野田幸男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
のだ ゆきお
野田 幸男
生年月日 (1935-02-02) 1935年2月2日
没年月日 (1997-08-27) 1997年8月27日(満62歳没)
出生地 和歌山県御坊市
国籍 日本の旗 日本
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1975年 - 1997年
主な作品
映画
不良番長シリーズ』 『やくざ刑事シリーズ
0課の女 赤い手錠』 『激殺! 邪道拳
ゴルゴ13 九竜の首
テレビドラマ
ザ★ゴリラ7』 『特捜最前線
大激闘マッドポリス'80

野田 幸男(のだ ゆきお、1935年2月2日 - 1997年8月27日)は、日本映画監督演出家脚本家和歌山県御坊市出身。

代表作には『不良番長シリーズ』、『やくざ刑事シリーズ』、『0課の女 赤い手錠』、『激殺! 邪道拳』、『ゴルゴ13 九竜の首』など。

経歴[編集]

京都大学在学中に戸浦六宏の主催する劇団「風波」に参加。1958年(昭和33年)に大学卒業後、東映東京撮影所に助監督として入社し、石井輝男佐伯清らに師事する。

1968年(昭和43年)3月、日本プロレスの記録映画である『プロレスWリーグ 血ぬられた王者』で監督デビュー。同年には梅宮辰夫主演の『不良番長』で映画の演出デビューも果たした。同作は大ヒットとなり、1972年(昭和47年)の『不良番長 骨までしゃぶれ』までシリーズ全16作が製作され、野田は11作を監督した。

この他に、千葉真一主演の『やくざ刑事シリーズ』、合作映画『激殺! 邪道拳』や、『0課の女 赤い手錠』、『ザ・カラテ』などのアクション映画の監督も務めている。劇場映画では千葉主演作品である1977年の日香合作映画『ゴルゴ13 九竜の首』が最後の監督作品となったが、その後はテレビへ活躍の場を移し、『ザ★ゴリラ7』、『特捜最前線』、『大激闘マッドポリス'80』などを演出した。この時期に野田に師事していた一人に三池崇史がいる。

1997年平成9年)8月2日肝不全のため死去。62歳没。

人物[編集]

石井輝男は野田について「野田ちゃんてのは、『網走番外地』の時だったかなあ。雪の風景がワンカット欲しいんで彼に撮りに行かせたら、仲々帰って来なくて、やっと帰って来たと思ったら、もう何十分もキャメラ回してんですよ。」と語っている。また、『不良番長』シリーズのレギュラー出演者であった山城新伍によれば、「野田は映画が封切られると必ず観に行き、どのシーンがウケたか、ウケなかったか、綿密にチェックして、次の作品の参考にした」という。[1]

吉田豪による山城新伍インタビューによると、「不良番長」シリーズでは山城新伍らクセ者役者が次から次にアドリブを入れ、野田もそれを喜んで撮影した。そのためクランクイン早々、会社から振り分けられたフィルムを全て使い果たしてしまった。しかし、その翌日に野田は「他の現場からフィルムを盗んできました~!」と役者陣に高らかに叫んで撮影を続けた。

作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ダーティ工藤「幻の傑作『0課の女・赤い手錠』を撮った男 野田幸男の軌跡」『映画秘宝Vol.2 悪趣味邦画劇場』、洋泉社、1995年

参考文献[編集]

  • 『映画秘宝Vol.2 悪趣味邦画劇場』、洋泉社、1995年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]