鹿島瞳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
競泳
世界短水路選手権
1997 ヨーテボリ 女子200mバタフライ
アジア競技大会
1998 バンコク 女子100mバタフライ
1998 バンコク 女子200mバタフライ

鹿島 瞳(かしまひとみ、1980年2月26日 - )は、日本の元女子競泳選手。東京都豊島区出身。日本大学文理学部体育学科卒[1]

人物[編集]

東京立正高等学校在学中[2]1996年の日本水泳選手権の200mバタフライで1位となり、アトランタオリンピック日本代表となった。アトランタオリンピックでは100mで4位となったが得意の200mでは決勝に残れず14位に終わった[3]

1997年世界短水路選手権200mバタフライで銀メダル、1998年バンコクアジア大会では100m、200mでそれぞれ銅メダルを獲得した。

2000年シドニーオリンピックには出場できず、2001年宮城国体を最後に引退した。

鹿島の現役当時のバタフライでは潜水泳法が認められており200mバタフライで日本記録を作ったが、同泳法が禁止となった4年後にその記録を三田真希が更新した[4]

現在は和歌山県白浜町に在住、4児の母で、田辺市のスポーツクラブのスタッフとして勤務している[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本大学(日大文理のアスリートたち)
  2. ^ アトランタ大会出場日本選手・競泳”. JOC. 2011年5月22日閲覧。
  3. ^ JOC企画テレビ番組オリンピックへの道”. 日本オリンピック委員会 (1998年6月). 2011年5月22日閲覧。
  4. ^ 雌伏1年決意新たに”. 西日本新聞 (2001年7月). 2011年5月22日閲覧。
  5. ^ タナベスポーツプラザ(スタッフ紹介)

外部リンク[編集]