煙の王様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

煙の王様』(けむりのおうさま)は、1962年10月28日TBS系列で放送された単発のテレビドラマ。および、それのリメイクとして製作され、1963年6月日活配給で公開された映画

あらすじ[編集]

舞台は、煙突が立ち並ぶ川崎市の工場地帯。そこの埋立地に廃棄された、古い三等列車に住む百々山家の次男・三明は、“ポパイ”と呼ばれ、明朗快活な少年であった。

ある日、長男の一彦が勤務先の工場で事故に遭い、足に大けがを負ってしまう。工場をやめさせられた一彦は、家を飛び出してしまった。そんな中、拡張工事のために、百々山家の簡易住宅が強制執行されることになった…

テレビドラマ[編集]

東芝日曜劇場「煙の王様」
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:30 - 22:30(55分)
放送期間 1962年10月28日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 円谷一
脚本 生田直親
出演者 市川好郎
北島まや
菅井きん
佐々木功
相原ふさ子
河野秋武
戸浦六宏
オープニング 作曲:山下毅雄

特記事項:
・全編モノクロフィルム制作
・第17回芸術祭文部大臣賞受賞
・第2回日本テレフィルム技術賞(録音)受賞
・1964年10月11日、同枠で「英語字幕スーパー版」が放送
テンプレートを表示

1962年10月28日の21時30分 - 22時30分に、TBS系列『東芝日曜劇場』(東芝一社提供)で放送された(第308回)。全編オールロケ収録の、モノクロフィルムによる製作である(テレビ映画)。制作はTBSと東京テレビ映画(現:TBSビジョン)

第17回文部省芸術祭賞(文部大臣賞)、第2回日本テレフィルム技術賞(録音)受賞作品。演出は、当時TBSディレクターであった円谷一。音楽は山下毅雄が担当した。

芸術祭賞受賞記念として、1963年1月13日に同枠で再放送された。また1964年10月11日に「五輪記念特別番組 英語字幕スーパー版」が同枠で放送された。これは外国人記者に『東芝日曜劇場』の数作品をモニターしてもらい、本作が好評を得たことによる。これを機に、当時の日本のテレビ番組としては珍しく外国でも放送された。1964年の夏にカナダカナダ放送協会(CBC)にて放送され、その後、アメリカCBSでも放送された。

現在は横浜市放送ライブラリーで閲覧できるほか、CS放送TBSチャンネルでもたびたび放送されている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

TBS 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
慕情
(1962年10月21日)
煙の王様
(1962年10月28日)
人間の土地
(1962年11月4日)
ABC制作)
TBS系 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
カミさんと私 その15 人生のおみやげ
(1964年10月4日)
煙の王様 英語字幕スーパー版
(1964年10月11日)
海のおへそ
(1964年10月25日)
RKB制作)

映画[編集]

煙の王様
監督 樋口弘美
脚本 根岸正
原源一
出演者 浜田光夫
市川好郎
十朱幸代
和田浩治
殿山泰司
音楽 鏑木創
撮影 間宮義雄
編集 鈴木晄
製作会社 日活
配給 日活
公開 日本の旗 1963年6月23日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

前年のテレビドラマが評価を受けたことにより、映画版が製作された。1963年6月23日公開。配給は日活。99分。

百々山三明役には、テレビドラマから引き続き、市川好郎が起用された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]