つくばセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
つくば三井ビル展望フロアから望む(2012年7月)
つくば三井ビル展望フロアから望む(2012年7月)
南側から望む。木の右奥にあるのが駅A4出入口である。(2005年8月)
南側から望む。木の右奥にあるのが駅A4出入口である。(2005年8月)
左側のビルはQ't。(2005年8月)
左側のビルはQ't。(2005年8月)
クリスマスイルミネーション(2011年12月)

つくばセンターバス停留所は、茨城県つくば市吾妻一丁目にあるつくば駅の駅前広場を使用したバスターミナルである。

概要[編集]

国際科学技術博覧会(科学万博)開幕直前の1985年3月14日筑波研究学園都市センター地区の交通ターミナルとして「つくばセンター交通広場」が設置され、付近を通っていた路線バスが乗り入れるようになった。当初から停留所名は「つくばセンター」である。研究学園都市における交通の拠点として機能し、『JTB時刻表』では2006年4月号でつくば駅に変更されるまで市の中心駅として記載された。

つくばエクスプレス開業後は、「つくばセンター交通広場」が「駅前広場」に改称され、駅に付帯するバス乗り場、即ち実質的には“つくば駅バス停”となったが、交通網の実態や歴史的経緯なども絡み、現在も「つくばセンター」の名を引き続き使用し、正式名称としては「駅」を名乗っていない。一部で「(TXつくば駅)」の併称・併記を実施している。

筑波山筑波大学などの市内観光地・研究機関、牛久土浦下妻などの周辺都市への一般路線バスや、つくば市のコミュニティバス「つくバス」、都内東京国際空港(羽田空港)、成田国際空港(成田空港)、茨城空港水戸東京ディズニーリゾートお台場などを結ぶ中距離高速バスや、名古屋京都大阪方面への夜行長距離高速バス路線が発着する。

駅前広場[編集]

現在のバスターミナルは2008年7月からの再整備工事(後述)を経て[1]、2010年1月8日に供用開始したものである[2]

屋外型の広場で、外周部にバス乗降場が、中央部にタクシープールが存在する。外周部の北西寄りにつくば駅出入口(A3・A4・エレベーター)がある。バスの出入口は南西(つくばクレオスクエア「Q't」)側の1か所のみであり、一般車の乗り入れは禁止されている。バスターミナルの東側にはキスアンドライド駐車場が隣接して設置されており、これも駅前広場の一部として扱われている。この駐車場は20分まで無料(20分を超えると有料)で利用できる[3]。バスターミナルと駐車場の間には休憩所を兼ねた関東鉄道のサービスセンターが設置されていたが、後述のBiViつくば開業に伴い機能を同施設内に移転した[4]

また、広場周辺には大型自転車駐車場や数百から千台規模の大型駐車場が数箇所設置されている。なお、「つくばセンター広場」はこれとは別のもので、隣接するつくばセンタービル前の広場のことを指す。

特徴[編集]

複合系標識(2010年7月)
  • バスターミナル専従職員は配置されていない。バス関係ではBiViつくば内に関東鉄道系の代理店「関東鉄道つくば学園サービスセンター」があるのみとなっている。
  • バス乗り場の案内図とダイヤグラム通りのバス発車標が駅A3出入口付近に設置されている。一方、バスの到着を知らせる構内アナウンスやバス接近表示は導入されていない。バス車両からの音声のみとなっている。

バス乗降場[編集]

1番のりば[編集]

筑波山シャトルバス運用中の関鉄パープルバスの観光車両

筑波山に直行する「筑波山シャトルバス」が発車する。つくば駅A4出入口前に位置する。

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社
1番 筑波山シャトルバス 沼田・筑波山神社入口 筑波山(つつじヶ丘) 関東鉄道・関鉄パープルバス・関鉄グリーンバス

2番のりば[編集]

つくバスの吉沼シャトルと南部シャトルが発車する。つくば駅改札外エレベーターの地上出口前に位置する。

乗場 系統 番号 主要経由地 行先 運行会社
2番 吉沼シャトル YB 研究学園駅豊里の杜・テクノパーク豊里中央・上郷 吉沼 関東鉄道
(つくば市より受託)
研究学園駅・豊里の杜・テクノパーク豊里中央 上郷
南部シャトル NB 谷田部車庫・農林団地中央・高見原中央・茎崎窓口センター 茎崎老人福祉センター
※日中帯のみ運行
谷田部車庫・農林団地中央・高見原中央 茎崎窓口センター

