貴田裕美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

貴田 裕美(きだ ゆみ、1985年6月30日 - )は、日本競泳選手。専門は自由形長距離。群馬綜合ガードシステム(ALSOK群馬)社員。

人物[編集]

埼玉県で生まれるが、その後群馬県群馬郡群馬町に引っ越す。現在は合併もあって高崎市に住む。旧群馬町立堤ケ岡小学校、旧群馬町立南中学校(現・高崎市立群馬南中学校)、群馬県立高崎北高等学校を経て、共愛学園前橋国際大学を卒業。大学卒業までは、群馬藤岡スイミングスクールに籍を置いた。

水泳は、平泳ぎの選手として活躍し地元群馬大学2006年9月に卒業した(半年休学していたためという)姉の真美の影響で始めた。身長が160cmしかないこともあり、長身の山田沙知子柴田亜衣らの陰に隠れ、日本選手権では苦杯をなめ続けている。これを補う方法として、「ピッチ泳法」をとっている。

2010年、オープンウォータースイミングに参戦。ジャパンオープンで初優勝を果たし、パンパシフィック選手権では800m自由形と合わせて出場した。

2012年、ロンドンオリンピックオープンウォータースイミング出場を決めた[1]

戦歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • 貴田裕美 - バイオグラフィーとオリンピックでの成績(英語)