田中弘太郎 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
たなか こうたろう
田中 弘太郎
本名 同じ
生年月日 (1964-10-28) 1964年10月28日(53歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県
民族 日本人
身長 183cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画OV
活動期間 1989年 - 2005年
配偶者 あり
主な作品
映画
夢の女』『スパイ・ゾルゲ
テレビドラマ
鳥人戦隊ジェットマン』(1991年)
花の乱』(1994年)

田中 弘太郎(たなか こうたろう、1964年10月28日[1] - )は、日本の元俳優。本名同じ[2]

神奈川県出身[1]。身長183cm、体重74kg[2]。血液型はO型明治学院東村山高等学校卒業[1]

現役当時はスタークコーポレーションに所属していた。

略歴[編集]

ジャパンアクションクラブを経て、日本映画学校の俳優科を卒業[3]後、知人の俳優に誘われて1989年に俳優デビュー。なお、日本映画学校時代の同期に、アニメーション監督谷口悟朗がいる。

1991年の『鳥人戦隊ジェットマン』の天堂竜 / レッドホーク役を演じ知名度を上げる。また、ジェットマンがきっかけで、結城凱 / ブラックコンドル役を演じた若松俊秀と大変親しくなり、現在もお互いに時間を見つけてはサーフィンや食事に出掛けることがある。

その後も数々のドラマ、映画、Vシネマに出演。

2004年に開かれたジェットマンのDVD化記念として掲載された井上敏樹と出演者の座談会に参加した。

現在は芸能界を引退しており、若松俊秀のブログによると現在はIT関連会社で取締役を務めている。

人物[編集]

趣味はサーフィン。ジェットマンの共演者だった若松俊秀によれば、若松にサーフィンを教えたのは田中だそうである。

科学戦隊ダイナマン』以来、最終回で役者本人がスーツを着て演技することが恒例になっているが、『ジェットマン』最終回では、日下秀昭が演じている。また、名乗りポーズをするレッドホークのみ田中本人が演じている。

特技は剣道スキー英会話[1]

小さい頃は仮面ライダーが好きでライダースナックのカードを集めていた。また、既に結婚していて子供もおり、結婚相手はジェットマンで共演したブルースワロー/早坂アコ役の内田さゆりと言われていたが、田中本人により否定されている。

ジェットマン出演者の中では唯一他の特撮作品への出演歴がない。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

CM[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『日本タレント名鑑'92』 VIPタイムズ社、1992年、183頁。
  2. ^ a b 『日本タレント名鑑2002』 VIPタイムズ社、2002年、269頁。
  3. ^ 『鳥人戦隊ジェットマン2大百科』 勁文社1992年

 外部リンク[編集]