金杉弘子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金杉 弘子(かなすぎ ひろこ、1974年 - )は、日本の女性脚本家東京都出身。日本脚本家連盟会員。

概要[編集]

元はバラエティ番組ラジオ番組の構成作家。2001年にテレビドラマ『やっぱり猫が好き』新作2001で脚本家デビュー。映画やアニメ、テレビドラマの脚本をはじめ、ラジオ、こども幼児番組、作詞も行うなど、幅広く活躍するマルチなライターである。アニメ『ジュエルペット』シリーズでは、専属的に脚本を担当していた。

おかあさんといっしょ』では人形劇『ポコポッテイト』の原作を手掛け、ほぼ全楽曲の作詞も担当。 その前作『モノランモノラン』にも脚本の一人として参加し、オープニングテーマや一部の挿入歌の作詞も担当している。

主な作品[編集]

映画脚本[編集]

アニメ脚本[編集]

テレビドラマ脚本[編集]

脚本協力[編集]

ラジオドラマ脚本[編集]

舞台 イベント脚本・構成[編集]

~さよなら生放送~(2008年・NHK教育)
~チャイルドスターを救え!未来は僕らのもの~(2006年・NHK教育)
~てれび戦士史上最大の危機~(2005年・NHK教育)

書籍[編集]

  • ハチミツにはつこい アイ・ラブ・ユー(小学館)
  • ハチミツにはつこい ファースト・ラブ(小学館)
  • 不思議なフォーチュンクッキー(ポプラ社)
  • アンソニー、君がいるから(ポプラ社)
  • ジュエルペット ジュエルフェスティバルはおおさわぎ!?(角川書店、角川つばさ文庫

バラエティ番組構成[編集]

その他[編集]

出典[編集]