3番のりば[編集]

「つくバス」小田シャトルの通常車両

つくバスの北部シャトルと小田シャトルが発車する。つくば駅A3出入口前に位置する。

乗場 系統 番号 主要経由地 行先 運行会社
3番 北部シャトル HB 大穂窓口センター・つくばウェルネスパーク・筑波交流センター 筑波山口 関東鉄道
(つくば市より受託)
小田シャトル OB 桜窓口センター・栄・テクノパーク桜・栗原・小田中央 筑波交流センター
桜窓口センター・栄 テクノパーク桜

4番のりば[編集]

おもに研究学園地区南部(松代二の宮稲荷前並木など)、荒川沖駅ひたち野うしく駅へ向かう一般路線が発車する。循環のマークの路線は、つくばセンターを発車し、各バス停を通ったのちにつくばセンターへ戻る循環コースである。

乗場 系統番号 主要経由地 行先 運行会社
4番 20/21A 竹園二丁目・並木二丁目・学園並木 荒川沖駅 関東鉄道
71 竹園高校前・並木二丁目 学園並木 関鉄パープルバス
C22 竹園二丁目・並木二丁目・学園並木 循環学園並木 関東鉄道
C20 竹園二丁目・並木二丁目・並木小学校・常総学院入口 桜ニュータウン
30/30A/31/31A 二の宮中央・イオンモールつくば牛久栄進高校 ひたち野うしく駅 関東鉄道・JRバス関東
36 (直行) 関東鉄道
CG つくば国際会議場筑波宇宙センター梅園公園・気象台・二の宮 循環学園南(右回り)
つくば国際会議場・二の宮・気象台・梅園公園・筑波宇宙センター 循環学園南(左回り)
C15 小池・手代木団地・松代小学校 循環松代
42A 手代木団地・生物研大わしキャンパス・農林団地中央 牛久駅
C6 春日二丁目 研究学園駅

5番のりば[編集]

土浦市中心部、大穂豊里筑波地区、常総市石下地区、下妻市方面への一般路線が発車する。

乗場 系統番号 主要経由地 行先 運行会社
5番 10/11 学園竹園・千束町・桜町 土浦駅 関東鉄道・関鉄パープルバス
11B/11C/19 学園竹園・土浦二高亀城公園
学園竹園・土浦二高・土浦一高 合同庁舎 関東鉄道
11D 野田団地・土浦特別支援学校・千束町・桜町 土浦駅
11A/18 吾妻・花室交差点・田中町 土浦駅東口
18/C8 筑波実験植物園防災科学技術研究所高エネルギー加速器研究機構 つくばテクノパーク大穂
C8A 筑波実験植物園・合宿所・防災科学技術研究所・高エネルギー加速器研究機構
26/36/C6 春日一丁目・国土地理院土木研究所 建築研究所
22/32A 筑波大学春日エリア前 筑波大学病院
42A 吾妻二丁目西
19 筑波大学病院・春日一丁目・豊里中学校・上郷 石下駅 関鉄パープルバス
71 筑波大学病院・春日一丁目・国土地理院・高エネルギー加速器研究機構・高道祖 下妻駅

6番のりば[編集]

筑波大学構内を経由する系統が発車する。

乗場 系統番号 主要経由地 行先 運行会社
6番 10/20/30/11C 筑波大学病院入口・第二エリア前 筑波大学中央 関東鉄道・関鉄パープルバス
C10 筑波大学病院入口・一ノ矢学生宿舎前・筑波大学中央・合宿所 循環筑波大学(右回り) 関東鉄道
合宿所・筑波大学中央・一ノ矢学生宿舎前・筑波大学病院入口 循環筑波大学(左回り)
深夜バス 筑波大学病院・大学会館 筑波大学中央

※深夜バスは平日(祝日を除く月〜金曜日)の深夜に1便のみ運行

7番のりば[編集]

東京駅行の高速バスと、イオンモール土浦(平日夜1便のみ)への路線バスが発車する。

乗場 系統 経由地 行先 運行会社 備考
7番 高速つくば号 八潮PA・都営浅草駅上野駅 東京駅日本橋口 関東鉄道・関鉄観光バス・JRバス関東 平日・土曜運行
八潮PA 日曜・祝日運行
路線バス (途中降車不可) イオンモール土浦 JRバス関東 平日夜1便のみ運行

