天成園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天成園(てんせいえん)は、神奈川県足柄下郡箱根町にある温泉旅館。2014年現在は万葉倶楽部グループに属する。

天成園は、春日局の血を引く稲葉氏(小田原城主の家系)の別荘として建てられた飛烟閣(ひえんかく)を含む敷地一体をホテルとし、開業約60年を迎えた2008年度に建て替え、2009年12月16日にリニューアルオープンした。箱根湯本では初となる23時間営業を行っている。

施設[編集]

  • スタンダード客室 和室・洋室
  • 露天風呂付き和室
  • 和洋室
  • 屋上天空大露天風呂(男女)
  • 家族風呂(12)
  • コンベンションホール「飛龍」(最大600名)
  • リラックスルーム(52席)
  • お食事処「瀧見亭」
  • 憩い処(288席)
  • 小宴会場(7)
  • ディーラウンジ/お土産処
  • コンビニエンスストア・デンセイマート
  • 茶屋・たまだれ庵
  • わんわんハウス
  • 瀧ラウンジ
  • Wi-Fi設備(全館Wi-Fi完備)

アクセス[編集]

箱根湯本駅より毎時15分、45分に旅館協同組合の送迎バスにて送迎

飛烟閣[編集]

飛烟閣側にある玉簾の瀧
飛烟閣側にある飛烟の瀧

天成園本館とは建物を別にする、別館に飛烟閣がある。この飛烟閣は古くから与謝野晶子など文化人が利用し、将棋の名人戦の場としても利用された。飛烟閣の近くには「玉簾の瀧」(たまだれのたき)と「飛烟の瀧」(ひえんのたき)の二つの瀧がある。関東大震災時に土砂で埋もれるが、昭和時代に再び掘り起こされた。天然のミネラル水として持ち帰る事ができる。玉簾の瀧脇にある参道を上がっていくと、九頭竜明神を祀る唯一の分宮として玉簾神社がある。

将棋・囲碁のタイトル戦の舞台となることも多い。中でも1979年王将戦中原誠加藤一二三)では、玉簾の瀧の音で集中を削がれた加藤が、旅館側に頼んで滝を止めさせたという伝説が残っている[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度13分43秒 東経139度05分41秒 / 北緯35.228737度 東経139.094743度 / 35.228737; 139.094743