円谷一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
円谷一
つぶらやはじめ
円谷一つぶらやはじめ
映画評論社『映画評論』7月号(1962)より
別名義 東京一
生年月日 (1931-04-28) 1931年4月28日
没年月日 (1973-02-09) 1973年2月9日(満41歳没)
出生地 日本の旗東京都
民族 日本人
ジャンル 映画監督、演出家、脚本家、作詞家
活動期間 1963年 -1973年

円谷 一(つぶらや はじめ、1931年4月23日 - 1973年2月9日)は、円谷プロダクションの2代目社長で、演出家プロデューサー作詞家として、東 京一(あずま きょういち)の名義がある。父は初代社長で映画監督円谷英二

来歴[編集]

TBS時代[編集]

ラジオ東京→東京放送(テレビ事業は現在のTBSテレビ)に入社後、演出部にてディレクターとしてテレビドラマを制作。『おトラさん』や『純愛シリーズ』といった作品にも携わっていた。

中でも、1962年に「東芝日曜劇場」で放送された『煙の王様』(脚本:生田直親)は、芸術祭文部大臣賞を受賞するなど高い評価を得た。特に子供の描写が得意とされた。

ウルトラシリーズ[編集]

1963年、TBSがテレビ映画の自社製作を行なうために映画部を設立すると、飯島敏宏中川晴之助らとともに映画部に移籍して、TBS初の特撮テレビ映画『ウルトラQ』の制作にあたった。『ウルトラQ』、『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』といった特撮番組監督を務め、奇抜な演出方法が周囲に理解されずTBSで干されていた実相寺昭雄を拾うなど、シリーズの隆盛に力を尽くした。

円谷一が『ウルトラマン』で監督を務めた「ミイラの叫び」や「オイルSOS」に登場する怪獣(ドドンゴペスター)は、彼の意見を採り入れ、いずれもぬいぐるみ着ぐるみ)に演技者が二人入る斬新なものだった。

円谷プロ社長就任[編集]

1970年、父・英二の病死によりTBSを退社し、円谷プロダクションの社長に就任。財政難から、危機的な経営状況にあった同社の経営建て直しに奔走する。社長と監督は兼任できないと宣言して、以降はプロデューサーとして作品に携わるようになる。同年『ウルトラファイト』の制作を開始。この番組の人気により、本格的な特撮番組を求める声が高まると、1971年に『帰ってきたウルトラマン』と『ミラーマン』(フジテレビ)をプロデューサーとして制作し、第二次怪獣ブームの火付け役となる。

以降、『ウルトラマンA』等の番組の制作にも携わるが、社長就任以降、営業や接待に奔走した結果、持病だった糖尿病、および高血圧が悪化。妻と離婚し、赤坂のクラブのママと再婚するなど、生活も乱れた。1973年2月9日、起床直後に脳溢血を発症して突然倒れ、病院に搬送されたが間もなく死去[1]。享年41。父親の死からわずか3年後のことである。

怪獣供養[編集]

この頃の円谷プロ周辺では、事故などの不祥事が相次いだため、厄払いの意味でこれまで同社で制作された番組で命を落とした怪獣達の供養が行われた。これがいわゆる怪獣葬儀(怪獣供養)の嚆矢である。

人物・エピソード[編集]

若手の才能を発掘[編集]

円谷一は、演出家は脚本を書くこともできなければならないとの考えから、ウルトラシリーズに携わった演出家に数多くの脚本を書くことを勧めている。初期のウルトラシリーズに本編の監督がペンネームを用いて脚本を書いているのはそのためである。ただしこれは、監督料だけでは生活できないでいた若手の監督たち、とくに妻帯者となった監督たちの収入を増額させるためでもあった。

しかし、円谷一自身はウルトラシリーズでは脚本を書いていない。『ウルトラマン大全集』(講談社)に掲載された、脚本家・上原正三へのインタビューによると、円谷は脚本家との打ち合わせの際にはかなりのアイディアを提供したようだったが、すでに演出家として著名な自分が表に出るよりは、才能のある若手に表へ出る機会を与えようとの思いから、共同脚本として自身の名前を出すのを控えたものと思われる。[独自研究?]

