ホタル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホタル
監督 降旗康男
脚本 竹山洋
降旗康男
出演者 高倉健
田中裕子
水橋貴己
奈良岡朋子
井川比佐志
小澤征悦
音楽 国吉良一
撮影 木村大作
編集 西東清明
製作会社 (「ホタル」製作委員会)
東映
テレビ朝日
住友商事
角川書店
東北新社
日本出版販売
TOKYO FM
朝日新聞社
高倉プロモーション
配給 東映
公開 日本の旗 2001年5月26日
韓国の旗 2002年1月18日
フランスの旗 2002年12月4日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 23.3億円[1]
テンプレートを表示

ホタル』は、2001年公開の降旗康男監督、高倉健主演の日本映画東映創立50周年記念作品。

鉄道員〈ぽっぽや〉」の降旗康男監督と高倉健が再タッグを組んだ人間ドラマ。特攻隊の生き残りである漁師が昭和の終焉に直面。不治の病に侵された妻とともにある“旅“に出ることを決意する[2]

第25回日本アカデミー賞で13部門ノミネート。高倉も主演男優賞にノミネートされたが、「後輩の俳優に道を譲りたい」として辞退した。

あらすじ[編集]

桜島を望む鹿児島の小さな港町で静かに暮らす山岡と妻の知子。漁師をしていた山岡は、知子が14年前に腎臓を患い人工透析が必要になったのを機に沖合での漁をやめカンパチの養殖を始めた。時代が“平成”に変わったある日、山岡は藤枝という男が青森の冬山で亡くなったことを知る。藤枝は山岡と同じ特攻隊の生き残りで、彼が自ら命を絶ったことに山岡は愕然とする…[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2001年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ ホタル”. ぴあ映画生活. 2013年6月3日閲覧。
  3. ^ ホタル 解説・あらすじ”. Yahoo!映画. 2013年6月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]