英語でしゃべらナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
英語でしゃべらナイト
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK放送センター
出演者 釈由美子
パトリック・ハーラン
押切もえ
八嶋智人
松本和也
青井実
ほか
音声 ステレオ放送
番組開始から
放送時間 月曜 23:15 - 23:45
放送期間 2003年3月31日 - 2006年3月
2006年4月から
放送時間 金曜 23:00 - 23:30
放送期間 2006年4月7日 - 2007年3月23日
2007年4月から
放送時間 月曜 23:00 - 23:30
放送期間 2007年4月2日 - 2009年3月16日
テンプレートを表示

英語でしゃべらナイト』(えいごでしゃべらナイト)とは、NHK総合テレビで放送された英語トークバラエティ番組である。本項目では、リメイク版である『実践!英語でしゃべらナイト』についても記述する。

2009年3月までのレギュラー放送のシリーズにおいては、語学教育番組には珍しく教育テレビでの放送ではなかった。

概要[編集]

2001年2002年に3回特別番組として放送され、好評だった[誰に?]ことを受けて2003年3月31日からレギュラー放送が開始。

毎回スタジオにゲストを招き、海外での体験など英語にまつわるエピソードでトークを繰り広げる。ゲストは俳優タレントスポーツ選手文化人などさまざま。特に世界で活躍する日本人が出演することが多い。海外や日本各地での全編ロケや、会場での公開放送の時もある。

ナレーションは、オープニングタイトル部・パックン英検の一部解説を除いて全て英語(日本語字幕あり)。日本人ゲストの紹介の時、人名は「姓→名」の順で発音も日本語のそれである。スタジオセットは無く、バックはオールCG

2006年4月7日に、オープニングテーマなどを変更、放送開始を金曜日23:00とする。しかし、教育テレビの『新感覚☆キーワードで英会話』と放送時間が重複し、同年10月からは『キーワードで英会話』を月曜日から木曜日までの放送に変更する。

こうした反省点を踏まえて、2007年4月より放送曜日が再び月曜日に戻り、同時に日本人レギュラーも刷新された。また、教育テレビで姉妹番組『えいごでしゃべらないとJr.』が開始される(事前番組が午前の学校放送枠の中で放送)。

2008年4月、デザイン・オープニングを変更し、英題を「Can you speak English?」から「Communication entertainment for a new era!」に変更する。

このような様々な変更があったものの、前述のような教育テレビにおける語学番組との兼ね合いにより、2009年3月16日をもって放送終了[1]。最終回は「大感謝祭スペシャル」として22:00 - 23:30の拡大版で放送した。以後は単発特番「英語でしゃべらナイト リターンズ」として放送されているほか、時事性を高めた新番組の企画も組まれ[2]、『TOKYO ニュースREMIX』として、この番組でナレーションを務めたジョン・カビラと実弟の川平慈英が出演した。

2009年5月29日
2009年12月17日、18日
2010年3月
この時は福岡局開局80周年企画として九州大学で収録。福岡県内向けに放送されたスポットでは、渡邊佐和子が放送で述べている80周年キャッチコピー「でも、まいにち、新しい。」を、パックンは“But there is something new everyday.”と訳し、収録に参加した学生らに復唱させた。ゲストは石田純一[3]

2008年1月2日放送の『英語でしゃべらナイト 新春SP[4]』では、衆議院議員麻生太郎が出演した。また、以前レギュラー出演していた釈由美子松本和也が再び出演した。

2011年4月より「実践!英語でしゃべらナイト」のタイトルに改め、チャンネルをNHK教育テレビジョンに移して復活することになった。ビジネス向きの実践的な内容に衣替えする[5]

放送時間[編集]

  • 2003年3月31日 - 2006年3月:月曜日 23:15 - 23:45
  • 2006年4月 - 2007年3月23日:金曜日 23:00 - 23:30
  • 2007年4月 - 2009年3月
    • 総合テレビ
      本放送:月曜日 23:00 - 23:30、再放送:同週金曜日 3:10 - 3:40(木曜深夜)・同週金曜日 15:15 - 15:45
    • BS 2
      木曜日 8:30 - 9:00のみ。再放送は無し。難視聴解消を目的とした放送である。
NHKワールド・プレミアム

出演者[編集]

