神波史男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神波 史男(こうなみ ふみお、1934年1月10日[1] - 2012年3月4日)は、日本脚本家

来歴・人物[編集]

東京市出身。永田町小学校(現麹町小学校)を卒業後[2]1952年東京都立日比谷高等学校1956年東京大学仏文科卒業。

1958年東映へ入社[3]。『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』で脚本家デビュー。以降、数々の映画脚本を執筆してきた。

空手道場「誠真会館」の名誉顧問も勤めていた[1]

2012年3月4日、多臓器不全のため死去[4]。78歳没。

作品[編集]

映画[編集]

※は合作

ドラマ[編集]

受賞[編集]

最優秀脚本賞

優秀脚本賞

脚注[編集]

  1. ^ a b 誠真会館 指導部”. 誠真会館 (2009年7月15日). 2009年7月20日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報 第 768~771 号 キネマ旬報社 黒甕社 1979 p139
  3. ^ 訃報:神波史男さん78歳=脚本家 - 毎日jp 2012年3月8日
  4. ^ 神波史男氏死去(脚本家) 時事通信 2012年3月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]