東日暮里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 荒川区 > 東日暮里
東日暮里
—  町丁  —
かんかん森通り(東日暮里二丁目)
荒川区における東日暮里の位置。
座標: 北緯35度43分42.7秒 東経139度46分44.33秒 / 北緯35.728528度 東経139.7789806度 / 35.728528; 139.7789806
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Arakawa, Tokyo.svg 荒川区
地域 日暮里地域(2-8丁目)
三河島地域(1丁目)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 29,374人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 116-0014[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

東日暮里(ひがしにっぽり)は、東京都荒川区町名。現行行政地名は東日暮里一丁目から東日暮里六丁目。住居表示実施済み区域である。 郵便番号は116-0014[2]

地理[編集]

荒川区南西部に位置し、下町的界隈が広がる町である。日暮里駅の東側、三河島駅の南側にあたる。北で荒川、北東で南千住、南で台東区根岸、南西で台東区谷中、西で西日暮里に接する。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)1月1日公示地価によれば、東日暮里1-3-2の地点で75万2000円/m2となっている[4]

歴史[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
東日暮里一丁目 2,194世帯 3,638人
東日暮里二丁目 2,217世帯 3,885人
東日暮里三丁目 3,211世帯 5,657人
東日暮里四丁目 2,281世帯 3,754人
東日暮里五丁目 3,042世帯 5,000人
東日暮里六丁目 4,340世帯 7,440人
17,285世帯 29,374人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[11]

丁目 番地 小学校 中学校
東日暮里一丁目 1〜8番 荒川区立第六瑞光小学校 荒川区立第一中学校
9〜25番
31〜35番
荒川区立第三峡田小学校
その他 荒川区立第三日暮里小学校 荒川区立諏訪台中学校
東日暮里二丁目 3〜16番
25〜38番
45〜49番
その他 荒川区立第三峡田小学校 荒川区立第一中学校
東日暮里三丁目 1番、4番
その他 荒川区立第三日暮里小学校 荒川区立諏訪台中学校
東日暮里四丁目 全域
東日暮里五丁目 全域 荒川区立第二日暮里小学校
東日暮里六丁目 1〜21番
22番1〜7号、22番14〜17号
23番1〜4号、23番15号
40番1〜8号、40番21〜22号
41〜47番
48番1〜5号、48番13〜16号
53番、55〜60番
その他 荒川区立ひぐらし小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

東日本旅客鉄道
京成電鉄

このほかに町域内には所在しないものの、常磐快速線三河島駅を始め、都電荒川線地下鉄日比谷線が近隣に多数ある。

バス[編集]

  • 東京都交通局都営バス
    • 草41系統(足立梅田町⇔浅草寿町) - 三河島駅前、大下、東日暮里三丁目、東日暮里四丁目各停留所
    • 都08系統(日暮里駅前⇔錦糸町駅前) - 東日暮里三丁目、東日暮里五丁目各停留所
    • 里22系統(日暮里駅前⇔亀戸駅前) - 三河島駅前、大下、東日暮里三丁目、東日暮里五丁目各停留所

道路[編集]

施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 世帯と人口 - 平成29年”. 荒川区 (2017年12月5日). 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月11日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月11日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 『日暮里町政沿革史』
  6. ^ 『木村伊兵衛をしのぶ「対談・写真この50年」』- 朝日新聞社 -)
  7. ^ 『荒川の歴史-東京ふるさと文庫19』(松平康文著)
  8. ^ 『創立三十五周年記念誌』(1953年10月23日 第三日暮里小学校)
  9. ^ 『荒川の歴史-東京ふるさと文庫19』(松平康文著)
  10. ^ 『わた史発掘ー戦争を知っている子供たちー』小沢昭一著 文芸春秋社
  11. ^ 通学区域表”. 荒川区 (2014年5月28日). 2017年12月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]