鎧塚俊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
商品とサイン

鎧塚 俊彦(よろいづか としひこ、1965年10月16日[1] - )は、京都府宇治市出身のパティシエ[2]恵比寿などに2店舗を構える「Toshi Yoroizuka」(トシ・ヨロイヅカ)のオーナーシェフであり、同店舗を含む一連の「Toshi Yoroizuka」ブランドを運営する有限会社アトリエ・サンセールの代表取締役も務める。

小田原ふるさと大使[3]兼地元の宇治市観光大使[4]。亡妻は女優川島なお美

経歴[編集]

賞歴[編集]

  • 2000年(平成12年)“INTERSUC 2000(パリ)”で優勝。

その他[編集]

  • 2015年(平成27年) 小田原市ふるさと大使就任
  • 2016年(平成28年) 宇治市観光大使就任

エピソード[編集]

片岡鶴太郎らと一緒に飲み会を行った際(会場は鶴太郎の長男が経営するもつ焼き店だった)、酔った勢いでその場でスイーツを作ると宣言したことがある。この時、砂糖と鶏卵、牛乳以外にスイーツに使えそうな材料がなかったため、店にあった豚レバーと鶴太郎が持参したどぶろくをペースト状にし、それに上記の材料を混ぜてスフレを作った。会場にいたメンバーや後日食べた妻の川島は、このスフレについて好意的な反応を示したが、鎧塚本人は微妙な心境であったという[14]

川島と大喧嘩をした際に仕事場近くのサウナに泊まることを鎧塚祭りと川島から呼ばれていた[15]

網膜中心静脈閉塞症により左目の視力がほぼ失われている[16]

出典[編集]

  1. ^ まなびじゅある フジテレビ+(プラス)[リンク切れ]
  2. ^ ToshiYoroizuka シェフ
  3. ^ 小田原市 鎧塚 俊彦さん (小田原ふるさと大使) 最終更新日:2015年05月25日
  4. ^ 宇治市観光協会「宇治市観光大使就任者一覧」
  5. ^ Patisserie Toshi Yoroizuka|辻調グループ校 コンピトゥム Compitum
  6. ^ 大事なご報告|川島なお美オフィシャルブログ「『なおはん』のほっこり日和」
  7. ^ 「晴れて鎧塚なお美に」川島なお美、改めて入籍の喜び明かす 夫の鎧塚氏は指輪を鼻輪に!? 2009-02-02 18:00 ORICON STYLE
  8. ^ 「人として」の修行の場、農業 パティシエ 鎧塚俊彦 2012/6/12 7:00 日本経済新聞
  9. ^ キッシュヨロイヅカ江ノ島店
  10. ^ ホットランド/パティシエの鎧塚氏とスイーツの合弁会社を設立 2015年11月10日 流通ニュース
  11. ^ 鎧塚俊彦が手がけるキッシュ専門店「キッシュヨロイヅカ」都内初の店舗が池袋に
  12. ^ 渋谷ヒカリエ、ShinQsのフードフロアがリニューアル - 鎧塚俊彦プロデュースのキッシュ専門店など
  13. ^ 鎧塚俊彦プロデュースのキッシュ専門店「Quiche Yoroizuka(キッシュヨロイヅカ)」南青山店オープン
  14. ^ Chef's Story 第2弾 ありがとうございます。 Vol. 26 愛媛の皆様ありがとうございます
  15. ^ 川島なお美 夫・鎧塚氏との大ゲンカを「鎧塚祭り」と呼ぶ
  16. ^ お話させていただきます(川島なお美オフィシャルブログ「『なおはん』のほっこり日和」)2012-02-19 22:58:17更新 2012年2月21日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]