鶯谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鶯谷駅北口

鶯谷(うぐいすだに)は東京都台東区の地名。東日本旅客鉄道(JR東日本)山手線京浜東北線鶯谷駅を中心とした地域

概要[編集]

現在の行政上は「鶯谷」という地名は存在せず、1829年の『御府内備考』でも「鶯谷」という単語は見られるものの、谷の名前として登場するのみ[注釈 1]。駅東側にはラブホテルがあり、かつて文人が多く住んだことで知られる根岸の里がある。根岸2丁目には子規庵、中村不折の書道博物館がある。西側には寛永寺上野公園が広がり、近くには江戸の風物詩・朝顔市入谷鬼子母神がある。

江戸時代は寛永寺領であったため、上野・根岸・根津に渡って多数の寺院が残っており、高層ビル高層マンションが少ない。鶯谷駅からは上野公園、上野桜木なども徒歩5分ほどである。

鶯谷駅南口はエレベーター設置などの改修工事が進んでいる。南口には東京芸術大学専門学校の学生、上野公園散策のカップル、墓参りをする人などが多く、東京キネマ倶楽部ダンスホールではアイドルなどが公演を行ったりしており、それらのファンでごった返していることも多い。

地名の由来[編集]

江戸時代寛永寺の住職として、代々京都から皇族が駐在していた。その一人である公弁が、元禄年間に「江戸のはなまっている」といって当時の文化人・尾形乾山に京都から鶯を運ばせて、この地域に鶯を放し、鶯の名所になったことに由来する。

歴史[編集]

下町の別荘地帯といわれた根岸は、江戸時代から多くの文人が住んでいた[2]陸奥宗光の別邸も根岸にある 。

根岸1丁目から3丁目のあたりは、明治期から昭和初期の間、正岡子規ら著名な文学人が多数住んでおり、根岸党という下谷根岸に集まった文学人のサロンもあった。根岸4丁目は花街の名残として、古い料亭が残る。子規は鶯谷について「妻よりも妾の多し門涼み」の句を詠んだ。

治安[編集]

警視庁犯罪情報マップによると、山手線の他駅と比べても治安は悪くない。上野駅入谷口 - 鶯谷駅 - 入谷駅のエリアは警察のパトロールと監視カメラの設置が強化されている。鶯谷駅構内でのキャッチセールスなども固く禁じられている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「御切手同心組屋鋪の間の谷なり」[1]

出典[編集]

  1. ^ 御府内備考 谷中.
  2. ^ 鶯谷、「ラブホテルの街」の知られざる素顔 | 街・住まい” (日本語). 東洋経済オンライン (2018年5月31日). 2020年3月18日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]