千葉ポートパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯35度35分56.68秒 東経140度6分0.06秒 / 北緯35.5990778度 東経140.1000167度 / 35.5990778; 140.1000167

千葉ポートパーク
ChibaPortParkBirdview.jpg
ポートパーク(2005年1月千葉ポートタワーから撮影)
千葉ポートパークの位置(千葉県内)
千葉ポートパーク
分類 港湾緑地
所在地
千葉市中央区中央港一丁目
面積 257,000 m2
運営者 千葉県
アクセス JR京葉線千葉都市モノレール千葉みなと駅徒歩10分
公式サイト 指定管理者のサイト
円形芝生広場。2005年1月撮影

千葉ポートパーク(ちばポートパーク)は、隣接する千葉ポートタワーとあわせて千葉県民500万人突破記念として1986年にオープンした港湾環境整備施設(港湾緑地)である[1]。この地は「千葉港発祥の地」であり、現在でも港を行きかう船を見ることができる。公園は、市民の憩いの場として利用されている。

近くには、針葉樹庭園(コニファーガーデン)がある。 この庭園は、千葉県の姉妹州である「ウィスコンシン州[注釈 1]との交流を記念して作られた。 この庭園には、また千葉港の姉妹港のポートランド港[3]から贈られたトーテムポールがある。

注釈[編集]

  1. ^ 1990年(平成2年)5月21日に姉妹県州提携に調印した[2]

出典[編集]

  1. ^ 港湾施設の概要(千葉県告示昭和61年第392号)
  2. ^ “姉妹県州提携に調印 県と米国ウィスコンシン州 がっちり固い握手”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (1990年5月23日) 
  3. ^ “港湾委員ら知事訪問 米・ポートランド港”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (1988年6月12日)