池上駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
池上駅
駅入口(2012年7月)
駅入口(2012年7月)
いけがみ
Ikegami
IK12 千鳥町 (1.1km)
(1.0km) 蓮沼 IK14
所在地 東京都大田区池上六丁目3番10号
駅番号  IK 13 
所属事業者 東京急行電鉄
所属路線 池上線
キロ程 9.1km(五反田起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
36,671人/日
-2017年-
開業年月日 1922年大正11年)10月6日
テンプレートを表示
ホーム(2008年8月)

池上駅(いけがみえき)は、東京都大田区池上六丁目にある、東京急行電鉄池上線である。駅番号IK13

1922年大正11年)、池上電気鉄道当駅 - 蒲田駅間開通とともに開業し、当時は主に池上本門寺への参拝客のための鉄道として運営していた。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。駅舎は蒲田方面ホーム側に立地し、五反田方面ホームへは構内踏切を経由する。池上線・多摩川線の各駅ではワンマン運転実施にともなって安全性の向上を図るため構内踏切を廃止し、多くは上下線ホーム別の駅舎・改札口を整備したが、当駅は改札口を新設する用地がないため、構内に踏切を残した経緯がある。現在では東急線唯一の旅客用構内踏切である。

構内踏切は手動操作が可能で、下りホームの先端に操作用のスイッチが入った箱が設置されている。普段は鎖錠されているが、主に朝ラッシュ時に駅係員が下りホームの進入監視業務や出発監視業務を行う際、下りの蒲田行きの列車が到着した時に使用される(当駅は混雑が激しく、特に下り列車は乗降に時間がかかってしまうため構内踏切を長時間塞いでしまう。この時に上りホームからの降車客や改札通路の乗車客が踏切前に大勢滞留して危険なため、手動操作スイッチを使って一時的に踏切の遮断機を強制的に開く)このほか、毎年10月11日から10月13日にかけて池上本門寺で開催されるお会式の際もホームや通路が激しい混雑となるため駅係員が臨時にホームの監視を行い、この際に手動操作スイッチも使用される。手動操作スイッチを使用して遮断機を開けた時は事故防止対策として、下り線の出発信号機が一時的に停止信号になり、踏切動作反応灯も一時的に消灯する仕組みになっているほか、上りの五反田方面の列車が接近してきたときは強制的に踏切が動作して遮断機が閉まるようになっている。

改札を入ってすぐ左側は柵で構内と外が仕切られており、通常は数台の自動販売機が置かれているが、池上本門寺お会式の際には自動販売機が移動され臨時改札(有人)が設けられる。

東急電鉄は2017年4月、6月から駅舎の改良と5階建て駅ビル開発に着手し、2020年9月末に開業させる計画を発表した。改札を南側にも新設するとともに北側を橋上化して、構内踏切を廃止する。駅ビルは本門寺やその門前町であることを彷彿とさせるデザインにするとともに、保育所や店舗などを入居させ、来街者と地元住民の双方にとって駅の利便性を高める[1]。新駅舎への建て替え工事に伴い、駅舎を2018年3月6日に仮駅舎へ移行し、旧駅舎は3月中に解体された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 IK 池上線 下り 蒲田方面
2 上り 雪が谷大塚旗の台五反田方面

利用状況[編集]

2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員36,671人である[2]五反田蒲田両ターミナル駅を除き池上線中最多である。

