大柴隼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおしば はやと
大柴 隼人
本名 大柴 邦彦(おおしば くにひこ)
生年月日 (1976-08-29) 1976年8月29日(44歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県富士市
身長 182 cm[1][2]
血液型 O型[2]
職業俳優
活動期間 1996年 - 2011年
主な作品
電磁戦隊メガレンジャー
連続テレビ小説すずらん
大河ドラマ武蔵 MUSASHI
津軽海峡ミステリー航路』シリーズ
テンプレートを表示

大柴 隼人(おおしば はやと、1976年8月29日[1][2] - )は、日本の元俳優。本名および旧芸名は大柴 邦彦(おおしば くにひこ)[3]

静岡県富士市出身。メセナスに所属していた[2]清水市立商業高等学校卒業。

略歴

1995年、『MEN'S CLUB』のモデル優秀賞を受賞して芸能界入り。翌年、映画『平成版 嗚呼!花の応援団』で俳優デビュー。

1997年、『電磁戦隊メガレンジャー』に伊達健太 / メガレッド役で主演。

2003年から2009年まで、『津軽海峡ミステリー航路』シリーズにレギュラー出演。

2011年、『海賊戦隊ゴーカイジャー』第39話に『星獣戦隊ギンガマンVSメガレンジャー』から約12年ぶりに伊達健太役でゲスト出演。

『ゴーカイジャー』への出演を最後に俳優を引退。その後は鹿児島で修行し、静岡市の焼肉店で店長を務めている[4]

人物・エピソード

特技はサーフィン(ロングボード)、スケボー[2]

『メガレンジャー』で演じた伊達健太の人物像は大柴に似ていると自他ともに認めており、後半はほとんど自分と同一視して演じていたという[2]。ゲームや焼肉が好きなほか、オーディションに遅刻したり台本を忘れることなどもあった[2]。東映プロデューサーの寺成紀は、リアルな高校生の言葉遣いでは子供の手本としては不向きだと考えていたが、大柴の演技では乱暴な言い回しをしても悪意のなさが伝わっており、大柴本人のキャラクターに救われたと述べている[5]。共演した松風雅也によれば、海辺での撮影の合間に大柴がサーフィンをして日焼けしてしまい、カットをつなぐためドーランを塗ったり照明を強くするなどして対応することになったが、大柴は「すいやせん」の一言でなんとなく許されていたという[6]

2012年1月に発行された雑誌『特撮ニュータイプ』[要文献特定詳細情報]のインタビューで以前からヘルニアを患っていることを告白し、『海賊戦隊ゴーカイジャー』への出演前に「どうしても出たい仕事がある」という意思を主治医に伝え、許可を得た上で出演したことを語った。

出演

テレビドラマ

映画

  • 平成版 嗚呼!花の応援団(1996年)
  • 光の雨(2001年) - 戸張真 役
  • グローウィン グローウィン(2002年) - リョウ 役
  • WARU(ワル)(2006年)
  • 官能小説(2007年) - 山岸哲郎 役 
  • みたまを継ぐもの(2008年) - 主演・石神隆信 役

オリジナルビデオ

舞台

  • ラパン・アジールに来たピカソ(2000年)
  • サムライデュオ(2002年)
  • ちょっといいかな、女たち(2003年)
  • 初蕾(2004年)
  • シオンの桜(2006年)

CM

CD

  • 大丈夫〜病は気から〜(2000年2月23日、テイチク

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b The Profiles of Megarangers”. 電磁戦隊メガレンジャー. 東映. 2012年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 「メモリアル座談会」『電磁戦隊メガレンジャー超全集小学館てれびくんデラックス愛蔵版〉、1998年2月20日、60-63頁。ISBN 978-4-09-101463-4
  3. ^ 2006年9月に改名。
  4. ^ てっぺん静岡~終わり次第肉祭り~|小池亮介オフィシャルブログ「小池亮介の思いコンダラ」Powered by Ameba
  5. ^ 20th1997 2018, p. 5, 「INTERVIEW メガレンジャーの真実 寺成紀
  6. ^ 20th1997 2018, pp. 20-21, 「SPECIAL INTERVIEW '97 松風雅也

参考文献