日光交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日光交通株式会社
Nikko-koutsu co.,ltd.
本社・日光営業所
本社・日光営業所
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
321-1413
栃木県日光市相生町8-1[1]
設立 1955年5月25日[1]
業種 陸運業
法人番号 5010601013997
事業内容 一般乗用旅客自動車運送事業
一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
普通索道による旅客運送事業
飲食店および売店の経営
駐車場の経営[1]
代表者 代表取締役社長 渡辺 剛志[1]
資本金 1423万円[1]
純利益 ▲5402万1000円
(2022年03月31日時点)[2]
総資産 6億1564万3000円
(2022年03月31日時点)[2]
従業員数 100名[1]
主要株主 東武鉄道
外部リンク https://www.nikko-kotsu.co.jp/
テンプレートを表示

日光交通株式会社(にっこうこうつう)は、栃木県日光市に本社を置く東武グループの交通事業者で、日光市内にてタクシー路線バス貸切バスロープウェイなどを運営している。

東武グループにおけるバスおよびタクシー事業者として、朝日自動車による朝日自動車グループの統括下にある。

概要・事業所[編集]

  • 商号 : 日光交通株式会社[1]
  • 所在地 : 栃木県日光市相生町8番1号[1]

現在の営業所[編集]

日光営業所[1]
  • 本社併設
ダイヤル営業所[1]
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1390

以前あった営業所[編集]

宇都宮営業所(栃木県宇都宮市上横田町819-3)[3]
  • 旧・陽南タクシー株式会社を日光交通が吸収合併した際、宇都宮営業所として設置したもの。陽南タクシーは、1993年10月に小山市の大晃タクシー(後に陽南タクシー小山営業所[4])を吸収合併しており、宇都宮交通圏と栃木県南交通圏、茨城県結城市を営業エリアとしタクシー事業を展開していた[5]。2011年11月30日をもって閉鎖[6]
鬼怒川営業所(栃木県塩谷郡藤原町藤原19)[4]
川治営業所(栃木県塩谷郡藤原町高原56-3)[4]
今市営業所(栃木県今市市今市1118)[4]
高徳営業所(栃木県塩谷郡藤原町高徳465)[4]
清滝営業所(栃木県日光市清滝町500)[4]
中宮祠営業所(栃木県日光市中宮祠2478-1)[4]
湯西川営業所(栃木県塩谷郡栗山村湯西川666)[4]

沿革[編集]

  • 1955年昭和30年)
    • 5月25日 - 日光交通株式会社設立[1]
    • 6月 - 乗用事業開始[5]
  • 1985年(昭和60年)
    • 3月 - 貸切事業開始[5]
    • 4月1日 - 明智平ロープウェイ施設を東武鉄道より譲受、営業開始[5]
    • 10月 - 足尾町より町営バスの運行受託[5]
  • 1990年(平成2年)4月 - 藤原町よりスクールバス運行受託[5]
  • 1993年平成5年)
    • 4月 - 東武レジャーサービスを吸収合併し、明智平ロープウェイとドライブインを一体化[5]
    • 4月26日 - 奥日光地区低公害バス受託運行開始
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 日光観光ハイヤー(栃木県日光市相生12-1[4])を吸収合併[5]
  • 1999年(平成11年) - 日光の定期観光バス運行を東武鉄道より移管される[7]
  • 2008年(平成20年)3月6日 - 東武ダイヤルバスを吸収合併、ダイヤル営業所を設置[8]
  • 2011年(平成23年)11月30日 - 宇都宮営業所閉鎖[6]
  • 2013年(平成25年)3月31日 - 定期観光バスを東武バス日光に移管[9]
  • 2021年(令和3年)年度 - 低公害バスの受託運行終了(2022年4月より東武バス日光が運行[10])。

事業内容[編集]

一般路線バス[編集]

2008年に鬼怒川地区を営業拠点としていた東武ダイヤルバス株式会社(東武グループ)を日光交通が吸収合併、日光交通ダイヤル営業所とし、日光・下今市・鬼怒川温泉・湯西川温泉エリアにて路線バスを運行している[11]

鬼怒川温泉駅・ホテル間循環バス(ダイヤルバス)[編集]

元東武ダイヤルバスの事業のうち、鬼怒川地区のホテルと鬼怒川温泉駅間の共同送迎バス。統合後もブランドとして「ダイヤルバス」の名称を使っていたが[13]、現在は公式には「鬼怒川温泉駅・ホテル間循環バス」という名称となっている[14]。ただし、各ホテルでは多くがダイヤルバスという表記を続けている[15]ほか、車体の社名表記が「日光交通 ダィヤルバス」となっている。鬼怒川温泉駅発は、12時00分着 - 19時01分着の列車到着を受けて鬼怒川温泉街のホテル・旅館を回る[14]。各ホテル・旅館発鬼怒川温泉駅行は、8時 - 10時40分の間20分間隔で運行しており、事前に各ホテル・旅館のフロントへ申し出る必要がある[14]。乗合車両又は中型・小型貸切車が使用される。