レギュラー[編集]

2001年度・2002年度
  • 菊川怜 - 番組がレギュラー放送となった2003年以降はゲスト出演している。
2003年度 - 2006年度
2007年度 - 2010年度

単発番組も含む。

2011年度以降
  • パトリック・ハーラン
  • 青井実

ナレーション[編集]

コーナー[編集]

セレブインタビュー
外国のセレブリティにレギュラー出演者などが通訳なしでインタビューする。
パックン英検
ある英単語についてパックンが英語で説明し、その英単語が何かを出演者が当てるクイズ。
八嶋の楽屋
八嶋が自身の楽屋の電話で謎の女性、アリスにたじたじとなりながら会話をする。視聴者にも字幕は出ず、「何を言っているのか考えてください。」と表示され、リスニングの力を鍛えられる。
丸の内ZEN(禅)問答
2011年度の実践編からのミニコーナー。パックンが出題する英文を青井が回答する。

テーマ曲[編集]

書籍[編集]

  • NHK英語でしゃべらナイト(2004年9月創刊 ・ 隔月刊(奇数月)発売、株式会社アスコム取り扱い)

関連番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 教育テレビは、ラジオ第2放送とともに、地球温暖化対策としての放送時間(番組枠)削減が長期的な課題となっており[要出典]2009年度、それまで以上に時間帯ごとのコンセプトが明確化された。月曜から木曜までの深夜帯については、英語以外の語学講座が24時台に纏められ、日曜朝の再放送が廃止、土曜に移された。英語についても、月曜から木曜までの23時台前半に集約された。2008年度は、『しゃべらナイト』の時間帯における教育テレビは中国語の講座であったが、これについても上記ルールにより、『コーパス100!で英会話』と『リトル・チャロ カラダにしみこむ英会話』に変更された。また、教育テレビの英語講座自体も、NHKワールドTVの全面刷新に代表される日本からの情報発信強化などの取り組みと関連し、後日再放送無しのニュースを素材とした講座『ニュースで英会話』シリーズがスタートするなど、大幅な見直しが行われている。
  2. ^ 「英語でしゃべらナイト」THE END NHK、時事性高め秋に新番組 - ウェイバックマシン(2009年2月7日アーカイブ分) - 産経新聞(2009年2月7日)
  3. ^ 新たな妻となった東尾理子が、実は父・ライオンズ福岡存在時に生まれた一人娘であるという因縁つきだった。
  4. ^ この時はスタジオにセットが組まれた。この時、釈が以前秋葉原にてロケをした際の映像で、メイド服での登場姿が再び放送された。また、お正月に放送されたので、男性羽織女性振袖姿(ゲストの麻生はスーツ)で登場した。
  5. ^ 「しゃべらナイト」復活!教育テレビで - 芸能 - SANSPO.COM - ウェイバックマシン(2011年1月24日アーカイブ分)
  6. ^ また、英語での曲紹介に挑戦するシーンが見られた。曲紹介する際の出演者はその後番組ナレーターを務めたクリスであり、クリスやカビラ、パックンはJ-WAVEにも深い関係がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK総合テレビ 月曜23:15 - 23:30枠
前番組 番組名 次番組
英語でしゃべらナイト
(2003年4月 - 2006年3月)
プレミアム10
※22:00 - 23:30
NHK総合テレビ 月曜23:30 - 23:45枠
親の顔が見てみたい?
※23:15 - 23:45
英語でしゃべらナイト
(2003年4月 - 2006年3月)
スポーツ&ニュース
※23:30 - 23:55
【平日】
NHK総合テレビ 金曜23:00 - 23:30枠
英語でしゃべらナイト
(2006年4月 - 2007年3月)
プレミアム10(2007年4月 - 9月)
23時より原則隔週で「爆笑問題のニッポンの教養
NHK総合テレビ 月曜23:00 - 23:30枠
プレミアム10
※22:00 - 23:30
【金曜の同時間に移動して継続】
英語でしゃべらナイト
(2007年4月 - 2009年3月)
スポーツ大陸
※22:45 - 23:30
【金曜22時台から移動】
NHK教育テレビ 金曜23時前半枠
前番組 番組名 次番組
実践!英語でしゃべらナイト
ミュージック・ポートレイト
シーズン1
※23:00 - 23:30