横浜火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横浜火力発電所
横浜火力発電所(2009年8月)
横浜火力発電所の位置(横浜市内)
横浜火力発電所
横浜市における横浜火力発電所の位置
横浜火力発電所の位置(神奈川県内)
横浜火力発電所
横浜市における横浜火力発電所の位置
正式名称 東京電力株式会社横浜火力発電所
日本の旗 日本
所在地 神奈川県横浜市鶴見区大黒町11-1
座標 北緯35度28分26.2秒 東経139度40分43.2秒 / 北緯35.473944度 東経139.678667度 / 35.473944; 139.678667 (横浜火力発電所)座標: 北緯35度28分26.2秒 東経139度40分43.2秒 / 北緯35.473944度 東経139.678667度 / 35.473944; 139.678667 (横浜火力発電所)
現況 運転中
運転開始 5号機:1964年3月
6号機:1968年6月
7号系列:1998年1月
8号系列:1998年1月
運転終了 1号機:2000年3月
2号機:2000年3月
3号機:2000年3月
4号機:2004年12月20日
事業主体 東京電力
発電所
主要動力源 LNG
二次動力源 重油原油NGL(5、6号機のみ)
発電機数 10基
熱効率 5号機:41.6%(LHV)
6号機:42.2%(LHV)
7-3号:54.1%(LHV)
7-1、2、4号:55.8%(LHV)
8-2号:54.1%(LHV)
8-1、3、4号:55.8%(LHV)
コンバインド
サイクル発電
7号系列:ACC方式採用
8号系列:ACC方式採用
発電量
定格出力 総出力:346万kW
  5号機:17.5万kW
  6号機:35万kW
  7号系列:148.1万kW
  8号系列:148.1万kW
ウェブサイト
東京電力 横浜火力発電所
2016年8月1日現在
テンプレートを表示

横浜火力発電所(よこはまかりょくはつでんしょ)は神奈川県横浜市鶴見区大黒町11-1にある東京電力天然ガス石油火力発電所

概要[編集]

2009年8月1日撮影

1962年8月に1号機が運転を開始、6号機までが建設された。当初、石油専焼であったが、後にLNG・石油混焼となった。

その後、電力需要の増加に対応するため1998年1月には排熱回収型コンバインドサイクル発電方式の7、8号系列が増設された[1]。この7、8号系列においては国内事業用火力としては初めてガスタービンの起動にサイリスタ起動方式を採用した。一方、設備の老朽化に伴い2000年3月には1〜3号機が、2004年12月には4号機が廃止された[2]

主な燃料であるLNGは、東扇島火力発電所に併設されたLNG基地からパイプラインにより供給を受けている。

2本立ち並ぶ高さ地上200mの排気塔は、周辺にある横浜ベイブリッジおよび鶴見つばさ橋に合わせたライトアップを行っていたが、現在は取り止めている。

2015年からは、7号系列および8号系列の全8軸について発電効率の向上および増出力を目的に、ガスタービンおよび高中圧蒸気タービンの取替工事を順次実施しており、これにより発電効率が1.7%向上、出力が2.7万kW増加する。2017年4月時点では7-1、2、4号、8-1、3、4号の6軸の取替工事が完了している[3]。 なお、5、6号機については、旧式化、経年劣化が進み2016年4月1日より長期計画停止となった[4]

発電設備[編集]

  • 総出力:343.3万kW(2016年8月1日現在)[5]
  • 敷地面積:約43万m2
5号機(2016年4月1日より長期計画停止中)
発電方式:汽力発電方式
定格出力:17.5万kW
使用燃料:LNG重油原油NGL
熱効率:41.6%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1964年3月
6号機(2016年4月1日より長期計画停止中)
発電方式:汽力発電方式
定格出力:35万kW
使用燃料:LNG、重油、原油、NGL
熱効率:42.2%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1968年6月
7号系列
発電方式:1,300℃級改良型コンバインドサイクル発電(Advanced Combined Cycle)方式
定格出力:148.1万kW(35万kW × 1軸、37.7万kW × 3軸)
 ガスタービン:22.5万kW × 4軸(取替工事前の出力)
 蒸気タービン:12.5万kW × 4軸(取替工事前の出力)
使用燃料:LNG
熱効率(低位発熱量基準)
 7-3号:54.1%
 7-1、2、4号:55.8%
営業運転開始
 7-1号:1998年1月
 7-2号:1997年10月
 7-3号:1997年1月
 7-4号:1996年6月
ガスタービン等取替工事
 7-1号:2016年7月29日
 7-2号:2015年7月30日
 7-3号:2017年7月予定
 7-4号:2016年12月25日
8号系列
発電方式:1,300℃級改良型コンバインドサイクル発電(ACC)方式
定格出力:148.1万kW(35万kW × 1軸、37.7万kW × 3軸)
 ガスタービン:22.5万kW × 4軸(取替工事前の出力)
 蒸気タービン:12.5万kW × 4軸(取替工事前の出力)
使用燃料:LNG
熱効率(低位発熱量基準)
 8-2号:54.1%
 8-1、3、4号:55.8%
営業運転開始
 8-1号:1996年7月
 8-2号:1997年2月
 8-3号:1997年10月
 8-4号:1998年1月
ガスタービン等取替工事
 8-1号:2017年4月28日
 8-2号:2018年1月予定
 8-3号:2016年1月6日
 8-4号:2016年5月8日

廃止された発電設備[編集]

  • 発電方式:汽力発電方式
1号機(廃止)
定格出力:17.5万kW
使用燃料:重油、原油、LNG
熱効率:41.6%(低位発熱量基準)
営業運転期間:1962年8月 - 2000年3月
2号機(廃止)
定格出力:17.5万kW
使用燃料:重油、原油、LNG
熱効率:41.6%(低位発熱量基準)
営業運転期間:1962年10月 - 2000年3月
3号機(廃止)
定格出力:17.5万kW
使用燃料:重油、原油、LNG
熱効率:41.6%(低位発熱量基準)
営業運転期間:1963年4月 - 2000年3月
4号機(廃止)
定格出力:17.5万kW
使用燃料:重油、原油、LNG
熱効率:41.6%(低位発熱量基準)
営業運転期間:1963年10月 - 2004年12月20日(2000年4月より長期計画停止)

アクセス[編集]

付随施設[編集]

トゥイニーヨコハマ 1999年撮影

敷地内には「トゥイニーヨコハマ(TWINY YOKOHAMA)」名称の東電ピーアール運営のPR施設が1997年に開設され、電気及びエネルギーに関する様々な情報を知る事ができるほか、様々なイベントが定期的に開催されていた。ツインタワー状の排気筒外観が名称の由来となっている。発電所見学を希望すれば展望台まで昇ることが可能であったり、施設内の野球場を一般開放(どちらも事前予約制)していた。しかし、2011年の福島第一原子力発電所事故の影響により3月12日から休館し、その後再開されることなく同月末を以て施設公開を正式に中止(事実上の閉鎖)した。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]