8番のりば[編集]

茨城県運転免許センターや水戸駅方面への急行バスと、「つくば号」を除いたすべての高速バスが発車する。土曜・休日には研究施設などを巡る「つくばサイエンスツアーバス」も発車する。

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社
8番 高速エアポートライナー「NATT'S」 (途中降車不可) 成田空港 関東鉄道・千葉交通成田空港交通
高速つくば - 羽田空港線 (途中降車不可) 羽田空港 関東鉄道・京急
高速つくば - 茨城空港線 (途中降車不可) 茨城空港 関東鉄道
高速ディズニーリゾート・お台場線 東京ディズニーシー東京ディズニーランド 国際展示場駅または東京テレポート駅
夜行高速よかっぺ関西号 京都駅八条口・大阪駅前(東梅田)なんば 関東鉄道・近鉄
夜行高速名古屋線 東名豊田 名古屋駅太閤通口 茨城交通
急行TMライナー 石岡・県自動車学校・県庁BT水戸駅南口 偕楽園 関鉄観光バス
急行わかば号 (途中降車不可) 運転免許センター 関鉄パープルバス
循環つくばサイエンスツアーバス(北回り) 国土地理院つくば植物園 つくばセンター 関東鉄道
循環つくばサイエンスツアーバス(南回り) つくばエキスポセンター産業技術総合研究所筑波宇宙センター つくばセンター

9番のりば[編集]

9番乗り場に停車中の「真壁のひなまつり号」(関鉄観光バス)

1 - 8番乗り場が駅前広場にあるのに対し、当乗り場はつくば駅A1出入口から西に進んだ中央通り上に位置する。臨時の乗り場であり、定期便の発着はない。毎年春に運行される「真壁のひなまつり号」のほか、筑波大学入学試験センター試験研究所の一般公開や学会などの際に当乗り場から臨時のバスが発車する。「つくばセンター9番」と書かれた停留所標識が通年設置されている。

降車のみ[編集]

  • ミッドナイトつくば号 東京駅→つくばセンター・筑波大学
  • 深夜急行バス 守谷駅→つくばセンター ※金曜または祝前日のみ運行

バスでアクセスできる市内の主要施設[編集]

関東鉄道グループの路線は、系統番号が路線ごとに割り当てられるため、方面が上下逆方向でも同じ系統番号となる。徒歩約10分以内の施設はつくば駅#駅周辺を参照。

観光地・名所[編集]

筑波山

大学・教育機関[編集]

筑波大学

研究・学術機関[編集]

筑波宇宙センター

下記の路線バスの他、施設によってはつくばサイエンスツアーバスを利用することもできる。

その他[編集]

  • 筑波大学附属病院 - [C10](右回り)[10][20][30]「筑波大学病院入口」下車。
  • 筑波記念病院 - [71][26][36][C6]「筑波記念病院」下車。
  • つくば市立病院 - [HB][OB]「筑波交流センター」下車。
  • 筑波学園病院 - [NB][42A]「谷田部車庫」下車。
  • つくば双愛病院/高崎自然の森 - [NB]「高崎中央」下車徒歩20分。
  • 筑波学都資金財団 筑波研修センター - [C10](左回り)「メディカルセンター病院」下車徒歩約5分、又は[C8][C8A][18]「妻木」下車徒歩約5分。
  • つくばヘリポート - [OB]「春風台」下車徒歩20分。
  • さくら運動公園 - [OB]「桜窓口センター」下車、又は[10][11][11B][18][19]「花室交差点」下車徒歩約7分。
  • つくばウェルネスパーク(セキショウ・チャレンジスタジアム) - [HB]「つくばウェルネスパーク」下車、又は[C8][C8A][18]「つくばウェルネスパーク入口」下車徒歩6分。
  • 豊里ゆかりの森 - [19][C9]「遠東」下車徒歩6分。
  • 茎崎運動公園 - [NB]「茎崎運動公園」下車。「茎崎窓口センター」行きは終点で乗換、[JB]「茎崎運動公園」下車。
  • イオンモールつくば - [30][31A][32A]「イオンモールつくば」下車。
  • LALAガーデンつくば - [C15][C16][42A]「小池」下車。

周辺[編集]

BiViつくば[編集]

