西郷隆盛像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西郷隆盛像(さいごうたかもりぞう)は、日本武士軍人政治家である西郷隆盛1828年(文政11年) - 1877年(明治10年))の顕彰を目的として建立された銅像

本項では、特に著名な3体の西郷像について解説する。

東京・上野の西郷銅像[編集]

高村光雲作(犬は後藤貞行作)西郷隆盛像(上野恩賜公園地図

東京都台東区上野上野公園に建っている西郷像は高村光雲の作(傍らの犬「ツン」は後藤貞行作)、鋳造は岡崎雪聲。1889年(明治22年)大日本帝国憲法発布に伴う大赦によって西郷の「逆徒」の汚名が解かれたのをきっかけに、吉井友実ら薩摩出身者が中心となって建設計画が始まった。宮内省より500円を下賜され、さらに全国2万5千人余の有志の寄付金で建立された。除幕式は西郷の死後21年を経た1898年(明治31年)12月18日に行われた。身長:370.1cm、胸囲:256.7cm、足:55.1cm。正面から写した写真では頭部が大きく見えるが、これは像の足元から見上げた場合の遠近感で適正に見えるよう計算されているためで、実際の西郷の体つきがこうであった訳ではない。以後「上野の西郷さん」と呼ばれて100年以上も国民に親しまれ、像の意味を少しずつかえつつも現在でも東京タワー新宿高層ビル街とならぶ東京の象徴的光景となっている[1]。銅像には西郷の真実の姿が望まれたが、西郷には信頼性のある写真が一枚も残っていなかった。岡崎によると、キヨッソーネのコンテ画を元に西郷の知己・親戚に一々聞き、石膏像や木彫も幾度も修正して制作を進めたという[2]。銅像の建設委員長をしていた樺山資紀を助けて奔走していた子息の樺山愛輔は、銅像の顔は極めてよくできているが、光雲は西郷の特徴ある唇(何とも言えない魅力と情愛に弱いところが同居している唇)を最後まで表現しきれないことに苦しんだと書いている[3]。公開の際に招かれた西郷夫人糸子は「宿んしはこげんなお人じゃなかったこてえ(うちの主人はこんなお人じゃなかったですよ)」と腰を抜かし、また「浴衣姿で散歩なんてしなかった」といった意の言葉(薩摩弁)を漏らし周囲の人に窘められたという。この糸子の言をも樺山愛輔は「大体の風貌はあの通りとしても、個性的な魅力のある唇のもつニュアンスとでもいうか、そうした二つとない魅力的なものを現はすことは不可能であったわけだ、眼とか顔とか肩のもつ線とかは何とか表現することは出来たらうが、…」[3]と解釈している。

上野の西郷像は糸子が批評しているような散歩している姿ではなく、愛犬をつれ、腰に藁の兎罠をはさんで兎狩りに出かける姿である。この姿は大山巌がガリバルディのシャツだけの銅像から思いつき、西郷の真面目は一切の名利を捨てて山に入って兎狩りをした飾りの無い本来の姿にこそあるとして発案した[3]。連れているのはお気に入りの薩摩犬であった雌犬の「ツン」であるが、銅像作成時は死んでいたため、海軍中将仁礼景範の雄犬をモデルにして雄犬として作成された。西郷の体の大きさと比較すると犬は小さく見えるが、実際の薩摩犬は像よりもっと小さく、高村は少し大きめにするよう要望したという[4]

上野公園の銅像に対する糸子の発言については、「銅像の顔が本人に似ていないことを意味する」と解釈する説もあるが、昭和50年代に鹿児島県下で小学生に無料配布されていた西郷隆盛の伝記読本『西郷隆盛』では、亡夫は多くの人間の前に正装ではなく普段着で出るような礼儀をわきまえない人間ではないのにという文脈で解説している。当時故人を顕彰する銅像の多くが正装で威厳に満ちたものだったのに対し、西郷の銅像は明治維新の元勲のものとしては、あまりに庶民的に過ぎるものである。一時は朝敵とされた西郷の名誉回復の場でもあった銅像除幕で、予想とあまりにかけ離れた服装の銅像に対する驚きと落胆の気持ちの反映であった。当初は皇居内に建てる案もあった西郷像の建造当時、朝敵となったことによる高山樗牛らの反対意見が根強かったことは無視できない。上記大山巌の言い分も、まだ西郷への反感を持つ政治家が多かった時代、明治政府の官位による正装をさせるわけにはいかなかった事情が背景にあったと考えられる。

美術史家吉田千鶴子の調べによると、当初「馬上」で「陸軍大将軍服」姿の図様が募集された[5]が、騎馬像とするには資金が足りず、次に「大将服着用の立像」となり雛形まで出来あがったものの、今度は「さる筋から大将服姿に猛烈な反対が起」こり、最終的に現在の姿になったという[6]。そこには、西郷の高い人気故に反政府的機運を醸成しかねない動向を逸らし、西郷から武人としての牙を抜き、犬を連れて歩く人畜無害な人物というイメージを民衆に定着させようとする政治的意図が働いていたと見られる[7]

造像後、西郷隆盛像を目がけて紙玉を投げつけるという奇妙な風習がはやり[8]、昭和に入っても鼻に当たると出世すると言われた。見かねた鹿児島県人会らは、清掃を買って出たという。また、関東大震災の時には、尋ね人の貼り紙を貼る掲示板に代わりにされた。その後も金属の価値から犬の像の方を盗もうとする輩が度々表れたが、この企ては成功しなかった[9]

鹿児島市の西郷銅像[編集]

