今村元気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
今村 元気 Swimming pictogram white.svg
国籍 日本の旗 日本
泳法 平泳ぎ
生年月日 (1982-03-17) 1982年3月17日(36歳)
生誕地 千葉県
身長 173㎝
体重 65㎏
 
獲得メダル
世界水泳選手権
2005 モントリオール 200m平泳ぎ
ユニバーシアード
2005 イズミル 200m平泳ぎ
東アジア競技大会
2005 マカオ 400mメドレーリレー
テンプレートを表示

今村 元気(いまむら げんき、1982年3月17日 - )は千葉県富里市出身の競泳選手。種目は平泳ぎ成田高等学校[1]東海大学出身[2]

経歴[編集]

名前の元気はがんばれ元気の主人公から名づけられた[3]。中学校までは野球をやっていたが[3]、中学3年の時に千葉県大会で4位になったことから水泳に転向した[2]。高校時代は2年よりインターハイに出場したものの決勝に残ることはできず平凡な選手であった[3]

東海大学に進学後、筋力トレーニング高地トレーニングボクシングなどの練習に取り組み、大幅に自己ベストを縮めた[3]

2003年、日本学生選手権水泳競技大会で優勝[4]、2004年の日本選手権200m平泳ぎでは2位となった[5]。同年のアテネオリンピックに出場、予選11位の2分14秒10で[6]準決勝に進出したが[7]ベストタイムを出せず[8]、決勝には進めなかった。

2005年、日本選手権の200m平泳ぎで北島康介を破った[9]。同年7月の世界水泳選手権の200m平泳ぎでは2分11秒54で銅メダルを獲得した[10]。8月、トルコイズミルで行われたユニバーシアードでも銅メダルを獲得した[11]。11月にマカオで行われた東アジア競技大会では400mメドレーリレー中野高高安亮佐藤久佳と出場、3分40秒59で銀メダルを獲得した[12]

オリンピック日本代表、世界選手権出場経験者などで立ち上げられた「LIENS(リアン)」という水泳チームのメンバーとなっている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 水泳・今村元気さん♪”. ☆ナレーター小坂由里子の今日もハッピー☆ (2010年9月23日). 2012年6月24日閲覧。
  2. ^ a b アテネ 2004 日本代表選手段”. 日本オリンピック委員会 (2004年). 2012年6月24日閲覧。
  3. ^ a b c d アテネで輝く 千葉から世界へ”. 読売新聞. 2012年6月24日閲覧。
  4. ^ 五輪代表メンバー”. 日刊スポーツ (2004年). 2012年6月24日閲覧。
  5. ^ アテネオリンピック特集 - 競泳 出場選手”. スポーツナビ (2004年). 2012年6月24日閲覧。
  6. ^ Men's 200 metres Breaststroke Round One”. sports-reference.com. 2012年6月24日閲覧。
  7. ^ 北島全体2位で200平準決勝進出”. 日刊スポーツ (2004年8月17日). 2012年6月24日閲覧。
  8. ^ 山西雄大 (2005年8月). “競泳:今村元気インタビュー Chapter1”. テレビ朝日. 2012年6月24日閲覧。
  9. ^ 北島康介が敗れる波乱 (1/3)競泳日本選手権 第1日”. スポーツナビ (2005年4月21日). 2005年9月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月24日閲覧。
  10. ^ 杉山桂介 (2005年7月30日). “今村元気 康介のために-銅メダルで得た自信”. スポーツナビ. 2012年6月24日閲覧。
  11. ^ 【イズミル大会・競泳】今村選手、200平泳ぎで銅メダル獲得!”. 日本オリンピック委員会 (2005年8月16日). 2012年6月24日閲覧。
  12. ^ 第4回東アジア競技大会(2005/マカオ)競技結果一覧(11月6日) (PDF)”. 日本オリンピック委員会 (2005年11月6日). 2012年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]