池上駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池上駅
池上駅北口20210409.jpg
北口(2021年4月)
いけがみ
Ikegami
IK12 千鳥町 (1.1 km)
(1.0 km) 蓮沼 IK14
所在地 東京都大田区池上六丁目3番10号
北緯35度34分19.5秒 東経139度42分10.3秒 / 北緯35.572083度 東経139.702861度 / 35.572083; 139.702861座標: 北緯35度34分19.5秒 東経139度42分10.3秒 / 北緯35.572083度 東経139.702861度 / 35.572083; 139.702861
駅番号 IK13
所属事業者 東急電鉄
所属路線 池上線
キロ程 9.1 km(五反田起点)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
27,763人/日
-2020年-
開業年月日 1922年大正11年)10月6日
テンプレートを表示

池上駅(いけがみえき)は、東京都大田区池上六丁目にある、東急電鉄池上線である。駅番号IK13

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

駅名は仏教日蓮宗本山である「池上本門寺」に因んで付けられたもの。

「池上」は元の地名は「池亀」であった。かつてはこの一帯は湿地帯が多く、この池にが多く住んでいたことが由来であるが、その後今の「池上」に改められた。地名の由来は洗足池(千束池)が本門寺のふもとまであり、その周辺の村であったから、または蓮沼(池)の上部に位置する地域から「池上」と名付けられたとする地形説と、鎌倉時代の当地の領主・池上右衛門太夫宗仲の姓から付けられたとする姓氏説がある。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。駅ビル「etomo(エトモ)池上」を併設した橋上駅舎を有し、改札は2階にある。

出入口は北口・南口・東口の3か所で、エレベーター、エスカレーター、階段が設置されている。このうち北口・東口側のエレベーターは駅ビルと併用している。

2020年7月18日まで使用されていた駅舎は、蒲田方面ホーム側に立地しており、五反田方面ホームへは構内踏切を経由する必要があった。

東急が進める「木になる駅」プロジェクトの対象となり、駅ビルのエトモ池上の開業に合わせ改修が行われ、壁面などに木材を使用するリニューアル化が図られた。駅ビルは5階建てで、スーパー等の商業施設のほか、4階には大田区立池上図書館、5階には池上総合病院付属クリニックが入居している。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 IK 池上線 下り 蒲田方面[5]
2 上り 雪が谷大塚旗の台五反田方面[6]

(出典:東急電鉄:駅構内図

利用状況[編集]

2020年(令和2年)度の1日平均乗降人員27,763人である[7]五反田蒲田両ターミナル駅を除き池上線中最多である。

近年の1日平均乗降乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[8]
年度 1日平均
乗降人員[9]
1日平均
乗車人員[10]
出典
1990年(平成02年) 18,663 [* 1]
1991年(平成03年) 18,587 [* 2]
1992年(平成04年) 18,342 [* 3]
1993年(平成05年) 18,238 [* 4]
1994年(平成06年) 18,074 [* 5]
1995年(平成07年) 17,893 [* 6]
1996年(平成08年) 17,638 [* 7]
1997年(平成09年) 17,466 [* 8]
1998年(平成10年) 16,748 [* 9]
1999年(平成11年) 16,456 [* 10]
2000年(平成12年) 16,312 [* 11]
2001年(平成13年) 16,123 [* 12]
2002年(平成14年) 15,978 [* 13]
2003年(平成15年) 31,170 16,117 [* 14]
2004年(平成16年) 31,763 16,068 [* 15]
2005年(平成17年) 31,664 16,057 [* 16]
2006年(平成18年) 32,904 16,266 [* 17]
2007年(平成19年) 33,307 16,828 [* 18]
2008年(平成20年) 33,947 17,129 [* 19]
2009年(平成21年) 33,580 16,942 [* 20]
2010年(平成22年) 33,764 17,014 [* 21]
2011年(平成23年) 33,276 16,773 [* 22]
2012年(平成24年) 33,862 17,052 [* 23]
2013年(平成25年) 34,257 17,227 [* 24]
2014年(平成26年) 34,252 17,241 [* 25]
2015年(平成27年) 35,324 17,781 [* 26]
2016年(平成28年) 35,850 18,014 [* 27]
2017年(平成29年) 36,671 18,436 [* 28]
2018年(平成30年) 36,929 18,518 [* 29]
2019年(令和元年) 36,564 18,350 [* 30]
2020年(令和02年) 27,763

駅周辺[編集]

池上本門寺

東急は大田区役所や東京都庁と連携して、周辺で空き家リノベーションなど街づくり事業を進めている[11]

バス路線[編集]

毎年10月12日夕刻からは池上本門寺お会式のため大規模交通規制が行われ駅周辺も車両通行禁止となる。通常は駅構内に進入する路線バスも規制境界近くのバス停で折り返し運行となる。

全路線東急バスが運行する。

路線の担当は森01系統が荏原営業所、それ以外は全て池上営業所である。かつては淡島営業所駒沢営業所のほか、他社の路線も京浜急行バス羽田営業所都営バス品川営業所が乗り入れていた。

隣の駅[編集]

東急電鉄
IK 池上線
千鳥町駅 (IK12) - 池上駅 (IK13) - 蓮沼駅 (IK14)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “2021年春、生まれ変わった池上駅に、駅直結型商業施設「エトモ池上」が開業 〜子育て支援施設が充実、日々の暮らしを支え、彩る、門前町の新しいシンボルが誕生します〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東急, (2020年8月7日), オリジナルの2020年8月12日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200812053506/https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20200807_1.pdf 2020年8月13日閲覧。 
  2. ^ a b 7月19日(日)池上線池上駅の新しい玄関口となる北口と南口の運用を開始しました” (日本語). 東急電鉄 (2020年7月19日). 2020年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月20日閲覧。
  3. ^ “3月30日(火)、池上線池上駅直結商業施設「エトモ池上」がグランドオープン 〜旧池上駅舎の古材「えきもく」が新しい駅ビルの中で活用され、記憶が継承されます〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東急, (2021年2月25日), オリジナルの2021年2月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210226030919/https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20210225-1.pdf 2021年2月26日閲覧。 
  4. ^ “2021年3月下旬開業 池上線池上駅直結商業施設 〜「エトモ池上」の全26店舗の出店決定食」の選択肢が充実&「図書館×カフェ」による新しい居場所が誕生します〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東急, (2020年12月2日), オリジナルの2020年12月2日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201203020904/https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20201202-1.pdf 2020年12月3日閲覧。 
  5. ^ 池上線標準時刻表 池上駅 蒲田方面”. 東急電鉄. 2019年11月19日閲覧。
  6. ^ 池上線標準時刻表 池上駅 五反田方面”. 東急電鉄. 2019年11月19日閲覧。
  7. ^ 2020年度乗降人員 - 東急電鉄
  8. ^ 大田区政ファイル - 大田区
  9. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  10. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  11. ^ “「令和元年度エリアリノベーション推進支援事業」の採択事業を決定しました” (日本語) (プレスリリース), 東京都住宅政策本部, (2019年11月11日), オリジナルの2020年7月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200720211240/https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/11/11/12.html 2020年7月20日閲覧。 

利用状況[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]