ウルトラマンをつくった男たち 星の林に月の舟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウルトラマンをつくった男たち 星の林に月の舟』(ウルトラマンをつくったおとこたち ほしのはやしにつきのふね)は、1989年3月21日TBS系列で放送されたテレビドラマ。

概要[編集]

映画監督である実相寺昭雄の自伝『星の林に月の舟』を原作としており、特撮番組ウルトラマン』作成時の円谷プロを舞台とした物語である。

TBSで演出家として活動していた吉良平治(実相寺に相当)が円谷プロに出向し、ウルトラマン製作に携わっていた時期をドラマとして描いている。円谷英二との出会い、円谷プロへの出向、ウルトラマン誕生…と物語は進んでいく。そして、監督を任せられることになるが、独特の演出観のため他スタッフとの衝突を繰り返す。それでも、独自の美学にこだわり成長していく姿を描いていく。

メインとなるのは、『ウルトラマン』第35話「怪獣墓場」での「怪獣シーボーズが街に出現したときの街を破壊するのではなく空を恋しく思いふらふらする行動」、第34話「空の贈り物」での「ハヤタ隊員がベーターカプセルとカレースプーンを間違えてしまう」という演出である。

本作は、『ウルトラマン』のディレクターだった樋口祐三が所属するオフィス・ヘンミに「これを是非やりたい」と企画を提出して、オフィス・ヘンミと木下プロ、円谷プロダクションの3社で制作された。当時はバブル経済による好景気であり、その予算は映画並であったという[1]

番組のラストでは、同年春公開の映画『ウルトラマン大会』の鑑賞券プレゼントの告知があった。

あらすじ[編集]

昭和41年早春、TBS演出部でドラマの演出家をしていた吉良平治(三上)は、真夏のシーンで雪を降らせるという特異な演出を行ったことで、局宛てに視聴者から厳しい抗議が殺到する事態を起こし、上司の金子から厳しい叱責を喰らう。これ以外にも、過去に特異で視聴者が受け入れ難い演出を行っていたこと(歌番組で大物歌手の毛穴まで映し出すようなカメラアップを行ったなど)が局内で問題視されており、金子は遠回しに左遷を匂わせて吉良を罵倒する。

その夜、吉良の左遷の話を耳にした元演出部先輩の円谷一郎(三宅、TBSから父・円谷英二(西村)が興した円谷プロに移籍していた)は、傷心の彼を父・英二が監督している特撮映画の撮影現場見学に誘う。吉良はそこで、現実顔負けの迫力やリアリティに度肝を抜かれ、そしてそれを生み出すスタッフたちの仕事ぶりに感動して、その世界観に魅了される。

そして一郎は、吉良を誘った真意を伝える。それは、現在TBSで放送中の円谷プロ制作『ウルトラQ』がまもなく終了すること、そしてその後継番組の企画が進んでいることであり、その制作を一緒にやらないかという話だった。

若干躊躇した吉良だったが、撮影現場での感動に加え、初対面の英二から件の「真夏の雪」の演出に一定の評価を貰う(吹雪にした方が視聴者に意図が伝わったのではないか、というアドバイスだった)など、自身と英二の演出に対する“こだわり”“美学”が身近にあると感じられたことを機に、円谷プロに出向して新番組『ウルトラマン』の制作に参加する。しかしそのために、交際中だった若手女優・幸子(国生)とは破局、という代償を支払うことになった。

特撮作品の演出という新たな現場に飛び込んだ吉良は、そこで最初は気づかなかった現場の過酷な現状を目の当たりにするとともに、現場スタッフとの価値観の衝突や自身の演出を巡る様々な確執を経験しながら、自身の持つべき“こだわり”“美学”とは何か、そして演出家として進むべき道はどこかを掴み、演出家として大きく成長していくのであった…。

出演者[編集]

当初、円谷英二役には、オフィス・ヘンミと繋がりのあることから、『ゴジラ』の劇場公開以前の時期から東宝でヒットした映画作品に出演していた大物俳優が想定されていたが、出演を打診された大物俳優は「俺が円谷さんをやれるか」と言われて出演は流れた。そのため、オフィス・ヘンミが制作協力している関係から『水戸黄門』で水戸光圀を演じていた西村晃が起用された。西村は大喜びで円谷英二役を引き受けたとのことである[1]

スタッフ[編集]

  • 企画:飯島敏宏木下プロダクション)、逸見稔(オフィスヘンミ)、円谷皐円谷プロダクション)、樋口祐三(TBS)
  • 原作 監修:実相寺昭雄大和書房刊)
  • 脚本:佐々木守
  • テーマ音楽:宮内国郎
  • 音楽:田中公平
  • 技術:本木明博
  • カメラ:山崎秋夫
  • VE:岩下保典
  • 照明:倉本輝彦
  • 音声:菅原正巳
  • 効果:大鐘信慶
  • 編集:新井孝夫
  • 美術デザイン:石田道昭
  • 美術制作:上野武義、平野裟一
  • 大道具:三木憲一
  • 小道具:中川昌平
  • 持道具:赤松慶人
  • 建具:マエヤマ
  • 植木:アサヒ植木
  • 電飾:古麿電設
  • 衣装:片山信雄
  • ヘアメイク:倉本〆子
  • スチール:工藤勝彦
  • 制作補:藤原幣吉
  • 制作デスク:岡崎道徳
  • 演出補:飯塚正彦
  • 記録:岡田祐子
  • プロデューサー:中村和則(オフィスヘンミ)、満田かずほ(円谷プロダクション)、山本典助(TBS)
  • 演出:山田高道
  • 制作:オフィスヘンミ、木下プロダクション、円谷プロダクション、TBS

特撮スタッフ[編集]

受賞[編集]

  • 第6回(1989年)ATP賞グランプリを受賞した。

関連項目[編集]

DVD[編集]

  • 『ウルトラマンをつくった男たち 星の林に月の舟』2005年1月26日発売

出典[編集]

  1. ^ a b 白石雅彦『飯島敏宏 「ウルトラマン」から「金曜日の妻たちへ」』双葉社、2011年、pp.262-263