刑部岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
刑部岬
屏風と展望館冬jpg.jpg
屏風ヶ浦南端に位置する刑部岬、奥は飯岡漁港九十九里浜
刑部岬の位置を示した地図
刑部岬の位置を示した地図
場所 日本の旗 日本
千葉県旭市上永井
座標 北緯35度25分 東経140度26分 / 北緯35.41度 東経140.44度 / 35.41; 140.44

刑部岬(ぎょうぶみさき)は、屏風ヶ浦南端に位置する千葉県旭市太平洋に突出する県立九十九里自然公園園地として上永井自然公園が整備され[1]飯岡灯台、飯岡刑部岬展望館がある。岬からの眺望は日本夜景遺産[2]日本の夜景100選[3]日本の夕陽・朝日百選[4][5]関東の富士見百景[6]に選定されている。

概要[編集]

飯岡漁港浜辺から刑部岬(屏風ヶ浦)を望む

九十九里浜東端(西側)、銚子市の犬岩からつづく切り立った断崖、屏風ヶ浦の南端(東側)に位置する。高さは65メートルで、下には飯岡漁港から九十九里浜が弓状に連なり、太東崎まで66キロメートルの砂浜が続いている。岬の周辺は県立九十九里自然公園の上永井自然公園施設として整備され、飯岡灯台や飯岡刑部岬展望館〜光と風〜などがあり、冬場は天気が良ければ富士山が見え[7]、2月下旬は条件が良ければ富士山頂に夕陽が沈むダイヤモンド富士が見えるとされている[8]

周囲には『あしたのジョー』のキャラクターの石像がある。作者のちばてつや飯岡町(現在の旭市)に在住していた時期があるための縁である[9]。また、近辺には軽食の店やレストラン、宿泊施設がある。

施設[編集]

飯岡刑部岬展望館[編集]

飯岡刑部岬展望館と飯岡灯台

飯岡刑部岬展望館(いいおかぎょうぶみさきてんぼうかん)は、千葉県立九十九里自然公園の上永井自然公園施設として整備された展望館。正式名称は飯岡刑部岬展望館〜光と風〜

2001年(平成13年)にオープンし、1階に多目的室とトイレ、2階にパノラマ展示室、3階に光と風のデッキ、最上階(屋上)に展望台が整備されている。展望館を利用する研修旅行団体、学校児童生徒を対象に環境学習プログラムとして15 - 30分程度のガイドサービスも行っている[11]

  • 1階
    • 多目的室 - 30人規模の講座や会議等での利用が可能となっている。
  • 2階
    • パノラマ展示室 - 壁面または展示パネルに写真、絵画等の展示に貸し出し可能となっている。
  • 3階
    • 光と風のデッキ - 24時間観覧可能で、無料で見ることができる双眼鏡が設置されている。
  • 屋上
    • 屋上展望台 - 展望台は小さいものの360度のパノラマを堪能できる。

眺望[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 千葉県. “上永井自然公園施設” (日本語). 千葉県. 2019年10月18日閲覧。
  2. ^ 飯岡刑部岬 | 日本夜景遺産”. www.yakei-isan.jp. 2019年10月18日閲覧。
  3. ^ 千葉県旭市の夜景 (飯岡刑部岬)”. こよなく夜景を愛する人へ. 2019年10月18日閲覧。
  4. ^ 日本の朝日百選”. www.area-best.com. 2019年10月18日閲覧。
  5. ^ 日本の夕陽百選”. www.area-best.com. 2019年10月18日閲覧。
  6. ^ 千葉県 関東の富士見百景”. www.ktr.mlit.go.jp. 2019年10月18日閲覧。
  7. ^ 飯岡漁港と飯岡刑部岬、屏風ヶ浦”. 旭市ホームページ あさひ探訪. 2015年5月6日閲覧。
  8. ^ ダイヤモンド富士”. 飯岡刑部岬展望館〜光と風〜公式サイト. 2015年5月6日閲覧。
  9. ^ 旭市飯岡上永井公園 : 千葉県旭市紹介ガイド”. asahi.naviinfo.net. 2019年10月18日閲覧。
  10. ^ 復興へ“希望”込め 旭・刑部岬で「鐘」除幕” (日本語). www.chibanippo.co.jp. 2019年10月18日閲覧。
  11. ^ 飯岡刑部岬展望館~光と風~のご案内 飯岡刑部岬展望館~光と風~>>施設ガイド”. gyobumisaki.com. 2019年10月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度41分32.77秒 東経140度44分16.02秒 / 北緯35.6924361度 東経140.7377833度 / 35.6924361; 140.7377833