終着駅殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
十津川警部シリーズ > 終着駅殺人事件
終着駅殺人事件
著者 西村京太郎
発行日 1980年
発行元 光文社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 449
コード ISBN 4334746756
ISBN 978-4334746759(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

終着駅殺人事件』(ターミナルさつじんじけん)は、西村京太郎の長編推理小説1980年光文社から刊行された。

昭和56(1981)年度日本推理作家協会賞受賞作である。本作を原作として、テレビドラマ3作品が制作されている。

概要[編集]

本作は、『寝台特急殺人事件』(1978年)、『夜間飛行殺人事件』(1979年)に続くトラベルミステリー作品である。作者は、綾辻行人との対談で自選ベスト5を選出した際には本作を選出せず、トラベルミステリー作品から『寝台特急殺人事件』を選んでいる。まず『D機関情報』、次いで『殺しの双曲線』、そのあとに『寝台特急殺人事件』を挙げ、さらに綾辻から「『華麗なる誘拐』はどうですか? 傑作だと思うんですけど」と薦められて「もちろん好きな作品ですよ」とこれを受け入れ、最後に「あと一作となると『消えたタンカー』かな」と選出している。さらに、綾辻からトラベルミステリーでは推理作家協会賞を受賞した『終着駅殺人事件』ではなく、自身では『寝台特急殺人事件』の方なのかと問われ、作者は「そうですね」と答えている[1]

青山剛昌推理漫画名探偵コナン』単行本第22巻の巻末カバー「青山剛昌の名探偵図鑑」で十津川が紹介されており、その中で青山がお勧めとしている作品で本作が選ばれている。なお、当22巻において、寝台特急北斗星号を舞台にした事件話が掲載されている (File.4 - 7)。

ストーリー[編集]

青森県立F高校の卒業生で校内新聞の編集長だった宮本孝は、卒業する時に交わした「7年経ったら皆で青森に帰郷しよう」という約束に従い、2泊3日の帰郷旅行の計画を立てて他のメンバー6人に寝台特急ゆうづる7号の切符と手紙を送った。そして出発当日の4月1日、上野駅には宮本を入れた6人(片岡清之、川島史郎、村上陽子、橋口まゆみ、町田隆夫)が顔を揃えたが、残る1人・安田章はゆうづる7号の発車時間になっても上野駅には現れなかった。ゆうづる7号は、1人足りない6人を乗せて上野駅を出発した。

一方、警視庁捜査一課の亀井刑事は、青森から上京した旧友・森下から「自分の教え子である松木紀子という女性が最近2年間消息不明なので一緒に彼女を探してほしい」と頼まれる。その帰り道、亀井刑事は上野駅のトイレの中で刺殺体が発見される事件に遭遇、その死体の主は待ち合わせの場所に来なかった安田章だった。

列車が仙台を過ぎた頃、町田が「川島の姿が見えない」と宮本を叩き起こす。確かに寝台の中に川島はいなかった。だが、川島が見つかることもなく、列車は青森駅に到着する。青森県警の三浦刑事が出迎え、5人は安田が殺されたことを知らされる。

当初、川島が安田を殺害して逃亡したのではと思われたが、川島はその後、鬼怒川で水死体で発見され、自殺と思われた。宮本ら5人は青森県警本部での事情聴取の後、三浦刑事から青森市足内のホテルに足止めを喰らうが、ホテルの部屋で橋口まゆみが遺書を残して死亡する。自殺かとも思われたが他殺の疑いも濃厚であり、青森県警の捜査も混迷を極める。結局、決定的な証拠が見つからないまま県警の捜査本部は解散するが、今度は青森駅の待合室で村上陽子が他殺体で発見される。同じ頃、東京でも上野署の捜査本部が解散されようとしていたが、上野駅で片岡清之が毒殺されたとの連絡が入る。

最終的に旧友7人は、生存者が宮本と町田の2人になってしまう。

当然、どちらかが犯人と十津川警部ら捜査一課の刑事は結論を出すが、いずれか1人では全員を殺害することが物理的に不可能と判明する。

最後の一人が殺された時、意外な犯人の顔が浮かび上がった。動機は何なのか? 十津川が7年前の悲痛な事件を暴き出した時、すべてが明らかになった!

登場人物[編集]

警視庁[編集]

青森県警[編集]

  • 江島警部
  • 三浦刑事

青森県F高校7人組[編集]

  • 宮本孝 - 弁護士見習い。
  • 片岡清之 - 物産店社長。
  • 川島史郎 - 運送会社社長。
  • 安田章 - 通商産業省(現経済産業省)官僚。
  • 村上陽子 - 歌手。
  • 橋口まゆみ - OL。
  • 町田隆夫 - シナリオライター。

その他[編集]

  • 森下 - 亀井の旧友で教師。
  • 松木紀子 - 森下の教え子。

テレビドラマ[編集]

1981年版[編集]

西村京太郎トラベルミステリー1・終着駅殺人事件 上野~青森ミステリー特急「ゆうづる」』は、テレビ朝日系列2時間ドラマ土曜ワイド劇場』(毎週土曜日21時2分 - 22時51分、JST)で1981年10月17日に放送された。主演は三橋達也

