がんばれ!ペナキッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
がんばれ!ペナキッズ
ジャンル スポーツバラエティ
放送時間 日曜日13:24~13:54
(第1回~2007年3月)
土曜日17:30~18:00
(2007年4月~最終回)
放送期間 2006年4月16日~2008年3月29日
放送国 日本の旗 日本
制作局 中部日本放送
プロデューサー 佐藤浩二
出演者 ペナルティほか
テンプレートを表示

がんばれ!ペナキッズとは、2006年4月16日(放送開始時期では日曜日の13:24〜13:54)から2008年3月29日まで中部日本放送(CBC)で毎週土曜日17:30〜18:00まで放送されていたスポーツバラエティ番組で、お笑いコンビ・ペナルティ冠番組

放送時間の変遷[編集]

  • 2006年4月16日~2007年3月25日 13:24~13:54
  • 2007年4月14日~2008年3月29日 17:30~18:00
最終回のみ『オールスター感謝祭’08』放送の関係で放送時間が16:00~16:30(サタデー生ワイド そらナビの前枠)だった。

概要[編集]

前期(2006年4月16日9月24日[編集]

  • 愛知県豊山町にある弱小少年サッカーチームを「ペナキッズ」と名付け、ヒデ監督役、ワッキーコーチ役となって、彼らを鍛え上げていく姿を追ったドキュメント番組。
  • 最終目標は、初戦で大敗した愛知FCに勝利する事。
  • 序盤は、基礎を鍛え直したり、ユニークな特訓で鍛えていったが(長良川での合宿では、「ミスターナガレ」に扮した萩原流行も登場。しかしPK特訓で、萩原の大切にしていたドイツW杯の公式球が川に流される惨事も。)、後半は練習試合を主に行っていた。
  • 当初の課題であった、得点力不足も徐々に解消されつつあったが、結局愛知FCとのリベンジ戦も0対4で敗北。戦ったペナキッズだけでなく、(テレビ番組上ながら)初めての監督・コーチ経験だったペナルティにも悔いが残った。

後期(2006年10月1日2008年3月29日[編集]

  • 毎回、1つのスポーツをテーマにした様々なゲームで、視聴者親子3組が戦うスポーツバラエティ番組。かつてCBCで製作されていた『進め!クリフハンガー冒険隊』の流れを汲む番組構成。
  • まずは予選4ゲーム(2007年4月14日放送分からは3ゲーム)を行い(うち1ゲームは、親が有名選手に扮したワッキーやワッキーが連れてきた刺客と戦うボーナスステージ)、合計ポイントの上位2組で決勝ステージを戦う。
    • テーマ『野球』の回では、決勝ステージは各組の子供が代表となって投手・打者に分かれての1打席勝負で戦ったが、投手の初球デッドボールで決着した珍事が起きた。
  • 12月25日(月)〜29日(金)の5日間、10:50〜11:20の間で「がんばれ!ペナキッズ特別版」として10月のリニューアル後に放送した中から選んで再放送した。

当番組のリニューアル[編集]

  • 2006年10月1日放送分からオープニングやエンディングなどに使用される曲が変更された。
  • 2007年4月14日放送分から、毎週土曜日17:30〜18:00に移動した(『ウルトラマンメビウス』の後番組)。
  • 同時に字幕テロップの表示(以前は字幕の上に振り仮名がついていたがなくなった)・オープニングなどに使用される曲が全面的に変更された。
  • また、4月14日の放送からハイビジョン放送になった(オープニングの際、画面右上に「HV ハイビジョン制作」と表示される)。

出演者[編集]

過去の出演者[編集]

  • 中西直輝(CBCアナウンサー、ナレーション、2006年4月16日〜2007年4月8日)

スタッフ[編集]

ネット局[編集]

外部リンク[編集]

中部日本放送 日曜13時台後半
前番組 番組名 次番組
噂の!東京マガジン
TBSからのネット)
※CBCでのネット打ち切り。
がんばれ!ペナキッズ
(2006年4月16日 - 2007年3月25日)
中部日本放送 土曜17:30~18:00枠
ウルトラマンメビウス
(CBC発・TBS系一部地域ネット)
※大半の地域が遅れネットで、
tysOBSNBCは未放送
がんばれ!ペナキッズ
(2007年4月14日 - 2008年3月29日)
報道特集NEXT
(TBS制作)
※17:30~18:50