エチカ (商業施設)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エチカ (Echika) は、東京地下鉄(東京メトロ)が運営する、「エキナカ商業施設であり地下街である。小規模な施設は、「エチカ・フィット」(Echika fit)という名称となっている。

概要[編集]

東京メトロの「地下鉄便利に楽しく変える」EKIBENプロジェクトの一環で開設された。表参道駅では多くのスペースが割かれている。

2012年4月現在、20 - 40店舗の大規模商業施設のEchikaとしては、東京都港区表参道駅にある「Echika表参道」と豊島区池袋駅にある「Echika池袋」が開業しており、6店舗の中規模商業施設のEchika fitとしては、台東区上野駅にある「Echika fit上野」と、千代田区東京駅丸の内口)にある「Echika fit東京」が開業している。

駅の中に商業拠点とスペースを設け、出店希望のテナントを誘致していくというスタイルは、東日本旅客鉄道(JR東日本)によるエキュートなど新しいビジネス分野として脚光を浴びている。その一方、入居しているテナント企業はJR東日本の駅ナカとあまり変わらない(店名こそ違うものの、同一会社の別ブランドという例も多い)こともあり、新鮮さや魅力に欠け早いうちに飽きられる可能性も指摘されているが、それは日本各地の複合施設が抱えている問題でもある。

名称の由来[編集]

「駅」と「地下」の合成、みんなにとって「E(いい)」「chika(地下)」の2つの意味から「エチカ」となった。「Echika」の「E」には、「Excellent(エクセレント)」で「Exciting(エキサイティング)」という意味が込められ、優雅な印象を演出する意図があるとされる。

エチカ表参道[編集]

概要[編集]

20代 - 40代女性をターゲットとし、27の専門店から構成され、改札内外に店舗を展開している。面積は約1,300m2であり、日本の地下鉄駅構内の商業施設としては最大規模である。

ゾーン[編集]

  • フードコート広場:MARCH DE METRO(マルシェ・ドゥ・メトロ)
  • 美のゾーン:ESPACE BEAUT(エスパス・ボーテ)
  • 和がテーマのゾーン:ESPACE JAPON(エスパス・ジャポン)
  • 食のトレンドゾーン:ESPACE APPTIT(エスパス・アペティー)
  • 最新のファッションゾーン:ESPACE MODE(エスパス・モード)

来歴[編集]

  • 2005年平成17年)12月2日 - 「エチカ表参道」グランドオープン。
  • 2006年(平成18年)11月1日 - 「マルシェ・ドゥ・メトロ (MARCHE DE METRO) 」に「トスサラダ (Tossed Salad) 」がオープン。既存店「クレープシュクレ (Crepe Sucre) 」との入れ替わりで入店したもので、「クレープシュクレ」は「エチカ表参道」開業以来初の退店店舗となった。

エチカ池袋・エソラ池袋[編集]

概要[編集]

東京地下鉄は、2007年3月28日に行われた株式公開見通しの発表の際に、同年12月にエチカの第2号として「エチカ池袋」を開業する予定である旨を発表した。その後、開業時期は延期になったが、2009年3月26日に第1期として副都心線部を、同年11月27日に第2期として有楽町線部を、それぞれ開業することとなった[1][2]。有楽町線部の開業の際には、隣接するビル型商業施設の「エソラ池袋」(Esola)も同時開業した[3]

20代 - 40代カップルをターゲットとし、全40店の専門店(2009年4月現在、副都心線部)で構成されている。面積は約1,400m2

コンセプトは『池袋モンパルナス』。メトロとフランスパリの親和性や「エチカ表参道」のイメージを継承し、芸術・文化の薫りが漂う街の玄関口として街との融合を目指している。

ゾーン[編集]

副都心線部(2009年3月26日開業)

  • 食のトレンドゾーン:GOURCIEUX MARCHÉ(グルシュー・マルシェ)
  • 最新ファッションゾーン:ESPACE MODE(エスパス・モード)
  • 休息のゾーン:ESPACE PAUSE(エスパス・ポーズ)
  • パサージュ空間:PASSAGE DE METRO(パサージュ・ドゥ・メトロ)

有楽町線部(2009年11月27日開業)

  • アートの薫りがするゾーン:ESPACE ART(エスパス・アール)

エチカフィット上野[編集]

2009年2月20日に開業した上野駅の中規模商業施設[4]。全6店舗。

元々は1930年に当時の東京地下鉄道が開業させた「地下鉄ストア」までその歴史を遡ることができる[5]。その後1988年には当時の帝都高速度交通営団(営団地下鉄)が新たに展開を始めた構内店舗・メトロピアの第1号となったが[4]、2009年に「Next Metro Store『次世代型の駅チカ』」をコンセプトにリニューアルを行い、現在の業態となっている。

エチカフィット東京[編集]

2012年2月20日に開業した東京駅の中規模商業施設[6]。全6店舗。

東京駅の丸の内側にある丸ノ内線中央改札口の南側通路部分(丸ビル新丸ビルの中間付近)に、開設された。

開業予定の店舗[編集]

マスコット・キャラクター[編集]

「エチカ表参道」のマスコット・キャラクターは「エチカちゃん」で、外見は白いウサギ擬人化されたものである。

基本的にすべての広告や構内の装飾に使われており、「エチカ」オープン記念として発売されたパスネットSFメトロカード)にも掲載された。これらのビジュアルでは、ぬいぐるみを写真撮影したものが掲載されている。

「エチカちゃん」は、人々を地上の街から地下のショッピング街(エチカ)へ案内するウサギの女の子という設定で、ルイス・キャロル小説不思議の国のアリス』で主人公のアリスを不思議の国へと導いた白ウサギがモチーフとなっている。白ウサギと異なる点は、時計や洋服は身に付けておらず、東京メトロのシンボルマーク「ハートM」が入った斜めがけ鞄だけを携帯している所である。

実際の「エチカちゃん」のぬいぐるみをデザイン・制作したのは造型作家のToyFieldであるが、設定上は、動いて話すぬいぐるみを作れるエミリアおばさんによるものとされている。

「エチカちゃん」が人々を「エチカ」に案内できるようになった経緯は、絵本『Echika〜生まれた時のこと〜』で紹介されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]