BiViつくば
BiVi TSUKUBA
BiViつくば(2015年10月)
BiViつくば(2015年10月)
店舗概要
所在地 305-0031
茨城県つくば市吾妻1丁目8-10
座標 北緯36度4分54秒 東経140度6分46秒 / 北緯36.08167度 東経140.11278度 / 36.08167; 140.11278
開業日 2015年9月5日
施設管理者 大和リース
設計者 大和リース
施工者 冬木工業
敷地面積 2,379.34 m²[5]
延床面積 8,572.90 m²[5] (容積率360%)
店舗数 30店
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 28台
※有料
最寄駅 つくば駅
最寄IC つくば中央IC
外部リンク http://www.e-bivi.com/tsukuba/
B i V i

BiViつくば(ビビつくば)は、つくばセンターバスターミナルの南側に隣接する複合商業施設である。つくば市が新たなターミナルビルを建設する方針を2012年11月に公表し、整備事業提案競技を経て2014年3月に大和リースと事業締結し[6]2015年9月5日に開業した[5][7]

施設は鉄骨造りの5階建てで、商業店舗や学習塾といった民間のテナントのほか、つくば市のインフォメーションセンターや筑波大学のサテライトオフィスといった公共のテナントも入っている。また、上述のつくばターミナル解体後、バスターミナルの敷地内に仮設の平屋建ての建物として存在した関東鉄道つくば学園サービスセンター・バス待合室及び高速バス乗車券の自動券売機は2015年9月4日に当施設内に移転した[4]。なお、新たなつくば学園サービスセンター内には飲食物などを販売する売店も併設されている。

つくば学園サービスセンター(BiViつくば内、2016年5月)


歴史[編集]

2008年7月再整備工事前[編集]

再整備工事前のつくばセンター(2005年9月)

2008年7月からの再整備工事以前は、外周部と中央部にバスバースが、南寄りにターミナルビルの「つくばターミナル」やタクシープールがあった。バスの出入口は北(学園中央通り)側と南(つくばクレオスクエア「Q't」)側の2ヶ所であった。開設当初からバスレーンへの一般車乗り入れは禁止されており、別に一般車乗り付けスペースを設置していた。

各バス乗り場をつなぐ橋上駅のような陸橋(階段)が設置されており、2階にあたる階層はペデストリアンデッキとつながる「つくばセンター広場」と同じであった。ターミナルビルは同広場の階層と同じ2階にも出入口があった。これは路線数の関係上ほとんどのバスが外周部分からの発着となるためあまり利用されていなかったが、つくば駅開業後はこの陸橋の一番北の階段(8番乗り場)が駅へのエスカレーター(A3出入口)と事実上接続する形となり、駅からデッキ、つくばセンタービル方面へ移動する通行者が若干増加した。ターミナルビル横には「つくばセンター広場」に上る専用エスカレーターもあった。

つくばターミナル[編集]

つくばターミナル
Tsukuba ct.JPG
解体前のつくばターミナルビル(2005年8月)
情報
用途 バス待合室・展示室[8]
設計者
施工 大成・佐田 JV[8]
管理運営 つくば都市交通センター
構造形式 PCコンクリート[8]
敷地面積 1,758.09 m² [8]
建築面積 560.80 m² [8]建蔽率32%)
延床面積 1,047.82 m² [8]容積率60%)
状態 解体
階数 地上2階[8]
高さ 10.92 m [8]
解体 2009年
座標 北緯36度4分55.9秒 東経140度6分46秒 / 北緯36.082194度 東経140.11278度 / 36.082194; 140.11278
テンプレートを表示

2008年7月からの再整備工事により解体され現存しない。財団法人つくば都市交通センターが管理する2階建ての建物だった。1階はバス乗り場やタクシー乗り場に面し、2階はペデストリアンデッキとつながる「つくばセンター広場」に隣接し、1階・2階の双方に出入口があった。当時の入居施設は以下の通りである。