安藤照作の西郷隆盛像(鹿児島市立美術館そば・地図

上野公園の西郷像に対して、鹿児島市鹿児島市立美術館近くに立つ郷土の彫刻家・安藤照1937年(昭和12年)に作成した西郷の銅像は軍装(陸軍大将)である。明治より時代が下って鹿児島市に建てられた銅像が、陸軍大将の正装で直立不動の姿勢であるのは、西郷の名誉回復という観点からすれば、未亡人が本来期待した姿に近いと考えられる。

製作とモデル[編集]

西郷と同じく鹿児島県出身で作家の海音寺潮五郎は、絶筆となった著書『西郷隆盛』にて次のように述べている。

「これはぼくだけの見当だが、安藤は西郷の孫にあたる西郷隆治さんをモデルにし、それを彼の主観でアレンジして造形したのではないかと思っている。安藤は鹿児島二中の出身であるが、隆治さんも二中の出身だ。大体同じころに在学している見当でもある。隆治さんは西郷が奄美大島に流謫中にめとった島の娘アイカナの産んだ菊次郎の子で、西郷に最もよく似ているといわれている人である。大正八年、ぼくは鹿児島市から六里北方の加治木中学を卒業して鹿児島に出ていたが、ある日友人と一緒に電車に乗ると、車中に年頃二十四、五の青年のいるのが目についた。折り目正しい薩摩ガスリの着物に紺のはかまと紺足袋をはき、右手にステッキをつき、左手につり革をつかんで立っている。目をひく立派さだ。ぼくが感嘆して見とれていると友人がささやいた。『あ、西郷どんの孫じゃ』『ほう、ほんとか』『西郷隆治というのじゃ。二中の卒業生で柔道が強かったのじゃ』と友人は答えた。体格は雄偉で、骨格はたくましかったが、肥満というほどではなく、引きしまっていた。顔立ちは眉が濃く太く、眼裂の大きい目はけいけいとしてかがやきが強く、身だしなみよく剃った青々としたひげあとが匂うばかりであった。最も男性的な風貌であった。『りっぱじゃなあ』とぼくが感嘆すると、友人はさらに答えた。『西郷どんの孫の中で一番似とるといわれているお人じゃ』ぼくは若い日の西郷を想望したのであった。ともあれ、安藤のつくった銅像は隆治さんによく似ている。」

海音寺潮五郎、『西郷隆盛』[10]

当の安藤は「大西郷と銅像」(『改造』第19巻9号、1937年)にて、次のように記述している。

「襟は十九インチ、身長は五尺九寸余、体重は二十九貫と云うので胴回りなどの研究を進めることもできた。翁の令孫隆治氏は柔道剣道の達人で相当偉大な体躯の持主であるが、この大将服を着用せられてなお二貫余の綿を入れなければならなかった。また私共が、二人も一しょに入れるような胴回りである」

安藤照、「大西郷と銅像」、『改造』第19巻9号、1937年

2008年(平成20年)12月30日の南日本新聞記事によると、西郷のモデルは、元・山形県議の男性であることが判明。安藤のアトリエで撮影された、銅像のひな型や肖像画などが写り込んだモノクロ写真が、男性の遺族宅で発見されたという。遺族は「(祖父の)目は隆治さんに似ていると思う」とも述べている。

霧島市溝辺町・西郷公園の銅像[編集]

古賀忠雄作の現代を見つめる西郷隆盛像(鹿児島県霧島市溝辺町の西郷公園、鹿児島空港そば・地図

鹿児島県霧島市溝辺町麓鹿児島空港近くにある西郷公園の西郷像、正式名称「現代を見つめる西郷隆盛像」は当初、1977年(昭和52年)の西郷没後100年顕彰事業として関西在住の鹿児島県出身者らが京都市京都霊山護国神社に建立する計画を立て、彫刻家・古賀忠雄に発注して作られたものである。実在の人物像としては日本最大となる10.5メートルに及ぶこの立像は1976年(昭和51年)に完成したものの、発注者の死去により計画が宙に浮いたため、富山県高岡市の倉庫に10年以上も保管されたままの状態となった。

1988年(昭和63年)、報道により像の存在を知った溝辺町の有志が古賀忠雄の遺児で彫刻家の古賀晟らと協力し、像を現在の場所に誘致すると共に一帯を公園として整備した。


脚注[編集]

  1. ^ 恵美千鶴子 「高村光雲・後藤貞行ほか西郷隆盛像」『国華』第1426号、2014年8月、pp.39-41、
  2. ^ 「岡崎雪聲氏の西郷銅像鑄造談」『國民新聞』明治31年(1898年)12月18日6面。
  3. ^ a b c 樺山愛輔 『父、樺山資紀 伝記・樺山資紀』 大空社〈伝記叢書 44〉、1988年6月。ISBN 978-4-87236-343-2
  4. ^ 高村豊周「あとがき」(高村光雲 『木彫七十年』 日本図書センター、2000年、pp.218-236。
  5. ^ 『東京日日新聞』明治22年(1889年)10月11日6面掲載の「募集広告」。
  6. ^ 吉田千鶴子 「西郷隆盛の銅像」、『うえの』上野のれん会、1990年1月号所収
  7. ^ 丹尾安典川田明久岩波 近代日本の美術1 イメージの中の戦争 日清・日露から冷戦まで岩波書店、1996年8月。ISBN 4-00-008331-7
  8. ^ 児玉花外 『東京印象記』 1911年(明治44年)8月
  9. ^ 平瀬礼太 「 尋ね人の貼り紙を貼られた「西郷隆盛像」」『日本経済新聞』、2013年12月16日。
  10. ^ 安藤は二中8回卒・大正4年、隆治は二中11回卒・大正7年。隆治は二中卒業後、二中で柔道師範を務めた。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 上野駅 - 本像に由来する「西郷口」と名付けられた出入口がある。
  • 南洲神社

外部リンク[編集]