脚本へのこだわり[編集]

こうした一方で脚本家に対する要求は厳しく、『ウルトラマンAGE』(辰巳出版)に掲載されている当時の関係者へのインタビューによれば、円谷一が弟のように信頼しかわいがっていた金城哲夫に対しても、たびたび厳しい叱責の言葉とともに原稿をつきかえし、脚本家は再々書き直しを要求された。中でも、『ウルトラマン』の最終回「さらばウルトラマン」の初稿シナリオでは、ゼットンに派状光線で攻撃され倒れたウルトラマンが起き上がろうとするもカラータイマーを潰し割られるという展開だったところ、彼が子供たちのヒーローを残酷に殺すことに強く反対したため、現在の形に修正されたという。

当時の番組制作の様子は、『ウルトラマンティガ』の「ウルトラの星」に描かれているが、脚本家と監督のやりとりは描かれていない。なおここでは円谷一の役を、息子の円谷浩が演じている。

ウルトラマンの声[編集]

『ウルトラマン』において、円谷は第1話や最終回などの作品の節目となる重要な話を何本も演出しているが、第1話「ウルトラ作戦第1号」では、彼がウルトラマンの声を演じるという話が出ていたという。ウルトラマンとハヤタ隊員が赤い玉の中で会話するシーンで、ウルトラマンの話す声(ウルトラマンが日本語を話す部分の音声)を当時、TBS放送劇団に所属していた中曽根雅夫が担当する予定だったが、中曽根はアフレコ収録時間に大幅に遅れてしまう。しかし中曽根を待つ時間的余裕がないため、監督の円谷が「それなら自分が」と引き受けた。しかし、本番でうまくいかなかったため、編集担当の近藤久が代わって引き受けることとなり、光の国の宇宙人と地球人とのファーストコンタクトシーンの画像が完成したという。ただし、ウルトラマンの「シュワッチ!」などのかけ声(効果音)は、中曽根のものである。


主な作品[編集]

映画・テレビ[編集]

主な作詞活動[編集]

いずれも東京一(あずま きょういち)名義。

  • 大怪獣のうた
  • ウルトラマーチ
  • ウルトラマンの歌
  • 特捜隊の歌
  • 進め!ウルトラマン
  • ウルトラセブンの歌
  • ウルトラ警備隊
  • ULTRA SEVEN
  • ウルトラ少年の歌
  • MJの歌
  • 帰ってきたウルトラマン
  • 怪獣音頭
  • ウルトラマンA
  • TACの歌
  • ミラーマンの唄
  • SGMの唄
  • 戦え! ミラーマン
  • トリプルファイターのうた
  • 緊急指令10-4・10-10
  • 炎のように燃えろ

出演[編集]

  • 現代の主役 ウルトラQのおやじ(1966年)
  • 怪奇大作戦 第2話「人喰い蛾」(1968年) - バーの客として出演(ノンクレジット)

家族[編集]

  • 弟:円谷皐(円谷プロダクション三代目社長・同社初代会長)、円谷粲(円谷映像社長)
  • 息子:円谷昌弘(円谷プロダクション五代目社長)、円谷英明(円谷プロダクション六代目社長)、円谷浩(俳優/本名:円谷寛)
  • 娘:円谷一美(シンガーソングライター)

円谷一(に相当する役)を演じた俳優[編集]

関連書籍[編集]

  • 円谷一 ウルトラQと“テレビ映画”の時代(双葉社、2006年7月、ISBN:4-575-29907-3)
  • 8ミリカメラ特撮のタネ本(芸術生活社、1970年)
    8ミリカメラにおける特撮技術の応用例を解説したもの。当初は英二の執筆予定だったが、急逝したため一が受け継いだ。

出典[編集]

  1. ^ 『ウルトラマンが泣いている』 円谷英明 2013年 講談社現代新書 ISBN 978-4-06-288215-6  P39-42 
  2. ^ 光の国から僕らのために―金城哲夫伝―