1階
  • 自動券売機(高速バス専用)
  • 関鉄学園サービスセンター - 関東鉄道系の旅行代理店。一般路線バスとコミュニティバスの定期券回数券の発売、予約制の高速バスの予約受付及び乗車券の発券の他、各バス路線の時刻表の配布や関鉄観光による各種旅行案内をしていた。
  • 待合所(バス・タクシー乗り場前の中央フロア) - 路線バスの時刻表と路線図が壁に掲出していた。各乗り場にも乗り場毎の時刻表がある。
  • 財団法人つくば都市交通センター まち育て事業本部
  • 自動販売機コインロッカー便所
2階
解体前に閉鎖された施設
  • みどりの窓口(JR東日本つくば店)(2006年2月28日閉鎖) - 土浦駅の別窓口(一種の出張所)扱い。
  • つくば市観光案内所(2006年6月11日閉鎖) - 閉鎖後、つくば駅南北自由通路内につくば市総合案内所が開設され、その機能を移転した。
  • ローソン つくばターミナル店(2008年3月31日閉鎖)
  • KIOSK
  • トヨタレンタリース

年表[編集]

BiViつくば内に移転する前の関東鉄道つくば学園サービスセンター(仮設)
  • 1985年昭和60年)3月14日 - 「つくばセンター交通広場」完成。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 東京を結ぶ高速バス「特急つくば号」乗り入れ開始。
  • 1994年平成6年)7月1日 - 成田空港連絡バス「エアポートライナーNATT'S」乗り入れ開始。
  • 1998年(平成10年) - 3月1日に水戸行「急行TMライナー」が、3月14日にひたち野うしく駅発着系統が乗り入れ開始。
  • 1999年(平成11年)6月1日 - 羽田空港連絡バス乗り入れ開始。
  • 2001年(平成13年)4月26日 - 大阪行夜行高速バス「よかっぺ関西号」乗り入れ開始(初の長距離路線)。
  • 2005年(平成17年) - つくばエクスプレスつくば駅開業に対応すべくバスレーン入口を増設、駅出入口を設置。
    • 8月24日 - つくば駅開業。真壁・岩瀬行急行バス乗り入れ開始(関鉄グリーンバス初乗り入れ)。
  • 2006年(平成18年)2月28日 - JR東日本つくば店(みどりの窓口)が営業を終了。
  • 2008年(平成20年)7月 - つくば駅前広場再整備工事に着手[1]
  • 2009年(平成21年) - 再整備工事にもとづき、2月28日につくばターミナルビル閉鎖。3月23日に仮設バスターミナルが供用開始。
  • 2010年(平成22年)
    • 1月18日 - 新バスターミナル供用開始[2]
    • 4月16日 - 茨城空港シャトルバス乗り入れ開始。
  • 2012年(平成24年)3月24日 - 東京ディズニーリゾート、海浜幕張駅を結ぶ高速バス乗り入れ開始。
  • 2014年(平成26年)8月6日 - BiViつくばの起工式が行われる[9]
  • 2015年(平成27年)
    • 9月4日 - 関東鉄道つくば学園サービスセンター、待合室がBiViつくば内に移転[4]
    • 9月5日 - BiViつくば、開業[7]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b つくば駅前広場再整備工事の概要”. つくば市. 2008年12月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月27日閲覧。
  2. ^ a b つくば駅前広場(つくばセンター)バス乗り場変更”. つくば市. 2010年2月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月13日閲覧。
  3. ^ つくば駅前広場駐車場利用案内 (PDF)”. つくば市. 2014年12月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月5日閲覧。
  4. ^ a b c つくば学園サービスセンター移転のお知らせ (PDF)”. 関東鉄道 (2015年8月18日). 2015年9月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月13日閲覧。
  5. ^ a b c “「BiVi つくば」グランドオープン” (PDF) (プレスリリース), 大和リース, (2015年8月21日), http://www.daiwalease.co.jp/press/20150821.pdf 2015年10月1日閲覧。 
  6. ^ つくばターミナルビル施設整備事業提案競技で最優秀提案者・優秀提案者が選定されました。 (PDF)”. つくば市 (2013年8月5日). 2015年10月1日閲覧。
  7. ^ a b BiViつくば:新駅前ビルオープン 周辺のにぎわい期待 /茨城”. 毎日新聞 地方版 (2015年9月6日). 2015年10月1日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ a b c d e f g h i j 『つくば建築フォトファイル』 つくば建築研究会 編、NPO法人つくば建築研究会、2005年12月20日、62頁。ISBN 4-9902731-0-9
  9. ^ 複合商業施設を起工 つくば駅前 来年9月開業目指す”. 茨城新聞 (2014年8月7日). 2014年11月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度04分57.5秒 東経140度06分44.6秒 / 北緯36.082639度 東経140.112389度 / 36.082639; 140.112389