ふとがね金太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ふとがね 金太(ふとがね きんた、1955年10月25日 - )は、元ツイストドラマー&リーダー、ミュージシャン ナレーター。本名:占部 隆一。

株式会社BEE FIT(ビーフィット)所属。

来歴・人物[編集]

福岡県戸畑市(現・北九州市戸畑区)出身。明治学園小学校・中学校、熊本マリスト学園高等学校大阪芸術大学放送学科広告専攻を卒業。

高校時代よりシンガー&ソングライターとしてRKK熊本放送の『サンデージャンボリー』やジャズ喫茶タローなどで活動し、1973年にヤマハ主催の第6回ポピュラーソングコンテストに九州地区代表として出場、「あなた」でグランプリ受賞の小坂明子と共に17歳の最年少代表としてオリジナル曲『想い』を歌った。これがきっかけとなり、プロの道を目指すようになる。

1977年、ロックバンドTWISTのドラム&リーダーとして「あんたのバラード」でデビュー。「宿無し」「銃爪」「性」「燃えろいい女」「SOPPO」「LOVE SONG」「身に覚え」などの曲を世に送り出す。

1982年、ソロシンガーとしてシングル「女はMissを許さない」、アルバム『失敬!!』でデビュー。2ndシングル「愛・THROUGH THE NIGHT」は各地有線で上位を独占する。

1983年、俳優竜雷太が社長を務めるアクターズ・プロモーションに所属、俳優・司会・ナレーターとして多方面で活動する。日本テレビNEWS ZERO」、BSフジプラチナ・シート」、BS- iThe Best Hotel」。テレビ埼玉の公営競技番組「BACHプラザサタデー」司会。最近[いつ?]のオン・エア-TVCMはフォルクスワーゲン ヴァリアント(氷室京介)、ヘルシアコーヒー(松井秀喜)、吉野家牛丼&焼味豚丼&牛鍋丼、リポビタンD

1988年、タイバンコクへ進出、アイドルスター・LEOPUTに楽曲を提供し30万枚を売り上げた。

2000年、3枚目のアルバム『KRUNGTHEP(クルンテープ)』の発表を期にアジアンポップユニット「KING CHANG(キング・チャ-ン)」を結成、STB139スイートベイジルでのライブは各方面で注目を浴びた。

2006年、2度のバンコクソロライブを敢行、大勢の在タイ者に迎えられた。

2007年、「デビュー30周年記念ライブ」と共に、6thアルバム『Pong King Pitch』を発表する。

2009年、ユニット「Forever 50」に参加。浅野孝已(ゴダイゴ)、鮫島秀樹(ハウンドドッグ)、松田弘(サザンオールスターズ)と共にRockやSoulの原点を追求。

2012年、「デビュー35周年記念ライブ」と共にシングル「頑張らねば」を発表、また浅野とのアコースティックユニット「菴羅(ANRA)」のバリ島・バンコクツアーを開催、2015年まで3回のバンコクライブを敢行する。

2013年、「菴羅 ANRA JAPAN TOUR」(博多 小倉 広島 大阪 東京)。

2017年、全国7カ所の「デビュー40周年記念ライブ」。ユニット「Kinta Kunte(キンタクンテ)」のアルバムを発表。

2018年、6度目のバンコクライブ。

2019年、金太ファミリーバンドとして昔の仲間とツイストのライブを開催。

2020年5月25日、8枚目のアルバム「Railay(ライレイ)」を発売。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他テレビ番組[編集]

Vシネマ[編集]

CMナレーション[編集]

ゲーム[編集]

ドラマCD[編集]

  • ザ・キング・オブ・ファイターズ2000 ドラマCD(ゼロ、ナレーション)

CD[編集]

シングル[編集]

  • 「女はMissを許さない」
  • 「愛・Through The Night」

アルバム[編集]

  • 「愛・Through The Night」
  • 「失敬!」
  • 「KRUNGTHEP」
  • 「Asian Foods Beat」
  • 「Yoitosa」
  • 「Pong King Pitch」
  • 「頑張らねば」
  • 「Railay 〜幸せの光〜」

外部リンク[編集]