メイク・アップ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メイク・アップ
監督 中原俊
脚本 神波史男
原作 若一光司海に夜を重ねて
製作 田中寿一結城良煕
出演者 烏丸せつこ
尾美としのり
音楽 市川都
撮影 森勝
編集 冨田功
配給 ニュー・センチュリー・プロデューサーズ
公開 日本の旗 1987年4月25日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

メイク・アップ』は、1987年4月25日公開の日本映画。監督は中原俊。主演は烏丸せつこ

解説[編集]

原作は若一光司の小説『海に夜を重ねて』。

映画自体は1985年に完成するも、なかなか日の目を見ず、1987年になって文芸坐発掘ロードショーで公開された。

脚本はクレジット上は神波史男であるが、その他に周防正行水谷俊之磯村一路西岡琢也などが関わっており、監督の中原も手を入れたため、最終的には誰がどの部分を書いたか分からない状態となった(DVD解説より)。

あらすじ[編集]

三十路間際のストリッパー・マミ(烏丸せつこ)は、マネージャーもつけずに一人で旅回りをしている。マミは大阪の劇場で、住み込みで下働きをしている知的障害を抱える少年・民夫(尾美としのり)と出会う。身寄りもなく周囲から差別されていた民夫をマミは旅に誘う。やがてマミを姉のように慕い始める民夫。大阪・徳島・下関と楽しい旅はしばらく続いたが、ある日、博多の劇場で民夫がたちの悪い踊り子に絡まれてしまう。深く傷ついた民夫は心を閉ざしがちになり、その頃を境に2人の関係に陰りが見え始める。

キャスト[編集]

マミ
演 - 烏丸せつこ
三十路間際のストリッパー。民夫を旅に誘う。
民夫
演 - 尾美としのり
知的障害を抱える少年。マミと一緒に旅回りをする。亡き父親との思い出がこもった小石を大切にしている。
晴美
演 - 吉行和子
マミの先輩ストリッパー。マミと徳島で再会した際には年下のマネージャー・明と籍を入れている。
ファンシー美希
演 - 亜湖
ストリッパー。博多の劇場で民夫を部屋に連れ込んだ末、マミと取っ組み合いの喧嘩になる。
ララ
演 - 山本奈津子
ストリッパー。
ローザ
演 - 春やすこ
ストリッパー。大阪の劇場で通帳を盗まれたと主張し、民夫を疑う。
美子
演 - 岡本麗
スナックのママ。民夫の将来を案じたマミから職探しを依頼される。
演 - 小林稔侍
晴美の年下の夫・兼マネージャー。
津島
演 - 木之元亮
カメラマン。マミの昔の恋人。
河井
演 - 小坂一也
海辺の温泉街の劇場の支配人。
京子
演 - 浅川奈月
河井の幼い娘。民夫と仲良くなる。
マネージャー
演 - ふとがね金太
シルビアのマネージャー。
演 - 筑紫哲也
長野
演 - 三谷昇
大阪の劇場の投光係。身寄りのない民夫を見かねて劇場に連れて来た。
賄いのおばさん
演 - 正司花江
大阪の劇場の従業員。民夫のことを差別しない。
久枝
演 - 春川ますみ
マミの母親。リウマチで療養中。娘とは折り合いが悪い。

スタッフ[編集]