近年の1日平均乗降人員乗車人員は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[3]
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[5]
出典
1990年(平成02年) 18,663 [* 1]
1991年(平成03年) 18,587 [* 2]
1992年(平成04年) 18,342 [* 3]
1993年(平成05年) 18,238 [* 4]
1994年(平成06年) 18,074 [* 5]
1995年(平成07年) 17,893 [* 6]
1996年(平成08年) 17,638 [* 7]
1997年(平成09年) 17,466 [* 8]
1998年(平成10年) 16,748 [* 9]
1999年(平成11年) 16,456 [* 10]
2000年(平成12年) 16,312 [* 11]
2001年(平成13年) 16,123 [* 12]
2002年(平成14年) 15,978 [* 13]
2003年(平成15年) 31,170 16,117 [* 14]
2004年(平成16年) 31,763 16,068 [* 15]
2005年(平成17年) 31,664 16,057 [* 16]
2006年(平成18年) 32,904 16,266 [* 17]
2007年(平成19年) 33,307 16,828 [* 18]
2008年(平成20年) 33,947 17,129 [* 19]
2009年(平成21年) 33,580 16,942 [* 20]
2010年(平成22年) 33,764 17,014 [* 21]
2011年(平成23年) 33,276 16,773 [* 22]
2012年(平成24年) 33,862 17,052 [* 23]
2013年(平成25年) 34,257 17,227 [* 24]
2014年(平成26年) 34,252 17,241 [* 25]
2015年(平成27年) 35,324 17,781 [* 26]
2016年(平成28年) 35,850 18,014 [* 27]
2017年(平成29年) 36,671

駅周辺[編集]

池上本門寺

バス路線[編集]

毎年10月12日夕刻からは池上本門寺お会式のため大規模交通規制が行われ駅周辺も車両通行禁止となる。通常は駅構内に進入する路線バスも規制境界近くのバス停で折り返し運行となる。

全路線東急バスが運行する。

  • <品94> 蒲田駅 - 池上駅 - 大田文化の森 - 大森駅 - 大井町駅 - 品川駅
  • <井03> 蒲田駅 - 池上駅 - 大田文化の森 - 大森駅 - 大井町駅(夜間のみ運行)
  • <井09> 池上駅 - 大田文化の森 - 大森駅 - 大井町駅
  • <森04> 池上駅 - 大田文化の森 - 大森駅(深夜バス
  • <森05> 大森操車所 - 大森駅 - 大田文化の森 - 池上駅 - 池上警察署 - 上池上 - 洗足池
    • <森05>洗足池行は駅構内に進入しないため池上通りに専用バス停がある。
  • <森06><森07> 大森駅 - 大田文化の森 - 池上駅 - 本門寺裏 - 上池上 - 夫婦坂 - 馬込駅 - 大森駅
    • 池上駅から見た時、森06が本門寺裏・上池上方面(外回り)、森07が大田文化の森・大森駅方面(内回り)。
  • <森01> 蒲田駅 - 池上駅 - 池上警察署 - 西馬込駅 - 大田文化の森 - 大森駅 - 大森操車所(平日日中のみ運行)

路線の担当は森01系統が荏原営業所、それ以外はすべて池上営業所である。かつては淡島営業所駒沢営業所のほか、他者の路線も京浜急行バス羽田営業所(現・羽田京急バス東京営業所)や都営バス品川営業所が乗り入れていた。

駅名の由来[編集]

駅名は日蓮宗の本山である「池上本門寺」に因んで付けられたもの。

「池上」は元の地名は「池亀」であった。かつてはこの一帯は湿地帯で池が多く、この池にが多く住んでいたことが由来であるが、その後今の「池上」に改められた。地名の由来は洗足池(千束池)が本門寺のふもとまであり、その周辺の村であったから、または蓮沼(池)の上部に位置する地域から「池上」と名付けられたとする地形説と、鎌倉時代の当地の領主・池上右衛門太夫宗仲の姓から付けられたとする姓氏説がある。

隣の駅[編集]

TokyuLogotype.svg 東京急行電鉄
IK 池上線
千鳥町駅 (IK12) - 池上駅 (IK13) - 蓮沼駅 (IK14)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 門前町・池上の玄関口である池上駅の駅舎改良および駅ビル開発計画が始動 (PDF)”. 東急電鉄プレスリリース. 2017年5月18日閲覧。
  2. ^ 2017年度乗降人員 - 東急電鉄
  3. ^ 品川区の統計 - 品川区
  4. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  5. ^ 東京都統計年鑑

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]