三河島水再生センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三河島水再生センター付近の空中写真。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1989年撮影)

三河島水再生センター(みかわしまみずさいせいセンター)は、東京都荒川区荒川にある下水処理場[1]1922年大正11年)に稼動を開始した日本で最初の近代的な下水処理場である[2][3]。旧喞筒(ぽんぷ)場施設が国の重要文化財に指定されている[2]

概要[編集]

敷地面積は197,878平方メートルであり[4]、1日あたり700,000立方メートルの下水処理能力を持つ[3][5]。現在の処理区域は、荒川区・台東区の全域、文京区豊島区の大部分、千代田区新宿区北区の一部で、計3,936haの下水処理を担っている[2][3][5]

処理方式としては標準活性汚泥法を採用[4]。処理水は隅田川に放流するほか、一部を東尾久浄化センターへ送っている[5]。汚泥は砂町水再生センターへ圧送している[3][5][6]

沿革[編集]

建設までの経緯[編集]

明治維新後、都市部での急激な近代化に伴う人口・工場の増加によって、下水の処理が深刻な問題となってきた[1]コレラ等の伝染病の流行もあって政府は衛生工学の専門家としてイギリスからウィリアム・K・バートンを招聘し、東京帝国大学教授内務省顧問技師東京市区改正委員会上水下水設計取調主任に任命[1]1889年明治22年)にバートンらによって東京市下水設計第一報告書が提出され、この時の候補地の一つとして三河島が挙げられた[1]。処理方法としては間歇砂ろ過が提案されたが、財政的な問題からこの計画は実行されなかった[1][7]

バートンの跡を受けて東京帝国大学教授となった東京市技師長中島鋭治によって1907年(明治40年)に計画が練り直され、東京市下水設計調査報告書が提出された[1]。この計画に基づいて1914年(大正3年)に着工[2]。東京市技師米元晋一を中心として建設が進められ、1922年(大正11年)に完成して運転を開始した[2]。処理方法としては散水ろ床法を採用した[8]。当初は現在の台東区のほぼ全域と千代田区の一部を処理区域とし[2]、糞尿を自動車で搬入し、汚泥は船で品川沖に投棄していた[9]

稼動後[編集]

稼動後、ろ床でのチョウバエの大量発生などがあり[10]、また散水ろ床法ではいずれ用地が足りなくなることは明白であったため[11]1926年(大正15年)から活性汚泥法導入に向けての実験が始まり[12]1934年昭和9年)にパドル式活性汚泥法の稼動が始まった[13]。さらに、戦後の1959年(昭和34年)には、現在の標準活性汚泥法を採用した[4]

年表[編集]

水処理施設[編集]

  • 沈砂池 21池
  • 第一沈殿池 18池
  • 反応槽 17槽
  • 第二沈殿池 33池

文化財[編集]

喞筒場施設全体外観
喞筒場施設全体外観
喞筒井接続暗渠
喞筒井接続暗渠
喞筒室(いずれも2016年撮影)
喞筒室(いずれも2016年撮影)

1999年(平成11年)に稼動を停止した旧三河島汚水処分場の喞筒場施設は、1922年の稼動当初の形態を保持しており、日本で最初の近代下水処理場の代表的遺構として重要なものとなっている[2]。また、阻水扉室、沈砂池などの周辺施設も建設当初のまま残されている点も、近代下水処理場喞筒場施設の構成を知る上で歴史的価値が高い[2]

こうした点が認められ、2002年(平成14年)から2003年(平成15年)にかけて耐震補強工事が施された後、2003年(平成15年)3月6日に旧主ポンプ室及び関連施設が東京都の指定有形文化財(建造物)に指定された[2]。さらに、2007年(平成19年)12月4日には旧喞筒場施設が国の重要文化財(建造物)に指定された[2][注 1]。その後、施設整備が行われ、2013年(平成25年)4月から一般公開されている[21](予約制[22])。

重要文化財指定物件は以下のとおり。ポンプ室、関連施設とともに、土地も重要文化財に指定されている。[23]

