戸越銀座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戸越銀座駅から見た「戸越銀座商店街(中央街)」のアーチ

戸越銀座(とごしぎんざ)は東京都品川区豊町および、戸越平塚にまたがる戸越銀座通りに沿った商店街で、3つの商店街からなっている。

全長約1.3kmにわたる関東有数の長さの商店街である[1]。なおメディアなどでは、日本一長い商店街であると紹介されることもあるが[要出典]、実際は大阪・天神橋筋商店街の約2.6kmが最長とされる[2]

概要[編集]

東京都品川区にあるこの商店街は、JR山手線の五反田駅から南に約1.3kmの位置にあり、戸越銀座商栄会商店街(商栄会)、戸越銀座商店街(中央街)、戸越銀座銀六商店街(銀六会)の3つの商店街からなる。一般に戸越銀座とはこの3つの商店街の総称として使われ、商店数は約400軒にのぼる[3]

一番長いのが戸越銀座商店街(中央街)、次いで戸越銀座商栄会商店街(商栄会)、戸越銀座銀六商店街(銀六会)であり、商店街ごとにアーチや街路灯のデザインが異なる。

マスコットキャラクターに戸越銀次郎(通称、銀ちゃん)がいる。

1923年(大正12年)の関東大震災で大きな被害を受けたあと、低地であったため冠水に悩み、道路は雨のたびに泥濘(ぬかるみ)になる有様であった[3]。同じように関東大震災で被災した銀座が復旧に際し、道路舗装に使用していたレンガを撤去してアスファルト化することとなり、戸越商店街では不要になった銀座のレンガを貰い受けて、排水や下水工事に活用した[1]。この縁から戸越で商店会を設立する際に「戸越銀座商店街」と命名された。全国各地に300以上あるといわれる「○○銀座」の第一号でもある[1]1928年(昭和3年)に東急池上線が開通し、同商店街の玄関口となる戸越銀座駅が開業した[1]

2006年東京都ヒートアイランド対策にてドライミスト装置設置事業補助金の対象に決定し、モイスチャーミストを導入。2009年3月に「新・がんばる商店街77選」に選ばれた。

2006年度より品川区と商店街連合会により、無電柱化事業が進められ、2016年4月に完成した[4]

交通[編集]

東急池上線戸越銀座駅都営地下鉄浅草線戸越駅からすぐ。

関連項目[編集]

脚註[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]