ダウンタウン・セブン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダウンタウン・セブン
DOWNTOWN SEVEN
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
製作総指揮 河村盛文(チーフプロデューサー)
白岩久弥(チーフプロデューサー)
演出 李闘士男
プロデューサー 佐藤昌弘
岡本昭彦
武野一起
出演者 ダウンタウン
相田翔子
坂口憲二
ほか
ナレーター 濱田マリ天の声役)
田中総一郎
広中雅志
鳥井美沙
根岸朗
横尾まり
音声 モノラル放送
エンディング 当該節参照
2001年10月から2002年3月まで
放送時間 水曜 19:00 - 19:54(54分)
放送期間 2001年10月10日 - 2002年3月20日
2002年4月から2003年3月まで
放送時間 水曜 18:55 - 19:54(59分)
放送期間 2002年4月10日 - 2003年3月12日

特記事項:
2時間スペシャル時には『ダウンタウン777』と題して放送。
テンプレートを表示

ダウンタウン・セブン』は、2001年10月10日から2003年3月12日までTBS系列局で放送されていた毎日放送製作のバラエティ番組である。

概要[編集]

放送開始から半年間はダウンタウン浜田雅功松本人志が司会を務めるトークバラエティ番組だったが、2002年春の改編で家族をテーマにしたクイズ番組へとリニューアル。さらに同年秋の改編で世直しをテーマにした討論番組へとリニューアルしたものの、番組は合わせて1年半で幕を閉じることとなった。

番組タイトルは、毎日放送公式サイトの番組表と新聞のラテ欄においては「ダウンタウンセブン7」と表記されていた。また、2時間スペシャルとして放送される際には『ダウンタウン777』(ダウンタウン・セブンフィーバー)をタイトルに用いていた。タイトルロゴの「・」の部分には七芒星がデザインされていた。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 水曜 19:00 - 19:54 (2001年10月10日 - 2002年3月20日) - 初回は2時間スペシャルで放送。また、2002年2月20日から同年3月20日までは2時間スペシャル『ダウンタウン777』を隔週ペースで放送。
  • 水曜 18:55 - 19:54 (2002年4月10日 - 2003年3月12日) - 5分拡大。

番組開始当初(2001年10月 - 2002年3月)[編集]

番組内容[編集]

毎週8人程度の芸能人を招き、視聴者からの疑問・質問・相談に答える。ネットワークで集められた芸能人会員もメールを使って情報提供することで参加。芸能人ならではの裏情報などを提供するトーク番組。

コーナー[編集]

芸能人メルタレ情報
トーク番組時代のメインコーナー。視聴者からの疑問、質問、相談にスタジオの芸能人や芸能人メール会員(メルタレ)が答える。
リサイクル セブン
スタジオのゲスト芸能人が要らない私物をスタジオにやってきた出張リサイクルショップに売る。リサイクルショップが査定した売値が気に入らないものや買い取ってもらえないものは、視聴者にプレゼントすることもあった。

補足[編集]

  • 主に浜田が司会進行役を務めていたが、スタジオアナウンス(天の声)で濱田マリが姿を見せずに細かい進行を担当していた。
  • なお、この期間内には相田翔子坂口憲二がそれぞれ番組レギュラーとして出演していた。
  • 2002年2月6日から3月20日までの間は、『超オフレコ!』と『ダウンタウン777』の2時間スペシャルが交互に放送される形式だった。ただし、2月13日の『ソルトレークTODAY』など、別の特番が放送されることもあった。
  • 製作局の毎日放送では、2001年の年末と2002年春の改編期中に平日夕方の帯番組として再放送されていたことがある[1][2][3]

クイズ!スターの家族は謎だらけ?(2002年4月 - 9月)[編集]

番組内容[編集]

4組の芸能人の家族や親子(後期には2人1組・計4組の親戚や親友など)が登場し、他の家族に関するクイズをはじめとした様々なクイズ(当初は、他の家族に関するクイズのみだった)に答える。正解するごとにチームの色のボールを1つ(または2つ)獲得し、全問題終了後、「運命のガラガラタイム」で選ばれたチームが世界一周旅行を賭けたゲームに挑む。

コーナー[編集]