東映・テレビ朝日制作の「西村京太郎トラベルミステリー」の第1作である。

キャスト

青森県F高校7人組 ※劇中では青森県立第二高等学校 浅虫分校

その他

その他
  • 原作との相違点は以下の通り。
    • ゆうづるでの帰省日である最初の事件発生日は、8月12日となっている。
    • 片岡清之は、毒殺ではなく上野駅近くの公園で刺殺されている。
    • 亀井の友人である森下と、その教え子の松木紀子は登場しない。そのためドラマは、ゆうづる号の列車トリックをメインに話が進んでいる。
  • 亀井刑事演じる愛川欽也のお尻が露わになるシーンがある。
  • 原作通り、当時国鉄24系客車で運行されていた「ゆうづる7号」をトリックの舞台に物語が再現されている。
水戸駅での9分間停車で、EF80ED75の機関車交換シーンが映っている。
  • 原作では犯人の町田を含めて7人全員が死んでしまうが、宮本は重傷を負いながらも生き残る。
  • 原因は宮本が町田と社長になった友人との手紙の中身を入れ間違えたことで、町田は他の6人が自身を侮蔑していると思い込んで凶行に至り自殺した。
  • 1981年制作の本作で名コンビとなった三橋と愛川は、奇しくも三橋が2004年5月15日、愛川がそのちょうど10年11か月後の2015年4月15日に、それぞれ逝去している。2人の享年はともに81(法律上の満80歳)であった。

2001年版[編集]

十津川警部シリーズ23・終着駅殺人事件 寝台特急「はくつる」に仕掛けられた卑劣なワナ!』は、TBS系列2時間ドラマ月曜ミステリー劇場』(月曜日21時 - 23時14分、JST)で2001年10月1日に放送された。主演は渡瀬恒彦

キャスト

青森県F高校7人組

その他

その他
  • 原作との相違点は以下の通り。
    • 東北本線福島経由上野発青森行きの寝台特急「はくつる」が舞台となっているが、オンエア当時、すでに「ゆうづる」が廃止(1993年12月に廃止。)されていたためである。
    • 森下は「森下浩平」とオリジナルの名前が付いている。
    • 川島の死亡場所は鬼怒川である所は原作と同じであるが、原作では結城市であるのに対し、本作では宇都宮市内となっている。また、川島が「はくつる」から途中下車した駅が宇都宮駅に変更されている。
    • 橋口まゆみの死亡場所が青森市内のホテルなのに対し、本作では青森市の浜町埠頭。
    • 村上陽子の死亡場所が青森駅構内なのに対し、本作では金木町(現・五所川原市)にある津軽鉄道津軽鉄道線川倉駅
    • 片岡清之の死因はウィスキーボンボンによる毒殺なのに対し、本作では都内で乗用車を運転中に横転して即死。因みに、その乗用車のブレーキには細工が施されていた。

2013年版[編集]

西村京太郎トラベルミステリー59・終着駅殺人事件 愛と死の寝台特急あけぼの 暗闇に消えた女』は、テレビ朝日系列2時間ドラマ土曜ワイド劇場』(土曜日21時 - 23時21分、JST)で2013年1月5日に放送された。主演は高橋英樹

「テレビ朝日開局55周年記念企画」として、前述の東映版第1作がリメイクされた。

キャスト

青森県F高校7人組

その他

その他
  • 第1作と異なり、亀井の友人の森下が登場する。森下の教え子は「鈴木紀子」と名前を変えて登場。また、森下は「森下勇介」となっている。
  •  過去の2作とは、異なる結末となった。
  • 原作との相違点は以下の通り。
    • 上越線羽越本線経由上野発青森行きの寝台特急「あけぼの」が舞台となっている。2001年放送版に登場していた寝台特急「はくつる」が、翌2002年12月に廃止になったため。
    • 旧友7人の関係が校内新聞編集メンバーから野球部員およびマネジャーに変更になっている。
    • 帰省の理由が青森市内で行われる片岡の結婚式出席のためで、片岡は弘前市在住となっている。
    • 犯人は7人組の町田と義兄妹になっていかもしれない恋人・鈴木紀子の複数犯に変更された。
    • 鈴木紀子の漁師だった父親と町田の母親が愛人関係となり、密会を重ねた作業小屋が野球部員7人組が町田を励まそうとした花火が原因で起きた火事で死亡し、片岡の結婚式に集まる仇敵と憎む6人の殺害を企んだ。
    • 宮本が手紙を入れ間違えた件は描かれていない。
    • 劇中に東北新幹線が登場している。
    • 一部の登場人物の職業が原作と異なる。宮本→旅行代理店勤務、川島→トラック運転手、村上→キャバクラ嬢、橋口→派遣社員、町田→フリーター、森下→校長
    • 川島が殺害される前に、「あけぼの」から途中下車した駅が高崎駅に変更されている。
    • 村上陽子の殺害場所が青森駅構内から東京都内になっている。
    • 原作と殺害の順が違う。
    • 十津川の妻直子が偶然あけぼのに乗り合わせていたという設定が組み込まれ、直子のアドバイスが川島殺害のトリック解明に繋がっている。
    • 原作では片岡が殺害されるのに対し、本作では襲われて負傷するも殺害までには至らず。
    • そのため、原作は全員が死亡するのに対し、本作では、宮本の他に片岡、そして犯人である町田が生存する。
    • 逆に森下は、原作では生存するが、本作では病死する。
    • 森下と亀井の関係は、原作では絶縁したままだったが、本作では森下が癌で亡くなる直前に和解しており、亀井と離婚した妻に看取られて亡くなった。
    • 原作では青森のホテルで生き残った旧友を呼び止めたのは青森県警の三浦警部だが、本作では十津川となっている。

漫画版[編集]

2005年4月30日ぶんか社より、小林たつよしによる漫画版が発行された。

ISBN 4-8211-8156-8

脚注[編集]

  1. ^ 綾辻行人との対談「名探偵、トリック、そして本格ミステリー」講談社文庫名探偵なんか怖くない』2006年新装版に所収。

関連項目[編集]