樋口祐三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

樋口 祐三(ひぐち ゆうぞう、1935年11月28日[1]- )は、東京都出身のテレビディレクタープロデューサー

人物[編集]

TBSに所属し、円谷一のアシスタントディレクターを経て、『そんなとき私は』で監督デビュー[2]

1966年から67年に放送された円谷プロダクション制作の『ウルトラマン』では当初は番組担当として参加し、撮影スケジュールの問題から監督としても関わる様になり、第21・31話では海堂 太郎(かいどう たろう)名義で脚本も兼任した。『ウルトラマン』で助監督を務めた大平隆は、樋口について「個性を前に出さないが、娯楽作として素晴らしい物を創る」と評価している[3]

TBS退社後はオフィス・ヘンミに移籍。1989年には企画した『ウルトラマンをつくった男たち 星の林に月の舟』が放送[4]。『水戸黄門』では、第43部と最終回2時間スペシャルの2011年までプロデューサーを務めた。

監督作品[編集]

  • そんなとき私は(1961年)
  • 青年同心隊(1964年)
  • ウルトラマン 39話中4本担当 ※脚本も担当
    • 第20話「恐怖のルート87」(1966年)
    • 第21話「噴煙突破せよ」(1966年)
    • 第30話「まぼろしの雪山」(1967年)
    • 第31話「来たのは誰だ」(1967年)

脚本作品[編集]

海堂 太郎名義

  • ウルトラマン(1967年)
    • 第21話「噴煙突破せよ」
    • 第31話「来たのは誰だ」
  • ウルトラQ倶楽部(2003年)※演出も担当

プロデューサー[編集]

出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ BAD TASTE編『甦れ!ウルトラ黄金時代 Q マン セブン!!』竹書房、2006年、p.106
  2. ^ 白石雅彦『円谷一 ウルトラQとテレビ映画の時代』双葉社、2006年、p.55
  3. ^ 友井健人「INTERVIEW 『ウルトラマン』本編助監督 大平隆」、『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社2016年3月13日、 pp.234-237、 ISBN 978-4-8003-0865-8
  4. ^ 白石雅彦『飯島敏宏 「ウルトラマン」から「金曜日の妻たちへ」』双葉社、2011年、pp.262-263