 - 5番乗り場、正面道路の右側にぶんバスの乗り場(0番)がある。すべて立川バスにより運行されている。

  • 0番乗り場
    • 国分寺市コミュニティバス「ぶんバス」
      • 西町ルート:ひかりプラザ、稲荷神社方面
  • 1番乗り場(稲荷神社方面)
  • 無印(1番乗り場に隣接)
    • 国立市コミュニティバス「くにっこ」
      • 北ルート(北市民プラザ方面)
      • 北西中ルート:北市民プラザ・国立駅南口経由 市役所方面
  • 2番乗り場(日吉町方面)
  • 3番乗り場
    • 国24-2:東京創価小学校循環
    • 国24-3:東京創価小学校行
    • 国24-4:並木町二丁目行
  • 5番乗り場
    • 国21:けやき台団地行

ゆかりの作品[編集]

その他[編集]

  • JR移行直後に駅舎の屋根がオレンジ系の明るい色に塗り替えられていた時期があったが、利用客の評判が悪かったため、[要出典]程なく元の色に戻された。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
JC 中央線
特別快速「ホリデー快速おくたま・あきがわ」・通勤特快・中央特快・青梅特快・通勤快速
通過
快速(下りは「各駅停車」扱い)・各駅停車(早朝・夜間の一部列車のみ)
西国分寺駅 - 国立駅 - 立川駅
JM 武蔵野線直通(武蔵野線貨物支線(国立支線)経由)
むさしの号
新小平駅 - 国立駅 - 立川駅
※国立支線についてはJR東日本では旅客用の営業キロを設定していないため、経由旅客列車の運賃は西国分寺駅を経由したものとして計算する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 実際の運行は京王バス中央に委託されている。

出典[編集]

利用状況[編集]

JR東日本の1999年度以降の乗車人員
東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]