野田幸男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のだ ゆきお
野田 幸男
生年月日 (1935-02-02) 1935年2月2日
没年月日 (1997-08-27) 1997年8月27日(62歳没)
出生地 和歌山県御坊市
国籍 日本の旗 日本
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1958年 - 1997年
主な作品
映画
不良番長シリーズ』 『やくざ刑事シリーズ
0課の女 赤い手錠』 『激殺! 邪道拳
ゴルゴ13 九竜の首
テレビドラマ
ザ★ゴリラ7』 『特捜最前線
大激闘マッドポリス'80
テンプレートを表示

野田 幸男(のだ ゆきお、1935年2月2日 - 1997年8月27日)は、日本映画監督演出家脚本家和歌山県御坊市出身[1]

代表作には『不良番長シリーズ』、『やくざ刑事シリーズ』、『0課の女 赤い手錠』、『激殺! 邪道拳』、『ゴルゴ13 九竜の首』など[1]

経歴[編集]

京都大学在学中に戸浦六宏の主催する劇団「風波」に参加。1958年(昭和33年)に大学卒業後、東映東京撮影所に助監督として入社し、石井輝男佐伯清らに師事する。

1968年(昭和43年)3月、日本プロレスの記録映画である『プロレスWリーグ 血ぬられた王者』で監督デビュー。同年には梅宮辰夫主演の『不良番長』で映画の演出デビューも果たした。同作は大ヒットとなり、1972年(昭和47年)の『不良番長 骨までしゃぶれ』までシリーズ全16作が製作され、野田は11作を監督した。

この他に、千葉真一主演の『やくざ刑事シリーズ』、合作映画『激殺! 邪道拳』や、『0課の女 赤い手錠』、『ザ・カラテ』などのアクション映画の監督も務めている。劇場映画では千葉主演作品である1977年の日香合作映画『ゴルゴ13 九竜の首』が最後の監督作品となったが、その後はテレビへ活躍の場を移し、『ザ★ゴリラ7』、『特捜最前線』、『大激闘マッドポリス'80』などを演出した。この時期に野田に師事していた一人に三池崇史がいる。

1997年平成9年)8月27日肝不全のため死去。62歳没。

人物[編集]

石井輝男は野田について「野田ちゃんてのは、『網走番外地』の時だったかなあ。雪の風景がワンカット欲しいんで彼に撮りに行かせたら、仲々帰って来なくて、やっと帰って来たと思ったら、もう何十分もキャメラ回してんですよ。」と語っている。また、『不良番長』シリーズのレギュラー出演者であった山城新伍によれば、「野田は映画が封切られると必ず観に行き、どのシーンがウケたか、ウケなかったか、綿密にチェックして、次の作品の参考にした」という。[2]

野田は『不良番長』で岡田茂に監督に抜擢された人だったが[3][4]、当時の東映娯楽映画の倍近くカットを切り刻む人で[5]残業量は"深夜作業組"こと深作欣二と双璧といわれた[5]。毎日朝から深夜まで撮影を続け、野田組に入ったら一ヵ月家で夕飯は食えないといわれ[5]、カット割りが細かすぎでスクリプターも混乱をきたすほどで現場を疲弊させた[5]。あまりの予算オーバー、日数オーバーの罪を背負わされ、テレビに回されたが、テレビの現場も音を上げた[6]。1975年の『東京ふんどし芸者』は野田久しぶりの映画復帰作だったが、最低の予算を充てられて、予算も日数もオーバーし、東映主脳から「二度と映画は撮らせない」と最後通告を受け、撮影所に出入り禁止になった[6][7]

岡田茂は長年、時間も予算もかけ頑張って質の高いものを撮る監督を退治し続けた[8]団交の時など「強い監督がいなくなったんで、現場がやりやすくなった」と自慢した[8]。 岡田社長は前記の理由は勿論、組合運動にも熱心な野田を辞めさせたかったが[4]、野田は親族住友銀行の幹部がいて切れなかった[4]。東映は会社発足の際に巨額の負債があり[9][10][11]、その金を五島家の全財産を担保に入れて肩代わりしたのが五島慶太[9][10][12][13]、金を融資したのが岡田の広島一中(広島国泰寺高校)の先輩で後に住友銀行の頭取になった鈴木剛という経緯があり[9][10][12][13]、東映のメインバンクの一つが住友銀行になったのはこれが始まりで[4][12]、この逸話をよく知る岡田は野田を切りたくても切れなかったのである[4]。岡田がどんどん力を付けて、ワンマン体制も固まると、一度岡田に睨まれたら、東映に二度と復帰できない状況になったが[7]日本テレビ山口剛プロデューサーに請われ、局プロの意向に背くわけにもいかず、東映が折れ[7]、再び撮影所の門はくぐれたが、以降はテレビのディレクターに移った[7]

作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 映画監督 故野田幸男氏の生家跡地に石碑
  2. ^ ダーティ工藤「幻の傑作『0課の女・赤い手錠』を撮った男 野田幸男の軌跡」『映画秘宝Vol.2 悪趣味邦画劇場』、洋泉社、1995年
  3. ^ 「特別グラビア 特集『不良番長』全16作 われらの番長梅宮辰夫とカポネ団が還って来た! 『不良番長』のころ 文・野田幸男 /梅宮辰夫・吉田達・野田幸男特別鼎談 『不良番長』に注いだ熱気とエネルギーを甦らせよう!」『キネマ旬報』1981年4月上旬号、キネマ旬報社、 40 - 41、108 - 116頁。「エネルギッシュに生きる小悪党を『乱暴者』にヒントを得て『不良番長』をシリーズ化」『東映の軌跡』東映株式会社総務部社史編纂、東映株式会社、2016年、176頁。
  4. ^ a b c d e 杉作J太郎・植地毅(編著)「吉田達インタビュー」『不良番長 浪漫アルバム』徳間書店、2017年、246–253頁。ISBN 9784198643546
  5. ^ a b c d 佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第十四回 ゲリラ蛙は夢を見れるか?」『シナリオ』2013年7月号、日本シナリオ作家協会、 46-50頁。
  6. ^ a b 佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第十五回 ふんどし芸者の大乱戦」『シナリオ』2013年8月号、日本シナリオ作家協会、 54-58頁。
  7. ^ a b c d 佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第五十三回 当時そこにあった危機」『シナリオ』2016年12月号、日本シナリオ作家協会、 44-45頁。
  8. ^ a b 「全東映労連映研集会『どうしたら東映映画は再生できるか』」『映画撮影』1995年4月 No.223、日本映画撮影監督協会、 37頁。
  9. ^ a b c “日本商工会議所名誉会頭五島昇氏(9) 東映再建―父に事業のオニ見る(私の履歴書)”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): pp. 32. (1989年3月9日) 
  10. ^ a b c 三鬼陽之助『日本財界人物伝全集 五島慶太伝』第十五巻第八回、東洋書館、1954年、166-170頁。
  11. ^ 塩沢一彦 (1995年8月14日). “〔映画百年〕(32)東映の設立 時代劇解禁が恵の風に(連載)”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 7 「会社の履歴書 東映」『実業之日本』1962年12月1日号、実業之日本社、 154頁。
  12. ^ a b c 岡田茂『悔いなきわが映画人生東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年、171-175、238頁。ISBN 4879320161
  13. ^ a b 第40回 五島慶太(その三)稼いだカネは「映画」に投入---時代劇によって東映を復活させた

参考文献[編集]

  • 『映画秘宝Vol.2 悪趣味邦画劇場』、洋泉社、1995年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]