鍋屋横丁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鍋屋横丁入口(「鍋屋横丁」交差点)の南西側、みずほ銀行の入るビルの前の時計台

鍋屋横丁(なべやよこちょう)は、東京都中野区本町(4丁目)・中央(3・4丁目地域境)を南北に走る横丁商店街鍋横(なべよこ)という通称で親しまれており、本町・中央一帯を指す地区名としても用いられている。

「鍋屋横丁交差点」で青梅街道(本町通)と交差しており、近くには東京メトロ丸ノ内線(東京メトロ)新中野駅がある。新宿から近い立地ながら比較的、賃貸の価格は安めでもある。

江戸時代前期に現在の杉並区堀ノ内にある妙法寺に向かう参拝道(参道)として栄えた。江戸から青梅街道を経由して妙法寺に向かう際、現在の鍋屋横丁交差点を左折することになるが、その目印となったのが「鍋屋」という名の茶店であったことから、「鍋屋の横丁」とこの名がついた。

明治時代以後も中野駅と青梅街道を結ぶ通りとして栄えたが、地下鉄開通とこれに伴う都電杉並線の廃止に伴い、やや衰微したものの、現在でも同区を代表する繁華街の一つであり、再開発が進められている。

夏季(8月第一土曜・日曜)には「なべよこ夏まつり」を開催し全域が歩行者天国となり阿波踊り沖縄エイサー等をメインにした催しで毎年5〜6万人の来場者の賑わいを見せる。

青梅街道沿いに隣接する「鍋横大通商店会」とは異なる商店組合だが、鍋横一帯の商業地区を構成している。

文学散歩[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 浅田次郎『地下鉄に乗って』(講談社文庫)、40-41頁、42-48頁

座標: 北緯35度41分51.0秒 東経139度40分15.4秒 / 北緯35.697500度 東経139.670944度 / 35.697500; 139.670944