住友建機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
住友建機株式会社
Sumitomo (S.H.I.) Construction Machinery Company, Limited
Sumitomo logo.jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
141-6025
東京都品川区大崎二丁目1番1号(ThinkPark Tower)
設立 1968年
業種 機械
事業内容 油圧ショベル、アスファルトフィニッシャー、クレーン等の建設機械メーカー
代表者 代表取締役社長:井手 幹雄
資本金 160億円
(2011年3月)
売上高 連結:1,158億円
(2008年3月)
総資産 連結:820億円
(2008年3月)
従業員数 連結:1050人
単体:1000人
(2006年3月)
決算期 3月31日
主要株主 住友重機械工業
主要子会社 住友建機販売、住友建机(唐山)有限公司
外部リンク http://www.sumitomokenki.co.jp/
特記事項:住友重機械工業連結子会社で、住友グループ広報委員会参加企業でもある。
テンプレートを表示

住友建機株式会社(すみともけんき)は、住友グループ建設機械メーカーである。

主力製品・事業[編集]

    6t~80tクラスまでを手掛ける。かつては3t級のミニショベルも手掛けていた。現在は油圧ショベルをベースとした応用機、特殊仕様機も多い。海外へのOEMも行っている。

    アスファルトフィニッシャー、ロードローラー、タイヤローラーなど

    現在は日立住友重機械建機クレーンに移管し、油圧ショベルベースのモデルのみ。

  • 環境機械

    リサイクル機械(リソイルマン、ガラクシー)

主要事業所[編集]

沿革[編集]

  • 1963年 - 住友機械工業株式会社(現住友重機械工業株式会社)に建機事業部を新設。建機の国内総代理店として販売会社の住機建設機械販売株式会社設立
  • 1969年 - 販売会社の社名を住友重機械建機販売株式会社に改称
  • 1983年 - 販売会社の本社を大阪市より東京都千代田区に移転。販売会社の社名を住友重機械建機株式会社に改称
  • 1986年 - 建機事業部が住友建機株式会社として分社。販売会社(住友重機械建機株式会社)も統合して製販一体となる。
  • 2001年 - 住友建機を事業毎に分社化
  • 2009年 - 住友建機製造株式会社を吸収合併。中国工場を設立。
  • 2011年 - インドネシア工場を設立。

主要関係会社[編集]

国内グループ企業[編集]

関係会社[編集]

その他[編集]

油圧ショベルは、米国のCNHグローバル・ケース部門へOEM供給している。 1988年頃、長嶋茂雄をCMキャラクターとして起用し、『朝のホットライン』(TBS・隔日)を提供していた。

外部リンク[編集]