中曽根雅夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかそね まさお
中曽根雅夫
生年月日 1935年
没年月日 1993年
出生地 日本の旗 日本群馬県
活動期間 1958年 - 1970年代

中曽根雅夫(なかそね まさお、1935年 - 1993年)は、日本男性俳優声優群馬県出身。

来歴・人物[編集]

1958年よりTBS放送劇団に所属。同期には他に声優の田中信夫天田俊明がいる。

特撮テレビ番組『ウルトラマン』の主人公(M78星雲から来た巨大な宇宙人=ウルトラマン)の声、掛け声(効果音)を担当した。しかしタイトルバックにクレジットされなかったこともあり、「シュワッチ!」という広く知られた掛け声に対し、中曽根の名はほとんど知られていない。

中曽根がウルトラマンの声(人間の言葉を話す際の声)を担当することが決まった時にはアフレコ収録が進んでおり、第1話でウルトラマンの声を演じることはなかった(アフレコの現場にいた編集技師の近藤久が演じた)が、その後のウルトラマンの声を一任されることになった。より良い響きが出るよう、ピアノの中に顔を突っ込んで発声するなどして、よく知られるウルトラマンの声を完成させていった。第33話ではメフィラス星人との会話シーンを担当、掛け声ではない、キャラクターとしてのウルトラマンの声を演じることができた。

その後東映アニメ作品などにも声優として出演していたが、俳優として芽が出ることはついになく、さまざまな仕事を転々とした後に家族とも離別、不遇の内に1993年孤独死した。

声優の田中信夫は死去時の状況について、「1993年9月2日、3時」(田中が中曽根の亡骸を発見した警察から連絡を受けてメモした日付で、この日が【命日】かは、未確認)とし、「風邪をこじらせての、衰弱死か病死」と述べている。警察より田中に照会が行ったのは、遺品手帳に田中の氏名が書かれ、住まいも近所だったからとの理由だという。しかし、田中は中曽根が近所に住んでいた事も知らなかったとしている。

田中は中曽根について、「見かけはコワモテだったが、優しすぎるほどの優しい男だった」と回想している。死の直前にも田中に「俳優として返り咲きたい」旨を告げていたという。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

1966年

1967年

1969年

1970年

1972年

テレビアニメ[編集]

1963年

1965年

1967年

1968年

1969年

1971年

1972年

吹き替え[編集]

演じた俳優[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『円谷プロ画報 (1)』(竹書房・2013年)p.194
  2. ^ 中曽根によるウルトラマンの「シュワッチ!」という掛け声は、その後の『帰ってきたウルトラマン』や『ウルトラマンA』、『ウルトラマンG』、『ウルトラマンパワード』、『ウルトラマンネオス(パイロット版)』などにも流用されている。
  3. ^ 『円谷プロ画報 (1)』 p.199
  4. ^ 『円谷プロ画報 (1)』 p.214、215
  5. ^ 前記のウルトラマンの「シュワッチ!」が完成するまでの経緯や、不明な点の多い中曽根の生涯について、田中信夫らへの取材をもとに記載されている。