家族の事件簿(2人の事件簿)
家族(親友)に関するエピソードクイズを出題する。当然、出題した家族(チーム)には解答権は無い。
フリップに筆答し、正解するとボール1つ(後期はボール2つ)を獲得。
クイズ!松本 脳内100%
事前に、松本にあるアンケート(「嫌いなスポーツは何?」など)に複数回答で答えてもらい、それを松本の裁量で百分率の円グラフにして発表。解答者は松本のアンケート回答を当てる。
ボール(得点)が低いチームから順に口頭で解答し、1項目正解するごとにボール2つを獲得。
運命のガラガラタイム
全問題終了後、クイズで獲得したボールを「ガラガラ抽選器」に入れ、松本が抽選。出たボールの色のチームが実質優勝となり、以下の世界一周旅行(や賞品)を賭けたゲームに挑戦できた。
コロコロ・ザ・ワールド
1回目・2回目の放送のみ登場。まずサイコロを2回振る。そして、3回目に振ったサイコロの目が1回目に出たサイコロの目と2回目に出たサイコロの目の間の数ならば「世界一周旅行」を獲得できる。
コリントゲーム
フリッパーの無いピンボールのようなゲームであるコリントゲームに挑戦し、ボールが入った所の賞品を獲得できる。
  • 放送3回目のみ、ボールが入る場所は「世界一周旅行」か「はずれ」のいずれか2分の1であったが、放送3回目以降は「世界一周旅行」を含む4つ(変更当初は「世界一周旅行」の的が2つ、「はずれ」が2つ)となり、その後「世界一周旅行」の的が1つに減り、代わって「温泉宿泊券」の的が登場。その他の賞品を含めて5つとなった。
  • 放送4回目以降は賞品の位置を自由に決め、その後にボールを打ち出す方式となった。

補足[編集]

  • タイプとしては平凡なクイズ番組であったが、ボールを1つでも獲得(1問でも正解)していれば世界一周旅行のチャンスがあるという点に特色があった。
  • 8月からは、夏休み特別企画として「芸能人の親友スペシャル」が放送され、その後はこの企画の最終回まで「親友SP」として放送され、家族が出演することは無くなった。
  • 目玉賞品である「世界一周旅行」は開始当初から錦野旦家族、杉田かおる家族、高木ブー家族、萩原流行家族の4家族が見事に獲得し、4回続けて「世界一周旅行」を放出してしまった。
  • 製作局の毎日放送では、2002年9月29日(日曜) 13:00 - 15:00 に関西ローカルの2時間スペシャル『ダウンタウン・セブン祭』が放送された[4]

怒れ!熱き日本人(2002年10月 - 2003年3月)[編集]

番組内容[編集]

世の中に何らかの「不満」を持つ視聴者がそれを少しでも改善するため「提案」を持ち出し、それを「鉄の壁」と呼ばれる7人の論客が様々な角度から厳しくチェック。そこで繰り広げられる大激論を通じて、客席にいる陪審員100人のうち51人以上の支持を得られれば賞金100万円を獲得できた。支持率が51%を超えられなくても、松本が特に気に入った提案には松本賞として10万円が獲得できる場合もあった。

後期には、世の中のちょっとした不満を改善するアイディアを視聴者にハガキで投稿してもらい、「鉄の壁」のメンバーの評価によって5万円前後の賞金を贈呈するミニコーナーもあった。なお、有名人が「提案」を持ち出す特番を放送したこともある。

補足[編集]

  • 当初は、提案者(「提案」を持ってきた視聴者)と「鉄の壁」のメンバーが提案について真剣に討論していたが、しだいに賞金100万円獲得者を出さないために、「提案」に納得してもわざと極端な反対意見を言う作戦や、大竹まことをはじめとする毒舌を得意とするメンバーが「提案」ではなく提案者の容姿や喋り方を侮辱する発言で提案者をヘコませる作戦が横行しはじめ(あまりにひどいものは、浜田がホイッスルで注意していた)、提案者も良い「提案」を持つ人よりもキャラクターの面白い人が優先されるようになるなど、だんだんと趣旨がずれていった。
  • ダウンタウンの2人は提案者と「鉄の壁」のメンバーの討論には参加せず、ただ傍聴しているだけというスタイルだった。
  • 100万円を獲得した提案は以下の通り。
    • 病院FF(ファーストフード)化(支持率78%)
    • 父子家庭にも援助を!(支持率75%)
    • 当せん金ジャンケン大会(支持率56%)
    • お知らせタクシーメーター(支持率54%)
    • 前住人感想文(支持率51%)
    • 農業団地(支持率54%)
    • 笑顔で出国!スカイランド計画(支持率62%)
    • 途中下車清算システム(支持率65%)
  • 松本賞を獲得した提案
    • 男子トイレ改造計画(支持率33%)
    • CMにジャニーズを!(支持率27%)
    • フラットスタートで世界新!(支持率9%)
    • ポイ捨て違反者識別システム(支持率47%)
    • ご協力感謝ガム(支持率12%)
    • 国語 算数 理科 ダジャレ(支持率15%)
  • 以下は「鉄の壁」の主な出演者。