旧三河島汚水処分場喞筒場施設 5所2棟

  • 阻水扉室 東西2所
  • 沈砂池及び濾格室 東西2所
  • 濾格室上屋 1棟
  • 量水器室及び喞筒室暗渠 1所
  • 喞筒室 1棟 附:ヴェンチュリーメーター 1基
  • 附:土運車引揚装置用電動機室 1棟
  • 附:変圧器冷却水用井戸喞筒小屋 1棟
  • 附:門衛所 1棟
  • 土地 下水敷及び宅地8967.11平方メートル 敷地内の喞筒室周囲擁壁及び石造階段を含む

所在地・アクセス[編集]

〒116-0002 東京都荒川区荒川八丁目25番1号

三河島水再生センターおよび旧三河島汚水処分場喞筒場施設の見学は事前予約を必要とする[22][24]

周辺[編集]

煉瓦造りの建物と芝生やバラ、樹木などの緑の対比が美しく、春は桜の名所としても知られている[25]

上部には荒川区立荒川自然公園が造成され、野球場、テニスコート、子供プール、池、遊歩道などが整備されている[26]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 下水道施設としては日本で初の指定となり[19]、また荒川区でも初めての有形文化財指定となった[20]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『東京の文化財』 1頁PDF版
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『東京の文化財』 2頁PDF版)。
  3. ^ a b c d 『記念写真集』 153頁
  4. ^ a b c d 三河島水再生センター” (日本語). 東京都下水道局. 2017年9月2日閲覧。
  5. ^ a b c d 『下水道事業年報』 120頁
  6. ^ 『東京都の下水道 2008』 東京都下水道局、2008年、9頁。
  7. ^ 『江戸・東京の下水道のはなし』 134頁
  8. ^ 『江戸・東京の下水道のはなし』 136頁
  9. ^ 『江戸・東京の下水道のはなし』 84頁
  10. ^ 『江戸・東京の下水道のはなし』 138頁
  11. ^ 『江戸・東京の下水道のはなし』 143頁
  12. ^ 『江戸・東京の下水道のはなし』 139頁
  13. ^ a b 『江戸・東京の下水道のはなし』 141頁
  14. ^ a b c d e f g h 『記念写真集』 158頁
  15. ^ 『江戸・東京の下水道のはなし』 145頁
  16. ^ 『江戸・東京の下水道のはなし』 146頁
  17. ^ 『新修荒川区史』 荒川区、1955年、751頁。
  18. ^ 下水処理場の名称が「水再生センター」にかわります!” (日本語). 東京都下水道局. 2011年7月12日閲覧。
  19. ^ “旧三河島汚水処分場 ポンプ施設 重文へ 文化審議会が文科相に答申 下水道施設で全国初”. 東京新聞 (中日新聞東京本社): p. 23(朝刊). (2007年10月20日) 
  20. ^ 『荒川区 花と緑の基本計画』 荒川区、2009年3月、49頁。
  21. ^ “旧三河島喞筒場:国重文が一般公開 日本近代化の証人”. 毎日新聞 (毎日新聞): p. 21(地方版/東京). (2013年4月6日) 
  22. ^ a b 旧三河島汚水処分場喞筒場施設”. 東京都下水道局. 2017年9月2日閲覧。
  23. ^ 平成19年12月4日文部科学省告示第138号、「新指定の文化財」『月刊文化財』531号、第一法規、2007、pp.30 - 35
  24. ^ 見学受付窓口”. 東京都下水道局. 2017年9月2日閲覧。
  25. ^ 『東京の文化財』 3頁PDF版)。
  26. ^ 『下水道事業年報』 417頁

参考文献[編集]

  • 「旧三河島汚水処分場喞筒場施設」『東京の文化財』106号、東京都教育庁地域教育支援部管理課、2008年11月30日
  • 『TOKYO・下水道物語-東京都区部下水道100%普及概成記念写真集』 東京都下水道局、1995年3月。
  • 『江戸・東京の下水道のはなし』 東京下水道史探訪会編、技報堂出版、1995年5月。ISBN 4-7655-4407-9
  • 『東京都下水道事業年報 平成14年度版』 東京都下水道局、2004年3月。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度44分19.4秒 東経139度47分6.7秒