消えた巨人軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

消えた巨人軍』(きえたジャイアンツ)は、西村京太郎1976年に著した推理小説。単行本は徳間書店から刊行された。

あらすじ[編集]

1976年のセ・リーグペナントレース終盤、前年に球団初の最下位となった長嶋茂雄監督率いる読売ジャイアンツ(巨人軍)と、吉田義男監督率いる阪神タイガースは僅差で優勝争いを繰り広げていた。

甲子園での阪神3連戦の前の移動日、球団職員に送られ、巨人ナインは新幹線ひかり」号に乗って東京駅を発った。翌朝、球団職員は普段巨人軍が宿泊している旅館から、まだ巨人選手団が宿泊していないことを電話で知らされる。確かに前日選手は出発したはず。一体どこへ?

球団事務所は警察に極秘裏に捜査を頼むと同時に、職員の既知だった私立探偵・左文字進にも捜査を依頼する。左文字もまた、球団秘書とともに捜査を極秘裏に進めていくが、時間がない。巨人・阪神3連戦の第1戦の開始まで後数時間しか残されていないのだ……。

設定・テーマ[編集]

西村が誘拐事件を題材にしていた頃の作品であり、1976年日本プロ野球のペナントレースを舞台にした小説である。実在の人物たちが集団ごと誘拐されるという点で極めて珍しく、かつ画期的ともいえる作品である。1978年には日本テレビでドラマ化もされた。

上記のとおり、誘拐される巨人軍選手は全て実在である。当時の主な選手は

なお、表紙には長嶋茂雄と新幹線(0系)が描かれている。

またこの作品では、将来が有望というだけで、活躍が保証されていないにもかかわらず、あまりに高額な契約金を払うプロ野球に対する疑問も投げかけられている。

テレビドラマ[編集]

1978年9月1日から9月29日にかけて日本テレビ系で放送された。DVDが2009年12月11日発売。

キャスト[編集]

左文字進
演 - 藤岡弘
原作ではアメリカ帰りのハーフの探偵であるが、本作では矢部警部の部下である日本人の刑事に変更されている。巨人軍はあまり好きではなく、その点に関して矢部警部から注意を受ける場面がある。ただし、野球に関しては上司である矢部と張り合う程度の造詣はある。巨人軍の選手・コーチ・監督が甲子園に向かうため、新大阪に向かう列車に偶然乗り合わせていた(史子と共に大阪方面に新婚旅行に向かっていた)。
史子
演 - 水沢アキ
原作では、読売巨人軍の会長の秘書となっているが、今回は矢部警部の次女(大学生)で左文字の結婚相手である。ただし、原作と変わらず左文字の秘書のような存在となる(ただし、原作の秘書は半ば強制的にコンビを組まされたが、捜査への参加に非常に積極的で、夫の左文字からは、「捜査に関わるのは危険を伴うからやめてくれ」と度々注意を受けている)。また、父親や左文字とは反対に野球知識に疎く、「ホームランを打てば試合に勝利する」と発言している。
矢部警部
演 - 大坂志郎
上記の2人とは違い、原作とほとんど同じ設定である。左文字刑事の直属の上司。長女の息子と共に筋金入りの巨人ファンで、時間があれば孫のひさし(演:森川誠)とキャッチボールに興じる。さらに、長嶋茂雄の引退セレモニーをテープで納めたいという理由だけで、当時は高価だったビデオデッキ(録画可能)を購入して家族をあきれさせている。巨人軍が団体で拉致される直前、甲子園に向かう選手達が乗っている列車に遭遇し、選手を覗き込んでいたところ、たまたま取材中だった馴染みの新聞記者から球団関係者である田島広報課長を紹介され、名刺交換をしている(これが事件に関与するきっかけとなった)。
長谷川球団代表(原作では青木代表)
演 - 岡田英次
拉致された日の早朝、自宅に犯人から電話が掛かってくる。
張江広報課長(原作では田島広報課長)
演 - 山田吾一
今回の拉致事件で真っ先に長谷川から相談を受けた人物。その際、前日に会った巨人ファンである矢部警部に内密に捜査してもらうよう提案し要請する。
井沢記者
演 - 大和田伸也
東西スポーツ新聞の記者。巨人軍が阪神との試合中止を申し込んだ事で、「事件があったのではないか?」としつこく読売巨人軍に取材を申し込む。ちなみに矢部とは旧知の仲であり、巨人ファンの矢部と度々情報交換する(ただし、巨人が勝利した翌日だけであるが)。
香苗(史子の姉)
演 - 赤座美代子
矢部警部の娘(長女)。結婚はしたものの、失敗して現在は父親の家に転がり込んで矢部の妻代わりをしている。息子・恒(ひさし)がおり、父親と同様に大の巨人ファンである。
生田敬四郎
演 - 平泉征
元プロ野球選手。現在は生活コンサルタントという謎の仕事をしている。今回の事件の実行犯。
入江高具
演 - 西村晃
今回の事件の首謀者の老人。
片平
演 - 本郷直樹
菊池
演 - 大谷朗
前島五郎
演 - 多宮健二
生田の共犯者たち。
その他

※巨人の選手については、実際の記録映像が使用されている。

スタッフ[編集]

日本テレビ 金曜劇場
前番組 番組名 次番組
消えた巨人軍

関連項目[編集]