ナレーター[編集]

  • 田中総一郎 - 初期のトーク番組時代に担当。
  • 広中雅志 - 『クイズ!スターの家族は謎だらけ?』時代に担当。
  • 鳥井美沙 - 『クイズ!スターの家族は謎だらけ?』時代に担当。
  • 根岸朗 - 『怒れ!熱き日本人』時代に担当。
  • 横尾まり - 『怒れ!熱き日本人』時代のミニコーナーを担当。

エンディングテーマ[編集]

スタッフ[編集]

  • 演出:李闘士男リー・ライダース
  • ディレクター:田中将徳、並木慶、長岡広晃、竹内誠、今井洋介、佐藤伸一、黒田源治、宮崎一孝
  • プロデューサー:佐藤昌弘(毎日放送)、岡本昭彦吉本興業)、武野一起ワイズビジョン、2001年10月 - 2009年9月)、江間浩司(NET WEB、2002年10月 - 2003年3月) - 2001年10月から2002年9月までは協力プロデューサー。
  • アシスタントディレクター:小野智也、平野隼人、桐谷太一、伊藤めぐみ、山崎文菜、武信孝
  • チーフプロデューサー:河村盛文(毎日放送、放送開始から半年間)、白岩久弥(ワイズビジョン) - 放送開始から約半年後に発覚した自身と関連会社の脱税事件[5]で懲戒解雇されて途中降板。
  • 技術協力:ニユーテレスFLT
  • 美術協力:フジアール
  • 協力:ワイズビジョン(2001年10月 - 2002年9月) → NET WEB(2002年10月 - 2003年3月)
  • 制作協力:吉本興業
  • 製作著作:毎日放送

脚注[編集]

  1. ^ テレビ番組表”. 毎日放送 (2001年12月24日). 2001年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月9日閲覧。
  2. ^ テレビ番組表”. 毎日放送 (2002年3月25日). 2003年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月8日閲覧。
  3. ^ テレビ番組表”. 毎日放送 (2002年4月1日). 2003年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月8日閲覧。
  4. ^ テレビ番組表”. 毎日放送 (2002年9月23日). 2003年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月8日閲覧。
  5. ^ “お笑い番組プロデューサーが脱税 3年で1億円 東京国税局、地検に告発”. 毎日新聞. (2002年6月27日). オリジナル2002年10月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20021016011539/http://www.mainichi.co.jp/entertainments/geinou/0206/27-01.html 2015年2月8日閲覧。 

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

  • 生生生生ダウンタウン - この番組以前にTBSでゴールデンタイムに放送されていたダウンタウンのバラエティ番組。
  • リンカーン - 後にTBSでスタートしたダウンタウンのバラエティ番組。
毎日放送 水曜18:55枠
前番組 番組名 次番組
VOICE
(2001年4月4日 - 2002年3月20日)
※18:21 - 18:56
【2分繰り上げ・縮小して継続】
てれび研究中
(2001年10月3日 - 2002年3月20日)
※18:56 - 19:00
【4分繰り上げ・縮小して継続】
ダウンタウン・セブン
(2002年4月10日 - 2003年3月12日)
【放送枠拡大分】
あったか生活!秘伝!カテイの魔法
(2003年4月16日 - 2004年9月8日)
※18:55 - 19:54
TBS 水曜18:55枠
ニュースの森
(2000年4月5日 - 2002年3月20日)
※17:54 - 19:00
【4分繰り上げ・縮小して継続】
ダウンタウン・セブン
(2002年4月10日 - 2003年3月12日)
【放送枠拡大分】
あったか生活!秘伝!カテイの魔法
(2003年4月16日 - 2004年9月8日)
※18:55 - 19:54
TBS系列 水曜19:00枠
愛と涙の蔵出し物語
(2001年7月4日 - 2001年7月25日)

超オフレコ!』などの2時間単発特別番組
(2001年8月8日 - 2001年10月3日)
ダウンタウン・セブン
(2001年10月10日 - 2003年3月12日)
あったか生活!秘伝!カテイの魔法
(2003年4月16日 - 2004年9月8日)
※18:55 - 19:54