鷹取山 (横須賀市・逗子市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鷹取山
PICT0125 corrected minimized.JPG
住宅地の中の鷹取山
標高 139 m
所在地 神奈川県横須賀市逗子市
位置 北緯35度18分21.5秒 東経139度36分51.3秒 / 北緯35.305972度 東経139.614250度 / 35.305972; 139.614250座標: 北緯35度18分21.5秒 東経139度36分51.3秒 / 北緯35.305972度 東経139.614250度 / 35.305972; 139.614250
鷹取山 (横須賀市・逗子市)の位置(日本内)
鷹取山 (横須賀市・逗子市)
鷹取山 (横須賀市・逗子市) (日本)
鷹取山 (横須賀市・逗子市)の位置(神奈川県内)
鷹取山 (横須賀市・逗子市)
鷹取山 (横須賀市・逗子市) (神奈川県)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

鷹取山(たかとりやま)は、神奈川県横須賀市北部の逗子市との境にある海抜139メートルの山。三浦丘陵の山の一つ。

歴史[編集]

1923年関東大震災以前は加工のしやすさからここから切り出される凝灰岩が横須賀市や逗子市で塀などに利用されていたが、関東大震災により多くが倒壊、下敷きになって死傷者が多く出たことと、同時に切り出した凝灰岩の輸送に利用していた鷹取川が隆起のため航行が困難になり、石材の切り出しは廃れていった。

戦後、昭和30年代に入るとロッククライミングの練習に使う若者が増え、同時に京急田浦駅追浜駅から鷹取山経由で逗子市神武寺へ抜けるハイキングコースが開かれ整備されたため、訪れる観光客も増大した。1965年(昭和40年)以降、山の周辺が住宅地(湘南鷹取)として開発され岩場のみ公園として残された。同時期に有志の彫刻家により山の一部に石仏が彫られた。

1983年 鷹取山安全登山協議会という山岳団体の連合組織が作られ、横須賀市との間で協約を締結した。その内容は、鷹取山でのロッククライミング実施者は鷹取山安全登山協議会への届け出をするという条件で 横須賀市がロッククライミングを許可するというものである。

昭和60年代になってハーケンが抜け転落する事故を憂慮した横須賀市は、鷹取山でのハーケンを打ち込みカラビナを引っ掛けロープでサポートするタイプのロッククライミングを禁止した。凝灰岩は柔らかくもろいので、人間の体重が一点に集中する場合それを支えられないのである。

地質学的解説[編集]

この山は新第三紀前半のグリーンタフ造山運動の一部による堆積隆起によって作られた緑色凝灰岩である。関東地方にはここ以外にも凝灰岩の地層が地表近くに表れている場所が見られる。宇都宮市の大谷石採石場跡などが知られている。

ギャラリー[編集]

アクセス[編集]

関連項目[編集]