円谷浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つぶらや ひろし
円谷 浩
本名 円谷 寛
(つぶらや ひろし)
生年月日 (1964-03-08) 1964年3月8日
没年月日 (2001-07-24) 2001年7月24日(満37歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都世田谷区
死没地 日本の旗 日本神奈川県相模原市       
身長 180cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画
テレビドラマ
舞台
活動期間 1982年 - 2000年
活動内容 1982年:デビュー
2000年引退
配偶者 あり
著名な家族 祖父:円谷英二
父:円谷一
兄:円谷昌弘、円谷英明
妹:円谷一美
主な作品
映画
『超高層ハンティング』『福沢諭吉
テレビドラマ
宇宙刑事シャイダー』『真田太平記
若大将天下ご免!』『あなたが好きです

円谷 浩(つぶらや ひろし、1964年3月8日[1] - 2001年7月24日[2])は、日本俳優。本名、円谷 寛(読み同一)[1]

東京都世田谷区出身[3]堀越高等学校卒業[1]。身長180cm、体重68kg[1]血液型O型[4]

来歴・人物[編集]

ウルトラシリーズなどの特撮番組で知られる円谷プロダクションの一族出身であり、祖父は円谷英二、父は円谷一で、クリスチャンである。また円谷昌弘(円谷プロダクション第5代社長)、円谷英明(円谷プロダクション第6代社長)を兄にもち、妹には円谷一美(旧名:又紀仁美シンガーソングライター)がいる。

高校卒業後、円谷プロダクションに入社。同プロダクション芸能部所属の俳優第1号となり、1982年、テレビドラマ『特捜最前線』(テレビ朝日)のゲスト出演でデビュー。1984年には『宇宙刑事シャイダー』(同)で初主演を果たし、アクション俳優でないにもかかわらず、主人公・沢村大役を体当たりで演じた。趣味は球技[5]。特技は殺陣[1]乗馬[1]

その後も『ウルトラマンダイナ』(毎日放送)のミヤタ参謀など、円谷プロの各ヒーロー番組で重要な役を務めたほか、数々の映画・テレビ作品に出演した。『ウルトラマンティガ』の番外編的かつ円谷プロ黎明期へのオマージュ的なエピソードである「ウルトラの星」(第49話)では『ウルトラQ』の本編撮影を演出する父・円谷一の役を演じた。

しかし、俳優活動の中心であった東映京都撮影所では、健康管理に対する意識の低さから連日スタッフや共演者と飲む日々が続いた。このため肝臓を痛めてしまい[6]2000年に体調不良を理由に俳優引退した。その後は円谷プロダクション芸能部マネージャーを務めていたが、翌2001年7月24日神奈川県相模原市の病院で肝不全のため死去した。37歳没[2]

小西博之とは友人であった。小西によると『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』で円谷に捧げる意味で自分の役名を「日向浩」に変更してもらったという。[7]

宇宙刑事シャイダー』の撮影現場では役名にちなみ、「大」「大ちゃん」などの愛称で親しまれていた。アクション監督の金田治からはなぜか「ダイスケ」と呼ばれ、後年誕生した自身の息子に「大介」と名付けたという[8]

後任[編集]

円谷の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑2000』 VIPタイムズ社、2000年、280頁。
  2. ^ a b 『宇宙刑事シャイダー』、円谷浩氏が死去 - CINAMA TOPICS ONLINE、2012年4月21日閲覧。
  3. ^ 『日本映画人名事典 男優編<下巻>』 キネマ旬報社1996年、188頁。ISBN 978-4873761893
  4. ^ 『芸能手帳タレント名簿録 VOL.30』 連合通信社1995年、140頁。
  5. ^ 『テレビ・タレント人名事典 第5版』 日外アソシエーツ2001年、695頁。
  6. ^ 円谷英明『ウルトラマンが泣いている-円谷プロの失敗』講談社現代新書2215 2013年 ISBN 978-4-06-288215-6 P.72
  7. ^ 特撮ニュータイプ.2008年1月号.インタビューより
  8. ^ 『宇宙刑事大全』 双葉社2000年、190-191頁。ISBN 4-575-29080-7