東京立正中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京立正中学校・高等学校
過去の名称 立正高等女学校
立正中学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人堀之内学園
設立年月日 1927年4月
創立者 岡田日帰上人
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合 有)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 13680J
所在地 166-0013
東京都杉並区堀ノ内2-41-15
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京立正中学校・高等学校(とうきょうりっしょう ちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都杉並区堀ノ内にある私立中学校高等学校で、日蓮宗日圓山妙法寺の山主であった岡田帰人上人により創設された堀の内学園が母体となっている。中学校から入学する内部進学の生徒と高等学校から入学する外部進学の生徒が高等学校第1学年から混合クラスになる併設型中高一貫校であり[1]男女共学

立正大学付属立正中学校・高等学校は別学校である。

沿革[編集]

進路[編集]

例年アドバンストコースから早稲田大学東京理科大学明治大学中央大学立教大学法政大学等の難関大学に数名進学している。スタンダードコースはAO入試指定校推薦が大半を占める。

交通[編集]

主な出身者[編集]

脚注及び参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京立正高校の学校情報(高校受験パスナビ)(旺文社)の「ワンポイント情報」によれば、「内部進学生とは1年次から混合クラス。」と表記されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]