津軽海峡ミステリー航路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
津軽海峡ミステリー航路
ジャンル 刑事ドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 松島稔
竹安正嗣
脚本 篠崎好
岡崎由紀子
林誠人
田辺満
プロデューサー 風野健治
石原達也
山本悦夫
仁平知世(東宝)
森清和夫
出演者 村上弘明
菊池麻衣子
大柴隼人
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
第1作 - 第5作
(金曜エンタテイメント)
放送時間 変遷を参照
放送期間 2002年2月22日 - 2006年2月10日(5回)
オープニング 主題歌を参照
エンディング 主題歌を参照
第6作 - 第8作
(金曜プレステージ)
放送時間 放送時間の変遷を参照
放送期間 2007年2月9日 - 2009年3月6日(3回)
オープニング 番組オープニングCGを参照
エンディング 番組主題歌を参照
外部リンク 金曜プレステージ
テンプレートを表示

津軽海峡ミステリー航路』(つがるかいきょうみすてりーこうろ)は、2002年から2009年までフジテレビ系で放送された刑事ドラマシリーズ。全8回。原作・原案は斎藤栄。主演は村上弘明

放送枠は「金曜エンタテイメント」(第1作 - 第5作)、「金曜プレステージ」(第6作 - 第8作)。

キャスト[編集]

函館西警察署(第1作 - 第2作) → 函館南警察署(第3作 - 第8作)[編集]

青柳誠
演 - 村上弘明
刑事課刑事。階級は「警部補」。美人に弱い。
父は函館市内駐在所の警察官だったが、出所した犯罪者の逆恨みによって放火されたことで両親を失っている。
永瀬貴司
演 - 河相我聞[1](第1作)、大柴隼人[2](第2作 - 第8作)(第5作までは「大柴邦彦」名義)
刑事課刑事。青柳とコンビを組む後輩刑事。千明に好意を持っているが気づいてもらえない。
笹島信行
演 - 村野武範
刑事課課長。青柳の上司。

青柳の親族[編集]

青柳千明
演 - 細川直美(第1作・第2作)、菊池麻衣子[3](第3作 - 第8作)(第7作は写真と声のみ)
青柳の妹。彩光出版の雑誌「エトワール」編集部の記者(第8作より「週刊ネクスト」記者)。普段は東京に住んでいるが、函館に取材の際は、兄の自宅に泊まる。
亜紀子
演 - 茅島成美(第7作)
青柳兄妹の叔母(父の妹)。両親を失った青柳兄妹の面倒を見ていた。
函館で生まれ育ち現在は横浜に住んでいる。海外にいる千明に代わり久しぶりの再会を兼ねて函館を訪れた。

ゲスト[編集]

第1作「函館と青森を結ぶフェリーで起こった動く密室殺人! 忽然と消えた謎の容疑者には憐れな過去が…夫の死を嘆く妻の涙は嘘?」(2002年)
第2作(2003年)
第3作「弘前〜函館殺人海道 厳寒の津軽の海岸で消えた理由は…海流・写真・フェリー・鉄壁のアリバイの謎」(2004年)
第4作「函館〜青森殺人海道 厳寒の津軽 架空の殺害現場のワケ 真実を言えない父娘が背負った一生の重荷と鉄壁のアリバイの謎」(2005年)
  • 古賀春樹(兵頭ホテル 支配人) - 羽場裕一
  • 兵藤義次(兵頭ホテル 社長・入婿) - 大林丈史
  • 落合幸一(兵頭ホテルの専務) - 鶴田忍
  • 大塚悦子(秘書) - 福地香代
  • 松井(建設作業の責任者) - 齋藤孝之
  • 兵頭家の家政婦 - 赤坂佳子
  • 兵藤律子(兵藤の妻・先代の娘) - 田島令子
  • 市原圭介(瑞穂の父・市原魚屋 店主) - 峰岸徹
  • 市原瑞穂(「函館の街並みを守る会」代表) - 藤谷美紀
第5作「函館〜青森殺人海道・厳寒のフェリーで出会った謎の女美人ピアニストが奏でる殺しの旋律・教会の鐘が暴く驚愕の真実」(2006年)
  • 緒川いづみ(石崎小学校 音楽教師) - 原沙知絵
  • 三原陽一(名曲喫茶「菩提樹」主人) - 西川忠志
  • 遊佐夏希(ピアニスト) - 越智静香
  • 梶雅人(夏希の元夫・ギタリスト) - 坂上忍
  • 桜庭(石崎小学校 校長) - 木野花
  • 島田広志(夏希のマネージャー) - 村杉蝉之介
  • 岩見(札幌聖学園 教師) - 森下哲夫
  • 彩光出版 編集長 - 望月太郎
  • 会場の係員 - 斉藤幸治
  • 三原幸太(石崎小学校 生徒・三原の息子) - 中曽根康太
  • 篠原美穂(夏希と同じ音大出身) - 藤井美加子
  • 城島(バンド仲間) - 累央
  • 里崎(バンド仲間) - 齋藤孝之
  • 審査員 - 赤坂佳子
  • リポーター - 小林あずさ
  • 矢野(バンド仲間・コンビニ店員) - 前田耕陽
  • 高峯秀作(十勝ノーブルワイン 社長) - 大和田伸也
第6作(2007年)
第7作(2008年)
第8作「厳寒の青森〜函館殺人海道・死体に付着したオガクズの謎 鍵握る洞爺湖の秘密」(2009年)
  • 大町春(大町の娘) - 中山エミリ[10]
  • 沢登雪彦(函館ミート 広報室長・沢登の息子) - 金子貴俊[11]
  • 中田久江(大町の内縁の妻) - 沖直未
  • 笠松(窃盗常習犯) - 徳井優
  • 草野洋子(フリールポライター・6年前死亡) - 今村恵子
  • 柏木修司(週刊太陽 記者・洋子の後輩) - 伊嵜充則[12]
  • 田沼(函館ミート 社長) - 谷本一
  • 中野(呑み食い処「桝長」店主) - 浅見小四郎
  • 函館ミート洞爺湖工場 工場長 - 朝倉伸二
  • 重田(函館ミート食品研究室 研究員) - 外波山文明
  • 沢登敏彦(函館ミート 専務) - 田中健
  • 監察医 - 志村東吾
  • 市立函館病院 医師 - 野元学二[13]
  • 早川智也(製材所アルバイト) - 仲松秀規
  • 函館南警察署 捜査員 - 斉藤幸治
  • 清田義孝(北海道警察 巡査) - 齋藤孝之
  • タクシードライバー - 赤坂佳子
  • 市立函館病院 看護師 - 明石智水[14]
  • 大町哲男(「小料理てつ」主人・前科者) - 石倉三郎

