田中雅美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
日本の旗 日本
競泳
オリンピック
2000 女子4×100mメドレーリレー

田中 雅美(たなか まさみ、1979年1月5日 - )は、日本の元水泳選手で、シドニーオリンピック銅メダリスト。専門種目は平泳ぎ。現在はスポーツコメンテーター・タレント中央大学法学部卒業。三桂所属。身長164cm。

経歴[編集]

現役時代[編集]

北海道紋別郡遠軽町出身。3人姉妹の末っ子として生まれる。2人の姉の影響で水泳を始めた。 小学生時代、体育の教員をしていた父親[注 1]の仕事の関係で美唄市に住んでいた時期がある。 岩見沢市立緑中学校卒業後、通っていたスイミングスクールで選抜されて上京。1994年、私立八王子高等学校に入学し、JSS東京八王子クラブに移籍。その年の日本水泳選手権で100mと200mの平泳ぎで2冠を達成した。2年生となった翌1995年の同大会では、長崎宏子が保持していた女子100m平泳ぎの日本記録を11年ぶりに更新。

3年生となった1996年に開催された1996年アトランタオリンピックでは、田中が目標としていた岩崎恭子(その前大会だった1992年バルセロナオリンピックの女子200m平泳ぎ金メダリスト)と共に競泳日本代表に選ばれるが、平泳ぎの成績は100mで13位、200mで5位と振るわなかった。尚田中と岩崎は同級生(1978年度生まれ)で、共に最大のライバルでありながらも良き親友であり、その親交は引退した現在でも続いている。

1997年、中央大学に入学。中大水泳部はそれまで男子部員しか採っていなかったが、アトランタ五輪で日本水泳界が壊滅的な状態となり、日本水泳連盟が「大学生を選手団の主力とする」という方針を打ち出したこともあり、田中はいわば女子部員の“1期生”の形で入部した。岩崎が日本大学在学中に競技の第一線を退いたこともあり、以降は日本女子平泳ぎ界の有力選手になった。

4年生時の2000年開催の2000年シドニーオリンピックでは、期待されていた平泳ぎ個人戦では100mで6位、200mで7位と、いずれもメダルを逃した。しかし、女子400mメドレーリレーで大学の後輩2人を含むチームで銅メダルを獲得した。シドニー五輪後に一旦、第一線を退く。

2001年、中央大学を卒業。また、眼瞼下垂に罹患し不眠などに悩まされていたため手術を受けていたことを明らかにする。その後北米へ渡って留学し、2002年2002年ソルトレークシティオリンピックでは、テレビ東京系列の中継でリポーターを務めた。

2004年開催の2004年アテネオリンピックへ出場したいとの思いから、2003年スイマーとして現役に復帰。日本選手権で好成績を残し、アテネ五輪出場権を獲得。アテネ五輪では200m平泳ぎで惜しくも4位に留まった。この大会後の2005年に再び現役引退を発表した。

戦歴[編集]

  1. オリンピック
    • アトランタオリンピック(1996年)
      • 女子400mメドレーリレー 予選落ち
      • 女子100m平泳ぎ 13位(B決勝出場)
      • 女子200m平泳ぎ 5位入賞
    • シドニーオリンピック(2000年)
    • アテネオリンピック(2004年)
  2. 日本選手権
    上記参照
  3. その他国際大会

現役引退後[編集]

関口宏が代表を務める芸能事務所三桂に所属。スポーツコメンテーターとしてメディアでの活動の他にも、水泳講師として全国各地へ出張している。

2005年8月にフリーダイビングのダイナミック・アプネア・フィンなしで96mの女子日本新記録を樹立した。

2008年6月、ダイエットエッセイ本「BODY+REMAKE」を出版。

2009年7月2日、30代半ばの会社員男性(当時)との結婚を発表[3]、同年8月9日に挙式・披露宴が行われた。

2012年5月28日付けのブログで、同年3月に離婚したことを公表[4]

2017年5月18日付けのブログで、1歳年下の元飛込選手と入籍し、第1子を妊娠していることを発表した[5]

2017年10月18日、第一子となる女児を出産[6]

メディア活動[編集]

放送[編集]

レギュラー出演
競技解説者および指導者として
上記以外

CM・広告[編集]

劇場アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 父親は2013年夏に野球部員5人で地区準優勝して話題となった北海道小樽市の双葉高校の校長である[1][2]

出典[編集]

  1. ^ 田中雅美公式Twittermasamiswimの2013年9月29日のツイート2018年5月20日閲覧。
  2. ^ 田中雅美公式Twittermasamiswimの2013年10月3日のツイート2018年5月20日閲覧。
  3. ^ メダリストの田中雅美さんが結婚 年上の一般男性と”. 47NEWS. 共同通信 (2009年7月2日). 2012年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月28日閲覧。
  4. ^ 元競泳日本代表・田中雅美、3月に離婚していた”. オリコン (2012年5月28日). 2012年5月31日閲覧。
  5. ^ 元競泳日本代表・田中雅美、再婚&妊娠を発表〈コメント全文〉”. モデルプレス (2017年5月18日). 2017年7月23日閲覧。
  6. ^ “田中雅美、第1子誕生!競泳の練習より「衝撃的かつキツく貴重な経験」”. サンケイスポーツ. (2017年10月19日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171019/mrg17101905010001-n1.html 2017年10月18日閲覧。 
  7. ^ MXTV『週末ハッピーライフお江戸に恋して』”. 田中雅美オフィシャルブログ「アスリートだって女の子ですもの!」 (2017年4月8日). 2017年7月23日閲覧。
  8. ^ “5児の母・堂珍敦子、今後の目標は「子どもたちとの時間を大切に…」”. ORICON STYLE. (2016年8月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2077522/full/ 2016年8月30日閲覧。 
  9. ^ “田中雅美さん ニモ続編で声優初挑戦”. デイリースポーツ. (2016年5月27日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/05/27/0009124094.shtml 2016年5月27日閲覧。 
  10. ^ 波瑠&岡田将生『北風と太陽の法廷』に高木里代子・田中雅美ら異色キャスト”. マイナビニュース (2017年3月10日). 2017年4月4日閲覧。
  11. ^ “田中雅美さん、日曜劇場「ブラックペアン」で連ドラ初出演「緊張感をもって」”. Sponichi Annex. (2018年5月13日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/13/kiji/20180513s00041000113000c.html 2018年5月20日閲覧。 

外部リンク[編集]