ホテル発テーマパーク行き直通バス[編集]

鬼怒川温泉駅から各ホテル・旅館を回り、東武ワールドスクウェア及び日光江戸村へ向かう。事前に各ホテル・旅館のフロントへ申し出る必要がある[16]

日光・鬼怒川直通バス(日光・鬼怒川エクスプレス)[編集]

鬼怒川温泉駅と東武日光駅及び西参道を結ぶ予約制の直行バス(企画:東武ステーションサービス)。 2019年時点では1日2往復設定されていたが[17]、2020年4月から当面の間運休となっている[18]

  • 大型又は中型貸切車を使用し、西参道行は鬼怒川温泉駅から、鬼怒川温泉駅行は西参道と日光金谷ホテルと東武日光駅からのみ乗車できる。
    • 鬼怒川温泉駅→神橋→日光金谷ホテル→西参道
    • 西参道→日光金谷ホテル→東武日光駅→日光江戸村→東武ワールドスクウェア→鬼怒川温泉駅

受託運行路線バス[編集]

観光バス[編集]

ダイヤル営業所で受け付けている。日光交通・旧東武ダイヤルバス双方が営業していた事業。

明智平ロープウェイ(日光普通索道)[編集]

  • 明智平 - 展望台(0.3km)

パノラマレストハウス(ドライブイン)などと共に東武鉄道が所有・運営していたが、ロープウェイは1985年(昭和60年)4月1日に譲渡された。パノラマレストハウスは東武レジャサービスが運営していたが、1993年に同社を吸収合併し以後一体運営とした。

タクシー[編集]

タクシー

5人乗りの日産・セドリックと9人乗りのトヨタ・ハイエースで運行されている。観光モデルコースも存在する[19]

運行終了[編集]

  • 日光地区の定期観光バス
    1999年から2013年まで運行していたが、東武バス日光に移管されている[9]
  • 低公害バス(委託元:栃木県立日光自然博物館
    栃木県所有の車両を使用
    奥日光・戦場ヶ原の赤沼車庫から中禅寺湖畔の千手ヶ浜までの一般車通行禁止区間を往復しており、2021年時点では専用カラーのハイブリッドバス2台とEVバス1台で運行[20]
    運行開始の1993年度から2021年度まで受託運行していた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 会社概要”. 日光交通. 2020年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 日光交通株式会社 第87期決算公告
  3. ^ 宇都宮地区タクシーのご案内”. 日光交通. 2011年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 「東武時刻表(第12号)」東武鉄道 1994年 p314
  5. ^ a b c d e f g h 「東武鉄道百年史(資料編)」東武鉄道 1998年
  6. ^ a b 宇都宮営業所閉鎖のご挨拶 (PDF)”. 日光交通. 2012年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧。
  7. ^ 「バスジャパンハンドブックシリーズ54 朝日自動車」星雲社 2005年
  8. ^ 10.運輸・通信」(PDF) 『栃木県統計年鑑 平成21年版』栃木県、129頁http://www.pref.tochigi.lg.jp/c04/pref/toukei/toukei/documents/10-unyutuushin.pdf2020年10月4日閲覧 
  9. ^ a b 日光定期観光バス終了のお知らせ”. 日光交通 (2013年4月1日). 2013年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月21日閲覧。
  10. ^ 本日4/23(土)より、 #東武バス日光 にて赤沼奥日光低公害バスの運行を開始いたしました!東武バス【公式】twitter(2022年4月23日閲覧)
  11. ^ 路線バス”. 日光交通. 2020年10月4日閲覧。
  12. ^ 消費税率引き上げに伴う路線バス(乗合バス)運賃の改定および路線バス・鬼怒川線の一部区間廃止・運行時刻の変更について | 最新情報 | 日光交通株式会社
  13. ^ ダイヤルバス”. 日光交通. 2018年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧。
  14. ^ a b c 鬼怒川温泉駅・ホテル間循環バス”. 日光交通. 2020年10月4日閲覧。
  15. ^ アクセス | 鬼怒川温泉あさやホテル【公式】
  16. ^ ホテル発テーマパーク行き直通バス”. 日光交通. 2020年10月4日閲覧。
  17. ^ 日光・鬼怒川直通バス(日光・鬼怒川エクスプレス)”. 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧。
  18. ^ 日光・鬼怒川直通バス(日光・鬼怒川エクスプレス)”. 日光交通. 2020年10月4日閲覧。
  19. ^ 観光タクシー”. 日光交通. 2020年10月4日閲覧。
  20. ^ 奥日光「低公害バス」運行開始のお知らせ日光自然博物館

関連項目[編集]

外部リンク[編集]