スタッフ[編集]

  • 企画 - 清水賢治(第1作)、瀧山麻土香(第1作)、荒井昭博(第2作、第3作)、熊谷剛(第2作 - )、保原賢一郎(第4作)、和田行(第5作、第6作)
  • 脚本 - 篠崎好(第1作、第2作)、岡崎由紀子(第3作)、林誠人(第4作)、田辺満(第5作 - )
  • 演出 - 松島稔(第1作)、竹安正嗣(第2作 - )
  • 制作担当 - 林利雄(第4作 - 第8作)
  • プロデューサー - 風野健治(第1作)、石原達也(第1作)、山本悦夫(第1作)、仁平知世(東宝 / 第2作 - )、森清和夫
  • 制作 - フジテレビ東宝

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
1 2002年2月22日 函館と青森を結ぶフェリーで起こった動く密室殺人!
忽然と消えた謎の容疑者には憐れな過去が…夫の死を嘆く妻の涙は嘘?
篠崎好 松島稔 19.0%
2 2003年1月31日 竹安正嗣 17.9%
3 2004年2月13日 弘前〜函館殺人海道
厳寒の津軽の海岸で消えた理由は…海流・写真・フェリー・鉄壁のアリバイの謎
岡崎由紀子 16.0%
4 2005年3月11日 函館〜青森殺人海道 厳寒の津軽 架空の殺害現場のワケ
真実を言えない父娘が背負った一生の重荷と鉄壁のアリバイの謎
林誠人 15.5%
5 2006年2月10日 函館〜青森殺人海道・
厳寒のフェリーで出会った謎の女美人ピアニストが奏でる殺しの旋律・
教会の鐘が暴く驚愕の真実
田辺満 14.9%
6 2007年2月09日 14.3%
7 2008年2月29日 13.7%
8 2009年3月06日 厳寒の青森〜函館殺人海道・死体に付着したオガクズの謎 鍵握る洞爺湖の秘密 10.1%

備考[編集]

千明役の細川直美 → 菊池麻衣子への交代(第3作)、および菊池の欠席(第7作は写真と声のみの出演)は、いずれも妊娠・出産によるものである。

脚注[編集]

  1. ^ Works - 株式会社我聞
  2. ^ 大柴隼人 - メセナス(アーカイブ)
  3. ^ Biography - パーフィットプロダクション
  4. ^ プロフィール - 宝映テレビプロダクション(アーカイブ)
  5. ^ プロフィール - オリオンズベルト
  6. ^ Biography - パーフィットプロダクション(アーカイブ)
  7. ^ プロフィール - テアトル・エコー
  8. ^ TV - 中山忍 オフィシャルサイト
  9. ^ プロフィール - 牧原颯也ブログ
  10. ^ Drama - ボックスコーポレーション
  11. ^ プロフィール - オリオンズベルト
  12. ^ ドラマ - ABP inc.
  13. ^ プロフィール - 東宝芸能
  14. ^ 演者は待つのも仕事です - 明石智水 オフィシャルブログ 2015年5月24日

外部リンク[編集]